TEL.025-246-0007
営業時間 11:00 a.m. - 20:00 p.m.
新潟の婚約指輪・結婚指輪 > FAQ > ハワイアンジュエリーについて

ハワイアンジュエリーについて

ウェーブやV字などの動きのあるハワイアンジュエリーのリングはありますか?

新潟ハワイアンジュエリーマリッジリングエンゲージリング可愛いおしゃれ

こちらの、「Private Beach」(プライベート・ビーチ)はいかがでしょうか?

 

幸せな香りが溢れる二人だけの特別なビーチ。

その空間を創り出す全てが、ふたりを永遠に祝福します。

ふたりだけの場所、ふたりだけのリング、プライベートビーチ。

 

プライベート・ビーチとは、”ふたりだけのリゾートを結婚指輪に”をコンセプトにしたブライダルリングブランドです。

ふたりだけの特別なビーチをテーマにして、その空間を作り出す全ての要素を指輪のモチーフにしました。

ハワイアンの手彫りが施されたリングにはめずらしいスタイリッシュなフォルムと、幅広い素材のセレクトが特徴です。

 

新潟 ハワイアンジュエリー プライベートビーチ マカナ 新潟 ブローチ BROOCH かっこいい クール

AOULI (空)

いつでも二人を見守る 青く雄大な空

【手彫りデザイン:プリンセス】

細身の緩やかなV字ラインに、プルメリアの花とスクロール(波)のプリンセス柄が彫られています。

新潟結婚指輪ハワイアンジュエリー細目プライベートビーチ

OPUA (雲)

ふたりの想いのように 優しくふくらむ雲

【手彫りデザイン:プリンセス】

雲のようにふっくらしたゆるやかなフォルムに、スクロール(波)が中心のプリンセス柄。

新潟結婚指輪ハワイアンジュエリー細目プライベートビーチ

KONA (南風)

ふたりを優しく包み込む 心地よい南風

【手彫りデザイン:スクロール】

あたたかい南風を表わすようなやさしく緩やかなウェーブは、2色のコンビネーションとなっています。

彫りもそのフォルムにそってゆったりと描かれるスクロール(波)柄。

 

プライベートビーチは、幅広い素材のバリエーションをご用意しております。

マリッジリングの王道、プラチナはもちろんですが、ハワイアンジュエリー定番のゴールドも、K18、K14、K10と純度を3種類ございますので、色のお好みやご予算に応じてお選びいただくこともできます。

ハワイアンジュエリーは、SNSでも投稿が多い注目アイテムなんですが、それは今に限ったことではなく、歴史的にも長く愛されてきたジュエリーであり、世界中で人気があります。

また、40代、50代の方のセカンドマリッジリングやご結婚10周年などの記念ジュエリーとしても選ばれていることから、幅広い年齢層からの指示もありますので、いつまでも飽きが来ることのないこだわりのリングとなること間違いなしです!

リングに彫られている、ハワイの途切れることのない穏やかな波のように、お二人のご結婚生活も温かい祝福に包まれて永遠に続いていくことを願い、指に通したリングを眺めたときにふと思い出すことができたら、とってもステキですね!

 

ハワイアンジュエリーの彫りの意味教えてください(マイレリーフ編)

質問ありがとうございます!!

ハワイアンジュエリーこれからの季節にぜひ身に付けてフェスやバーベキューなど盛り上がっていきたいですよね(^^♪

では今回はそんなハワイアンジュエリーの彫りのデザインについてご紹介いたします。

 

彫りの基本パターンは、三種類。

バージョン違いを含めて全5種類となります。

 

新潟結婚指輪婚約指輪ブローチBROOCHハワイアンジュエリーMAKANAマカナマイレリーフ

「Maile Leaf」 マイレリーフ (以下マイレ)

ハワイアンモチーフ マイレ の意味 マイレはハワイによく見られるツル性の低木で、葉っぱや茎をつぶすとバニラのような甘い香りが漂います。

結婚式で新郎新婦の手を結ぶのにつかわれたりします。

「 神が宿る神聖な葉」「絆を強く結びつける」「平和」「縁結び」などの意味があり、大切な人との絆を表現します。

また「神の足跡」とも呼ばれ、魔除け等にも使われています。

ハワイウェディングで欠かせないアイテムと言えばレイ。

花婿はマイレのレイ、ピカケは花嫁のレイと呼ばれています。

マイレの葉

マイレはハワイの在来植物。つる性の低木で、ハワイの森で見られます。

海岸近くから標高2000m近くまでの乾燥した土地、あるいは適度な湿り気のある土地まで、

広範囲に分布しますが、生育環境は年々悪化しており、絶滅が危惧される地域も少なくありません。

マイレは花が小さく、葉も大きな特徴無いため、森のなかでは目立ちません。

しかし、葉と茎を潰したり剥いたりすると出る白い樹液には

バニラのよう な芳香があり、ハワイでは古来から結婚や受勲など重要な儀式の際や、

大切な人に捧げるレイの素材としてツルのついたマイレの葉を用いられていました。

 

ちなみにマイレにまつわる神話もあります。

昔、ハワイ島のカウ地区にモーリーという若く美しい女性がいました。

父親は彼女の結婚相手は漁師と決めていました。

有能な漁師は暮らしぶりも良いし、働き者 だからというのがその理由です。

あるとき、悪知恵の働く漁師があらかじめたくさんの魚を確保しておき、

自分が有能な漁師であるとモーリーの父親に信じこませ、婿となりました。

しかし、結婚すると彼は働きに出ず、家でぶらぶらしているだけでした。

哀しみに沈んだモーリーはマイレのレイなどで正装すると、ワイアフキニの崖から身を投げたのでした。

 

彼女が死んで数年後、強風の吹き荒れる日には彼女の嘆き悲しむ声が聞こえるようになりました。

そんな日はマイレの香りが強く辺りに漂い、もしその場にマイレ・レイを身につけた人がいると、地に叩きつけられると噂されました。

 

このような神話を背景に、カウアイ島のハーラウでは、

お供え物のひとつとして必ずマイレを祭壇(クアフ)に捧げます。

 

このようにマイレは人と神を結ぶ象徴でもあります。

 

そのため、ハワイの結婚式では、夫婦の絆を未来永劫に守ることを天に向かって契る象徴としてマイレのレイを用います。

「マイレ フリー素材」の画像検索結果

 

いかがでしたでしょうか?

ハワイアンジュエリーの彫りのひとつにもいろんな神話やこめられた意味が存在します。

また次回は違う彫りのデザインについてご紹介させていただきます。

一生身に付けるアイテムですから、ぜひそう言った意味にもこだわってハワイアンジュエリーの彫りをお選らびくださいませ!

 

 

ハワイアンジュエリーのプライベートビーチはどんな素材が選べるんですか?

新潟ハワイアンジュエリーマリッジリングエンゲージリング可愛いおしゃれ

praivate beachは、“ふたりだけのリゾートを結婚指輪に ” をコンセプトにした

ハワイアンジュエリーブランドです。

ふたりだけの特別なビーチをテーマにして、その空間を創り出す全ての

要素を指輪のモチーフになっています。

ハワイアンの手彫りが施されたリングにはめずらしいスタイリッシュなフォルムと、

幅広い素材のセレクトが特徴です。

 

プライベートビーチのリングは、多くの素材バリエーションをご用意しており

自由にお選びいただくことができます。

■変更可能な素材
・プラチナ900
・K18ゴールド【ピンク|イエロー|ホワイト(ノンメッキ)】
・K14ゴールド【ピンク|イエロー|ホワイト(メッキありorメッキなし)】
・K10ゴールド【ピンク|イエロー|ホワイト(メッキありorメッキなし)】

 

(注意点)

K18ホワイトゴールドは、パラジウムを配合しメッキなしの状態でも白さを保てますが、

K14ホワイトゴールドとK10ホワイトゴールドは、ロジウムメッキを施さない場合、

黄味の強い色となりますのでご注意ください。

※マリッジリングの“KONA(コナ)”は、K18ゴールドのコンビのみとなっております。

ハワイアンジュエリーMAKANAは誰が彫っているんですか?

BROOCHではハワイアンジュエリーブランドMAKANA(マカナ)創世記より着目し取り扱いをしております。MAKANAの本格的なジュエリーへのこだわりに共感したからなのですが、そのこだわりについて少しお話いたします。

今もそうですが、そもそもハワイアンジュエリーはSV925や真鍮など比較的安価なジュエリーとして売られることも多いことから、ハワイアンジュエリーで重要な彫りを担当する職人が熟練していなかったり、ジュエリーにあらかじめ手掘りの為のガイドラインが彫られていてそれを彫刻機で「なぞるだけ」の簡単な彫りの品物が多いのですが、MAKANAの彫刻は本場ハワイで20年以上のキャリアの有る熟練の彫金職人が担当しています。

しかもガイドラインの無い無地のプラチナや金のプレートに思い切りよく力強いラインを彫り込んでいきます。店頭でMAKANAの彫りを確認ください。とってもダイナミックな力強い彫りを施しているはずです。

MAKANAではこのダイナミックな彫りがより生きるように素材を鍛造しています。しかもリングの鍛造は日本で行われます。金属の加工技術の高い日本で鍛造を、伝統と技術力、何よりハワイの風を感じながら行われることに意味のある彫刻は本場ハワイで。ととってもこだわりの有る作りなのです。

ハワイアンジュエリーのMAKANAには専属の手彫り職人がおり、その方はキャリア20年以上の女性です。女性の職人だからこそできる、力強さと繊細な彫りが実現できています。

しかも、MAKANAでは彫刻のニュアンスに拘りを持って作っているために一つのペアに二人の職人がかかわる事がありません、ペアのリングを一人で彫っているので、ペアのリングが別の人に彫り入れされる心配がなく、なおかつ必ず同じ日に2本続けて彫ってくれるので、柄の違いがほとんどありません。

通常のハワイアンジュエリーは、いつだれが彫ったか管理されていないのでわかりづらいです。

キャリアが浅く、お土産レベルのジュエリーを彫っている職人も多いので、彫り柄の花の数などバラバラな場合もあるので、MAKANAのようにキャリアの長い専属の彫り師がいてくれるのはとっても嬉しいことです!

MAKANAのリングは鍛造と聞きましたがどうしてですか?

もともと、一般的なハワイアンジュエリーはK14以下での製作がほとんどです。

通常K18はK14に比べ柔らかいために、彫金には不向きな金属とされていたからです。

MAKANAは、無垢の金属に高圧をかける鍛造という方法を行うことで硬度を増し、美しい彫金を可能としています。

そのため、K18でも彫りがシャープで美しく、なおかつ長く使用してもリングに歪みを生じさせない一生ものにふさわしい造りとなっております。

また、通常のハワイアンジュエリーは板状の地金に彫りを入れて丸めてリング状にするため、ロウ付けを行いますが、MAKANAの鍛造製法は一切ロウ付けを行わないため、ルーペで見ても切れ目のないリングをお作りできます。

切れ目がないということは、お2人の愛と絆が途切れることなく永遠に続くように願いが込められた【彫りのエタニティリング】ということなのです。

ハワイアンジュエリーの歴史

BROOCHで取り扱うMAKANAは本格的なハワイアンジュエリーの結婚指輪ブランドです。そこに使われるハワイアンジュエリーの歴史と成り立ちを紹介します。

1810年ハワイ諸島を最初に統一したのは、ハワイ王カメハメハ1世でした。外交手腕に優れた カメハメハ1世は、英国との結びつきを強固にし、ハワイ王国を誕生させます。 (※ハワイでカメハメハは「孤独な人」、「静かな人」という意味、意外ですね!)当時の 英国では、家族や友人への愛の言葉や思い出の言葉を彫り込んだ「センティメンタル・ ジュエリー」と呼ばれるゴールドジュエリーが流行していました。

センティメンタル・ジュエリー は、時代を経て19世紀ヴィクトリア女王時代にふたたび流行し、女王は国賓など大切な 人々へセンティメンタル・ジュエリーを贈ることを習慣としていました。

※センティメンタル・ジュエリーはヴィクトリア時代にイギリスで盛んに製作されたジュエリー様式。愛する人や死者への思いなど感傷的な情感を表現した装身具の事を指す。忘れな草や握り合う手あるいはハートを捧げる手といったモティーフや、髪の毛自体が収納されたり装飾として組み込まれた。メメントモリ等「生と死」をテーマにしたジュエリーの派生

最愛の夫である アルバート王子の死後、ヴィクトリア女王は華美な貴金属や装飾品の着用を禁じ、自らも 喪服で過ごしますが、唯一喪服用のビクトリアン・モーニングジュエリー(喪服用の黒い ジュエリー)だけは着用を許します。

その際に女王が貴金属細工職人たち作らせたのは、イギリスの伝統的な 喪中用の意匠でもある「スクロール模様」をあしらった黒いエナメルジュエリーで、このジュエリ ーこそが、現在のハワイアンジュエリーの原型とされています。 

ハワイアンジュエリーの彫りの柄にはどんな意味がありますか?

ハワイアンジュエリーの彫りの柄にはどんな意味がありますか?

BROOCH(ブローチ)で取り扱いの人気ハワイアンジュエリーの結婚指輪ブランドMAKANA(マカナ)やPrivateBeach(プライベートビーチ)から手掘りやハワイアンジュエリーに取り入れられるモチーフや形の意味をご紹介したいと思います。

ハイビスカス:「あなたを信じます」という思いが込められています。

マイレ リーフ:マイレの葉には古くから神々が宿る聖なる植物とされています。しかもマイレの双葉が家族や夫婦に例えられることが多く、共に成長する事から「夫婦の絆」として表現されることが多いです。特にフラの女神「ラカ」に捧げられる神聖な植物で、神秘的な力が宿るとされています。ハワイでは結婚式の際に新郎新婦を結びつける、レイとしても使用されます。

マカナ:聖なるハワイの精霊の流れを形にしたMAKANA(マカナ)ブランドの独自のオリジナル彫刻がマカナです。

プルメリア:ハワイ語では”Puamelia”(プアメリア)といって、花言葉に『気品・熱心・陽だまりのような人』の意味があります。また可憐な見た目とその純白さが神秘性を感じさせ、神様が宿る花とされハワイの人々から深く愛されている花です。

スクロール:砂浜に寄せては返すを繰り返す”波”を意味するモチーフ。途切れることがないその動作は”永遠に続く愛”を意味し、婚約指輪や結婚指輪などのペアジュエリーによく用いられるデザインです。またハワイでは海には神様がいると信じられ、海からの幸せを運んでくれる神聖なものとされています。

バレル:樽(たる)という意味をもつバレル。MAKANAブランドでは結婚リングの形状としてお選びいただけます。この樽の中には叶えたい夢がつまっており、樽でその夢を守りながら夢を成就させる!そんな意味合いが込められています。結婚に込めた夢を二人でかなえようという意味が込められていると言う訳です。バレル(樽)はハワイで「成功」の象徴とされるので、何かを頑張る人・目指す人に贈るプレゼントとしても最適なデザインです。

 

ハワイアンジュエリーの歴史について教えて下さい。

ご質問ありがとうございます。

店長髙野が答えさせて頂きます。

 

ハワイアンジュエリーは、カメハメハ大王を初代とするハワイ王朝最後の女王、リリオカラニ女王によってはじまります。

あの「アロハ・オエ」の作曲家としても有名な女王です。

 

その起源は17世紀後半のイギリスに遡ります。

当時のイギリスで流行した故人の追悼や愛の言葉や思い出の言葉を彫り込んだアクセサリーである

「センチメンタル・ジュエリーが、19世紀にヴィクトリア女王によってヴィクトリアン・モーニングジュエリーとなり再び流行します。

イギリス王室とも親交が深かったハワイ王朝のリリウオカラニ女王によってハワイで定着し、ハワイを代表する世界的人気アクセサリーとなりました。

ハワイアンジュエリーは正式にはハワイアン・エアルーム・ジュエリー(代々受け継がれる家宝)と呼ばれ、大切な思い出とともに

親から子へ子から孫へ、または、大切な人へと、お守りのように受け継がれています。

今では恋人同士、結婚記念、卒業記念、誕生日に贈られることも多く、大切な人への贈り物としてハワイアンジュエリーのステイタスは確立され、

愛情の象徴としてハワイだけでなく世界中の人達に親しまれています!

 

モチーフとしてハワイで神聖とされているティーリーフの葉、マイレの葉、プルメリアやハイビスカスが多く用いられています。

ハワイの美しい自然のように透明で純粋な永遠の愛の思いがハワイアンジュエリーに込められているのです。

オススメ関連記事

  • private beach
    幸せな香りが溢れるふたりだけの特別なビーチ。その空間を造り出す全てが、ふたりを永遠に祝福します。ふたりだけの場所、私たちだけのリング、プライベートビーチ。
  • Makana
    ハワイ語で「贈り物」の意味を持つ「マカナ」一つ一つ想いを込めて彫られた1週途切れることのない手彫りには【愛が途切れない=永遠の愛】という意味があり、二人のことを見守ってくれるはずです。
  • 俄 NIWAKA
    千二百年の歴史ある京都発。受け継がれてきた文化や芸術によって生み出されたNIWAKAのジュエリーには、世界を魅了する日本の美意識が息づいています。BROOCHは限定店舗のみのリングなど多数展示。
  • クラゲ海月美しいキレイなのはマリンピア日本海
    マリンピア日本海
    大人でも楽しめる水族館、落ち着いたムードでもプロポーズをするなら....

〒950-0914
新潟市中央区紫竹山3-8-33
TEL.025-246-0007
営業時間:11:00~20:00 定休日:無休

新潟で結婚指輪 婚約指輪など、マリッジリング エンゲージリング ダイヤモンドをお探しの方は、新潟県下最多の国内外ジュエリーブランドを誇る、新潟市中央区紫竹山のジュエリーショップ BROOCH(ブローチ)へ。
今、人気の婚約指輪や定番の結婚指輪など、常時50ブランド以上のジュエリー・ブランドをご用意して皆様のお越しをお待ちしております。
プロポーズの指輪を探している方や、これからブライダルリングを探すカップル(新郎・新婦)様のご来店お待ちしております!