NIWAKA 俄(にわか)

新潟 俄(にわか)NIWAKA
新潟県最大・最新の NIWAKAレセプションルーム
新潟BROOCHのNIWAKA 俄(にわか)
県内でいち早くNIWAKA俄(にわか)取り入れました

当店BROOCHは、和ジュエリーの最高峰「NIWAKA 俄(にわか)」を、新潟の皆さまにご紹介したいという熱意をもって、新潟市内でいち早くNIWAKA専用のレセプションルームを設置しました。
NIWAKAの指輪に込められたテーマや想いを理解し、BROOCH開店以来、知識や発展し続けるNIWAKAブランドをお客様にお伝えするべく、NIWAKAの真髄に触れ、千二百年の歴史を持つ京都で誕生したNIWAKAの美意識を学んでまいりました。

NIWAKAは受け継がれる日本の美が息づく作品に溢れています。俄のリングには、ひとつひとつ名前があり、美しい日本の情景と想いが込められています。
それがまるでふたりの思い出のような美しい風景に重なる…指にした瞬間から、ふたりの新しいストーリーが始まるそんな指輪です。

俄はジュエリーひとつひとつを「商品」ではなく「作品」としてとらえています。

流れるような面の美しさ、立体的な仕上げ、どの角度からみても美しいフォルム。これを曲線美と呼びます。
正面はもちろん、側面、内側など、細部に至る完成度の高さはジュエラーとしての品質と誇りの証です。

機械では成し得ないアーティスティックなフォルムとバランスは全くもって量産に向かない、高い技術をもつ職人だからこそ実現できます。
熟練の職人が、ひとつひとつ丹念に仕上げていく俄の指輪。爪留、彫留など細かな造形と細部に至る美しい仕上げ。僅かな誤差も許さない匠の誇りが美しさを生み出すのです。

そして、着けた人が美しくあるように、リング自身の美しさはもちろん、着けた時の美しさを大切にデザインされています。

花雪
花麗

女性男性どちらの指も美しく、リングを付ける幸せを感じていただけるように創られているのがNIWAKAの結婚指輪なのです。
千二百年もの悠久の時を刻む京都で誕生したNIWAKA。時を超えて、息づく日本の美。俄の指輪の誇りと歴史を感じていただければ幸いです。NIWAKA俄(にわか)に精通した専門スタッフがお客さまをご案内させていただきます。

NIWAKAにわか取扱ショップ

NIWAKA専門スタッフが指輪選びをサポートいたします。

俄(にわか)専門スタッフ

当店BROOCHは、新潟県で初めてNIWAKAの世界観を表現したコンセプト什器を導入しレセプションルームを設けました。
BROOCHの創業以来長年にわたって培ってきたNIWAKAの商品知識を経験豊富な当店の専門スタッフが丁寧にご案内させていただきます。最新の日本を代表する「和」ジュエリーNIWAKAの世界観を存分にお楽しみください。
もちろん、購入いただきました後のアフターケアも万全です。

NIWAKA俄(にわか)初桜
NIWAKA俄(にわか)店内

重ねることでより奥深い世界

NIWAKA俄(にわか)商品

俄のセットリングは、重ね付けが出来るだけではありません!
重ねた時の全体のボリュームやバランスが美しく整い、デザインに一体感が生まれます。
ピッタリとかさなるだけではなく、作品によっては「あえて」婚約指輪と結婚指輪の重なる間に隙間を持たせるデザインもあります。それも重ねた時のバランスを計算しての事です。
また、指輪ひとつひとつに表された「情景」や「ストーリー」も重ねることでより奥深い世界が広がります。

そして毎日身に着けるブライダルリングだからこそ、俄の指輪は着ける人のことを考えたデザインと仕上げにこだわっております。
着け外しの負担が少なくなるよう指輪の内側を丸くアーチをつけながら仕上げることで、柔らかな指通りと着け心地の良さを実現しています。まるでスッと指に吸いつくようなそんな滑らかさです。

「NIWAKA」限定ショップならではの商品点数

当店BROOCHは、より豊富なラインナップをご覧いただけるNIWAKAの公式限定ショップです。

Set Ring

初桜(ういざくら)
初桜(ういざくら)NIWAKA 俄(にわか)

初桜(ういざくら)

初々しさは 薄紅の桜の如く
花雪(はなゆき)・雪佳景(せっかけい)
花雪(はなゆき)・雪佳景(せっかけい)NIWAKA 俄(にわか)

花雪(はなゆき)・雪佳景(せっかけい)

天からの贈りもの 君の薬指にひとつ
雪の朝 白は陽に染まり 未来を輝かす
木洩日(こもれび)・せせらぎ
木洩日(こもれび)・せせらぎNIWAKA 俄(にわか)

木洩日(こもれび)・せせらぎ

やわらかな光 水とたわむれ
水面のささやき 美しき音色
露華(ろか)・朝葉(あさは)
露華(ろか)・朝葉(あさは)NIWAKA 俄(にわか)

露華(ろか)・朝葉(あさは)

朝に生まれる 輝きの雫
新緑の葉 ひかりあつまり
唐花(からはな)
唐花NIWAKA 俄(にわか)

唐花(からはな)

その美しい花は 運命の証
睡蓮(すいれん)
睡蓮NIWAKA 俄(にわか)

睡蓮(すいれん)

静かに 輝く想いをつつみ込み
結(ゆい)
結(ゆい)NIWAKA 俄(にわか)

結(ゆい)

この想い ほどけぬように
望(もちづき)・水鏡(みずかがみ)
望(もちづき)・水鏡(みずかがみ)NIWAKA 俄(にわか)

望(もちづき)・水鏡(みずかがみ)

白雲 満月の想い
水面に煌く ひとすじの道しるべ
柊(ひいらぎ)・綾(あや)
柊(ひいらぎ)・綾(あや)NIWAKA 俄(にわか)

柊(ひいらぎ)・綾(あや)

悪鬼を遠ざけ かぐわしき花咲く
互いの心 つないで 歩む
暁星(あかぼし)・茜雲(あかねぐも)
暁星(あかぼし)・茜雲(あかねぐも)NIWAKA 俄(にわか)

暁星(あかぼし)・茜雲(あかねぐも)

明けくる空に ひかりの導き
輝きうけて あでやかに
月彩(つきさい)・月の雫(つきのしずく)
月彩(つきさい)・月の雫(つきのしずく)NIWAKA 俄(にわか)

月彩(つきさい)・月の雫(つきのしずく)

月の彩り 二人を照らす
ひたひたと やさしき光 母なる月
かれん
かれんNIWAKA 俄(にわか)

かれん

私のこころに咲いた たったひとつの花

Engagement Ring

ことのは
ことのは NIWAKA 俄(にわか)

ことのは

今日という日に 綴る想い
花麗(はなうらら)
花麗(はなうらら)NIWAKA 俄(にわか)

花麗(はなうらら)

甘い香り 幸せをまとい
八重霞(やえがすみ)
八重霞(やえがすみ)NIWAKA 俄(にわか)

八重霞(やえがすみ)

たなびく霞 時を越え ところ越え
白鈴	(しろすず)
白鈴 (しろすず)NIWAKA 俄(にわか)

白鈴 (しろすず)

寄り添いほほ笑む 純白のすずらん
心(こころ)
心(こころ)NIWAKA 俄(にわか)

心(こころ)

永遠を 心に抱いて
茜(あかね)
茜(あかね)NIWAKA 俄(にわか)

茜(あかね)

光に照り たなびく 喜びの音楽
暁(あかつき)

暁(あかつき)

闇を押しのけて 少しずつ 新しい朝の はじまり
瑞穂波(みずほなみ)
瑞穂波(みずほなみ)NIWAKA 俄(にわか)

瑞穂波(みずほなみ)

そよぐ風 豊穣の未来
麗(れい)
麗(れい)

麗(れい)

心晴れやかに 風のどかなり

Marriage Ring

ことほぎ
俄(にわか)ことほぎ

ことほぎ

祝福の言葉 心に満ちる
凛(りん)
凛りん NIWAKA 俄(にわか)

凛(りん)

決然とした姿 頼もしく 美し
雲龍(うんりゅう)
雲龍(うんりゅう)NIWAKA 俄(にわか)

雲龍(うんりゅう)

雲に抱かれ 幸福の守護神の 金銀の鱗 ひかる
梟(ふくろう)
梟ふくろう NIWAKA 俄(にわか)

梟(ふくろう)

さとき瞳こらし 闇の中を導く
鯨(くじら)
鯨くじらNIWAKA俄(にわか)

鯨(くじら)

泰然と 大海を泳ぎゆく
花匠の彫

花匠の彫

京の匠の一彫りが、四季の息吹を呼び覚ます。
ひなた
ひなたNIWAKA俄(にわか)

ひなた

ふたり 陽だまりの中 包まれて
なごみ
なごみNIWAKA俄(にわか)

なごみ

内に宿した なごやかな温もり
長閑	(のどか)
長閑(のどか)NIWAKA 俄(にわか)

長閑 (のどか)

かさなる時間 おだやかに満ち
相互	(そうご)
相互 (そうご)NIWAKA 俄(にわか)

相互 (そうご)

お互いに 見つめあう 心と心
初桜	(ういざくら)
初桜(ういざくら)NIWAKA 俄(にわか)

初桜 (ういざくら)

初々しさは 薄紅の桜の如く
結(ゆい)
結(ゆい)NIWAKA 俄(にわか)

結(ゆい)

この想い ほどけぬように
朝葉(あさは)
あさはNIWAKA 俄(にわか)

朝葉(あさは)

朝に生まれる 輝きの雫
せせらぎ
せせらぎNIWAKA 俄(にわか)

せせらぎ

水面のささやき 美しき音色
雪佳景(せっかけい)
雪佳景(せっかけい)NIWAKA 俄(にわか)

雪佳景(せっかけい)

雪の朝 白は陽に染まり 未来を輝かす
綺羅	(きら)
綺羅(きら)NIWAKA 俄(にわか)

綺羅 (きら)

経糸と緯糸 綾なす 美しき仲
唐花	(からはな)
唐花NIWAKA 俄(にわか)

唐花 (からはな)

その美しい花は 運命の証
祈り	(いのり)
祈りNIWAKA 俄(にわか)

祈り (いのり)

手をとりあい 心に誓う 永遠の愛
単衣	(ひとえ)
ひとえNIWAKA 俄(にわか)

単衣 (ひとえ)

色かさね 心かさね
睡蓮	(すいれん)
睡蓮NIWAKA 俄(にわか)

睡蓮 (すいれん)

静かに 輝く思いをつつみ込み
水鏡	(みずかがみ)
水鏡(みずかがみ)NIWAKA 俄(にわか)

水鏡 (みずかがみ)

水面に煌く ひとすじの道しるべ
茜雲(あかねぐも)
茜雲(あかねぐも)NIWAKA 俄(にわか)

茜雲(あかねぐも)

輝きうけて あでやかに
綾(あや)
綾(あや)NIWAKA 俄(にわか)

綾(あや)

互いの心 つないで 歩む
かれん
かれんNIWAKA 俄(にわか)

かれん

私のこころに咲いた たったひとつの花
由良	(ゆら)
由良(ゆら)NIWAKA 俄(にわか)

由良 (ゆら)

ゆらと立ち昇る雲気 こころ豊かに
禅の輪(ぜんのわ)
禅の輪(ぜんのわ)NIWAKA 俄(にわか)

禅の輪(ぜんのわ)

空より 無限の力 生まれる
笹舟	(ささぶね)
笹舟(ささぶね)NIWAKA 俄(にわか)

笹舟 (ささぶね)

波に揺られ ふたり どこまでも
月の雫(つきのしずく)
月の雫(つきのしずく)NIWAKA 俄(にわか)

月の雫(つきのしずく)

ひたひたと やさしき光 母なる月
上弦の月(じょうげんのつき)
上弦の月(じょうげんのつき)NIWAKA 俄(にわか)

上弦の月(じょうげんのつき)

日ごと満ちる ささやかな光
無限(むげん)
無限(むげん)NIWAKA 俄(にわか)

無限(むげん)

終わりなく続く 未知なる幸福
俄(にわか)NIWAKAは千二百年の歴史ある京都で誕生しました。京都で受け継がれてきた文化や芸術によって生み出された俄のジュエリーには、世界を魅了する日本の美意識が息づいています。