TEL.025-246-0007
営業時間 11:00 a.m. - 19:30 p.m.
新潟の婚約指輪・結婚指輪 > スタッフブログ > 歴史と伝統を持つ2つの工房で作る、一生涯のパートナー「Euro Wedding Band(ユーロ・ウェディング・バンド)」のこだわりマリッジリング

歴史と伝統を持つ2つの工房で作る、一生涯のパートナー「Euro Wedding Band(ユーロ・ウェディング・バンド)」のこだわりマリッジリング

Recent Blog

Archives

こんにちは!新潟のセレクトジュエリーショップBROOCHの佐久間です!

朝晩肌寒くなり、秋らしくなってきましたね!新潟の秋は短くてあっという間に冬になってしまうので、貴重なこの季節を存分に楽しもうと思います!私がこれからの時期毎年楽しみにしているもの、、、「かぼちゃプリン」です!!!通年取り扱っている所ももちろんありますが、各メーカーやお菓子屋さんで期間限定で出すかぼちゃプリンが大好きなんです♪毎年あれこれ買って食べ比べをしています( *´艸`)アレが美味しかったよ情報など是非お待ちしております!!!

 

さて、日々お客様とのデザイン打ち合わせで、色々発見がございます。その中で私自身が感じたことや、お客様がブライダルリング(婚約指輪・結婚指輪)選びでお困りのことや、気になることを解消し、お2人にとって、素敵なリングを選ぶお手伝いができるようなブログにしていきたいと思っています。セレクトジュエリーショップBROOCH取り扱いのブライダルリングの魅力を余すところなくお伝えしていきます!! 

 

今回ご紹介させていただくのは、自分のライフスタイル・価値観を持った本物の大人が選ぶ本物のブライダルジュエリー「Euro Wedding Band(ユーロ・ウェディング・バンド)」のマリッジリングです!!

Euro Wedding BandLOVE to BLUE ダイヤモンドフェア!

ブライダルジュエリーには、伝統と現代性、そして結婚する2人と共に歩む未来までもが必要とされています。ユーロウエディングバンドは、”結婚は「してもらうもの」ではなく「ふたりでするもの」と考えています。長い伝統とふたりがそれまでに培ってきたスタイル、価値観、審美眼を満たす現在性、そして2人が歩むこれからの全ての時を見守ることができるブライダルジュエリーブランドです。

 

ユーロウェディングバンドは、ドイツ西南部にある「黒い森」と言われる場所シュヴァルツヴァルトの北玄関口にある美しい街、フォルハイムで誕生しました。今から2世紀以上前にカロリーネ・ルイーゼがフォルツハイムに初の宝飾品工房を作ったことから宝飾品の町、黄金の町として目覚ましい発展を遂げました。今では多くの工房や工場が集まり世界中の宝石商から注目と尊敬を集める町となりました。ドイツは「ドイツデザイン」という言葉があるように、ステーショナリー、車、建築など独自の優れたデザインを生み出してきた国です。有能な職人を育成するマイスター制度があるなど、職人やものづくりの技術はとてもレベルが高いことでも有名ですよね!

 

EWBの考える本物の大人が選ぶ本物のブライダルジュエリーとはリングとしての機能、性能を十分に備えた上で、長い時を過ごすにふさわしいカタチを具現化したものです。置いてあるだけで美しいアートピースのようなブライダルジュエリーは、結婚の証というリングの持つ意味とともに、着ける人に豊かな満足感を与えてくれます。現在EWBは、要求するクオリティを満たす作り手として、歴史と伝統に裏付けられた技術力を持つ、2つの工房と取り組んでいます。

 

1、GERSTNER(ゲスナー)

1862年の創業以来百数十年、六世代という長い歴史と合理的な製造ラインを持つ老舗の工房です。ウェディングリングの基本となるシンプルなデザインと、生涯を共にするに十分な作りの良さがあります。ゲスナー社の保管庫には、古い時代のマリッジリングの型が数多く眠っています。それは、万一の修理の際に元通りの形に修復するお手本とするためです。自分たちの手を離れ、お客様の手に渡った後も共に歳を重ねていこうという覚悟が感じられるエピソードです。

EuroWeddingBand ユーロウェディングバンド ドイツ 鍛造 丈夫 曲がらない 結婚指輪 ドイツデザイン コールドマイスター 幅広 かっこいい 内甲丸 レッドゴールド ホワイトゴールド コンビネーションリング

AG GERSTNER ho4/27093

ホワイトゴールドの清新な輝きを主役にしたスタイリッシュリング。縦並びのスクエアダイヤでさらに洗練された印象に。1862年の創業以来、ドイツで愛され続けている老舗ジュエリー工房、ゲスナー。マイスターの卓越した鍛造技術を活かした合理的な生産ラインで、さまざまなデザインのリングがつくられています。その端整な表情は誇り高きマイスタースピリッツの証。生涯を共にするにふさわしい、正統派の一品です。

 

2、EGF (イージーエフ)

リングの硬度に関する研究開発や、変形しにくい弾性のバランスのとれた地金を作り出す為にフォルツハイム工科大学とドイツ、イタリア、フランスから招いた金属工学者との共同開発をしており、ウェディングバンドとして理想的な強度を実現しています。近代的な設備の整ったEGFでは、デザインを形にするための加工工具まで社内製作しています。

eduard G.fidel/R40146/R30146

eduard G.fidel/R40146/R30146

控えめなレッドゴールドのラインと、縦にふたつ並べたダイヤモンドがアクセント。フォルムはシンプルながら存在感のあるリングです。洗練されたフォルムと地金のクオリティで、評価の高いイージーエフのマリッジリング。最先端の技術を活かしたモダンで斬新なデザインが特徴です。リングの理想的な強度や変形しにくい地金の研究のため、フォルツハイム工科大学をはじめ、ヨーロッパ各国の金属工学者を招いての共同開発にも力を入れています。

 

それぞれの工房に特徴、得意分野があり、デザインの美しさ・作りの良さなど競い合いながらリングを作っています。

ユーロウェディングバンドでは、「鍛造製法」でリングを製造しています。「鍛造製法」とは、地金を繰り返し圧延し、滑らかで弾力があり、丈夫で硬度の高い、たったひとつのリングを作り上げる製法です。延べ板状の素材(地金)を何百トンという力で圧延しリングを打ち抜き、サイズに合わせてリングに成形します。その結果、高密度で強度の高いリングが出来上がります。このリングを高速回転させながら、コンピュータで制御されたダイヤモンドカッターや超硬鋼の刃を用いてデザインを削り出していきます。このコンピュータ制御切削機による削り出し製法により、リングは限りなく真円に近く仕上がり、シャープで曖昧さのない形状になります。滑らかな着け心地で傷付きにくく、全く切れ目のないという完成度の高さは鍛造、削り出しによるものです。削り出し製法により、リングは限りなく真円〇に近く仕上がり、全く切れ目のない最高の着け心地になります。“ボーゲンブリュッケ”といい、リングの内側が滑らかな山のようなカーブになっていて、指通しも滑らかです。ボリュームのあるリングって着け心地が不安、、、という方もつけてびっくり、最高の着け心地を是非お試しいただきたいです!!

 

さて、本日のご紹介はいかがでしたでしょうか??男女問わず人気のある豊富なデザインと着け心地が魅力の「Euro Wedding Band(ユーロ・ウェディング・バンド)」のブライダルリング。まだまだご紹介しきれない魅力はたくさんありますが、今回はここまでです!是非BROOCH店頭にて実物でお確かめくださいませ(^^)/BROOCH のインスタグラムも絶賛更新中です!是非チェックしてみてください( ..)φ

https://www.instagram.com/brooch__0007

 

私どもBROOCHスタッフ一同は、おふたりにとって、ブライダルリング選びも素敵な思い出になるように、今後も精一杯・一生懸命ご提案をしていきます。是非ご来店ください!そしてセレクトジュエリーショップBROOCHで展開するのブライダルジュエリーの世界観やリングのすばらしさを、そしてBROOCH取り扱いの世界最高品質のダイヤモンドを確認しに来てください!