TEL.025-246-0007
営業時間 11:00 a.m. - 19:30 p.m.
新潟の婚約指輪・結婚指輪 > スタッフブログ > NIWAKAのセットリング 木洩日・せせらぎ 穏やかに輝くふたりの未来…

NIWAKAのセットリング 木洩日・せせらぎ 穏やかに輝くふたりの未来…

Recent Blog

Archives

こんにちは!

新潟の セレクトジュエリーショップ BROOCH の山田です!

 

11月も残すところあと5日!早いですね~!令和元年があっという間に終わってしまいますね!(笑) 

 

実は私、先日、成人式の前撮りに行ってきました~~!!数年前まで二十歳はずーっと先のことだと思っていたのに、いつのまにか二十歳目前!綺麗にメイクアップしていただいて、振袖を着て、なんだか鏡に映る自分が自分じゃないみたいでした (笑) とっても緊張してしまいましたが、なんとか無事写真を撮っていただきました !(^^)! データも送っていただいて、自分のことながら、後で見返すのも楽しいものですね。私は母の振袖を着ました。いわゆるママフリですね!朱色の珍しい紅型のお着物です。素敵な振袖を着れたことも嬉しかったのですが、何より母と祖母が喜んでくれたことがとても嬉しかったです。20年間育ててくれたことに改めて感謝して、これからたくさん親孝行していきたいです!!成人式当日まであと1か月半ほどですが、楽しみすぎて待ち遠しいです(^^♪

 

 

さてさて、本日ご紹介させていただくリングは・・・

ブライダルリングブランド『NIWAKA(にわか)』のセットリングです!!

人気のNIWAKAの結婚指輪「祈り」

それではまず、NIWAKAのブランドコンセプトから改めてご紹介いたします!

千二百年の歴史を持つ京都。奥深い文化や芸術が息づくこの地で、日本を代表するジュエラー NIWAKAは誕生しました。世界を魅了して止まない日本の美意識を受け継ぎ、唯一無二の世界観を持つブランドとして発展してきました。卓越した職人技と美しい造形への挑戦、厳選された最高位の素材からNIWAKAのジュエリーは生み出されます。

そして、NIWAKAのジュエリーは、ひとつひとつが大切な「作品」としてとらえられています。流れるような面と立体的な仕上げ。アーティスティックなフォルムとバランス。指輪自身のどの角度から見ても美しい形状はもちろん、指に着けた時の美しさを大切にデザインされています。熟練の職人が生み出す、量産には向かない精緻なデザイン、そして滑らかな指通りは、一生ものの着け心地を実現します。

また、NIWAKAの指輪には、ひとつひとつ名前と詩とエピソードが添えられています。まるで新郎新婦のお二人の思い出や情景を表現しているかのような温かみを感じることができます。

デザインはもちろんですが、名前や意味合い、ストーリーなどに想いを込めて指輪をお選ぶびいただくのも、とっても素敵ですよね!

 

 

さて、そんなNIWAKAの数あるリングの中から私がピックアップさせていただくのは、

こちらのセットリングです!!

エンゲージリング 木洩日 KOMOREBI

 ―やわらかな光 水とたわむれ―

マリッジリング せせらぎ SESERAGI

 ―水面のささやき 美しき音色―

 

エンゲージリングの木洩日は、ふたりに降りそそぐやわらかな陽射しがせせらぎに輝く情景をモチーフにデザインしています。揺らめく水面に輝く光を、動きのあるラインとダイアモンドで表現しています。水面にキラキラ輝く光のように優しいウェーブラインとダイアモンド。全体的に優しい動きで、女性らしく柔らかいデザインのリングです。

 

続いて マリッジリングのせせらぎは、リングの緩やかなカーブは未来へと続く川の流れを、ダイアモンドは水面の輝きを表現しています。清らかな水の音のように穏やかな人生を歩むふたりをイメージしているリングです。水面の輝きをイメージしたダイヤモンドは川の流れに合わせて光るように、奥様の手の動きに合わせて美しく光ってくれます。

 

重ね付けもとっても魅力的です。せせらぎは形がシンプルで、どちらかひとつでも、重ね付けしても飽きの来ないデザインです。また、着ける角度によって華やかになったり、落ち着いた雰囲気になったり・・・ダイヤモンドの見え方が変わるので、様々なシーンでお付けいただけるのもポイントです!

 

 

NIWAKAのセットリングは、重ね付けが出来るだけではありません! 重ねた時の全体のボリュームやバランスが美しく整い、デザインに一体感が生まれます。 ピッタリとかさなるだけではなく、作品によっては「あえて」婚約指輪と結婚指輪の重なる間に隙間を持たせるデザインもあります。それも重ねた時のバランスを計算しての事です。 また、指輪ひとつひとつに表された「情景」や「ストーリー」も重ねることでより奥深い世界が広がります。

そして毎日身に着けるブライダルリングだからこそ、NIWAKAの指輪は着ける人のことを考えたデザインと仕上げにこだわっております。 着け外しの負担が少なくなるよう指輪の内側を丸くアーチをつけながら仕上げることで、柔らかな指通りと着け心地の良さを実現しています。まるでスッと指に吸いつくようなそんな滑らかさです。

そして、当店BROOCHには、新潟県初のNIWAKAサロンがございます。限られた店舗でのみ取り扱いますリングも、多数ご用意しております。NIWAKAには、紹介した以外にも、素敵なセットリングがたくさんございます。是非ご覧くださいませ!

 

 

続いて、NIWAKAのリングの素材についてご紹介いたします!

 

―NIWAKAのマテリアル―

niwakaNIWAKA俄ことほぎNIWAKA新潟BROOCHセミオーダーの結婚指輪シンプル甲丸平甲丸平打ちミル打ちミルミルグレイン新潟で俄にわかのことほぎ結婚指輪を探すなら県内最大の展示数を誇るBROOCHブローチがおすすめ

エンゲージリングは3つ、マリッジリングは4つのマテリアルからお選びいただけます。俄では、ジュエリーとしてふさわしい品位を持つ高純度の貴金属に、特別に高い硬度を持たせています。そのため、おふたりの人生と共に長くご愛用いただけます。

左から順に

ハードプラチナ Pt950

希少性の高いプラチナを95%使用したハードプラチナPt950。プラチナの白く美しい輝きを最大限に活かすために、95%の高純度にこだわり、さらに残り5%に独自の配合を施した、一般的なプラチナよりも硬度の高い「ハードプラチナ」なのです!

 

ピンクゴールド 750PG

ジュエリーとしてふさわしい品位である純度75%のゴールド(18K)を使用し、肌になじむやわらかなピンクの色味を表現しています。コーティング(メッキ)を施していないため剥離の心配がなく、安心してご着用いただけます!

 

イエローゴールド 750YG

ジュエリーとしてふさわしい品位である純度75%のゴールド(18K)を使用し、ゴールド本来の華やかな色味を表現しています。こちらもコーティング(メッキ)を施していないため剥離の心配がなく、安心してご着用いただけます!

 

プラチナゴールド 750PtG

ジュエリーとしてふさわしい品位である純度75%のゴールド(18K)を使用しています。さらに残り25%のうち10%に希少なプラチナを配合した、とっても贅沢なマテリアルです。通常のホワイトゴールドとは異なり、こちらもコーティング(メッキ)を施していません。そのため、コーティング剥離の心配がなく、安心してご着用いただけます!

ゴールド素材にはコーティング(メッキ)を施していないため、プラチナと同様のメンテナンスをお受けいただけます。

 

*ちなみにメッキとは・・・

 金属や非金属の基材の表面に薄い金属皮膜を生成する事を言います。金属等の保護、美しさのために施されます。

 

 

さて、本日のご紹介はいかがでしたでしょうか??

NIWAKAのリングを他にも見てみたい!実物を着けてみたい!と思ってくださった方は、是非BROOCHへお越しください(^^♪

スタッフ一同お待ちしております!

オススメ関連記事

  • 新潟 NIWAKA 俄(にわか)
    NIWAKA は千二百年の歴史ある京都で誕生しました。京都で受け継がれてきた文化や芸術によって生み出された俄のジュエリーには、世界を魅了する日本の美意識が息づいています。限定てリングなど多数展示。
  • 俄にわかniwakaNIWAKAせせらぎこもれび木洩れ日セットリングエンゲージマリッジ
    木洩日(こもれび)・せせらぎ
    ふたりに降りそそぐやわらかな陽射しがせせらぎに輝く情景をデザイン。揺らめく水面に輝く光を、動きのあるラインとダイアモンドで表現しています。
  • NIWAKAniwaka俄新潟婚約指輪結婚指輪せせらぎ重ね着けセットリングハードプラチナ和の指輪和風BROOCHブローチ
  • 露華(ろか)・朝葉(あさは)
    メインのダイアモンドへと続く小さなダイアモンドがすっきりと優美なデザイン。ダイアモンドは澄みきった朝にきらめく透明な雫をイメージし、女性へ贈る純真な気持ちを表しています。
  • 新潟で俄NIWAKAniwakaのuizakura初桜の結婚指輪を探すなら県内最大級の品揃えのBROOCHブローチへピンクダイヤモンドが美しいリングです
    初桜 (ういざくら)
    出会った頃の初々しい気持ちを薄紅の桜でイメージ。ウェディングリングの細タイプのデザインは、ひとひらの花びらをメレダイアモンドで表現。太タイプのデザインは、側面にまで及ぶ有機的なラインで、花を支える桜の幹を表現しています。