TEL.025-246-0007
営業時間 11:00 a.m. - 19:30 p.m.
新潟の婚約指輪・結婚指輪 > グランドセイコーができるまで【躍進編】

グランドセイコーができるまで【躍進編】

1960年に誕生した国産時計ブランド、グランドセイコー(GS)。現在に至るまでグランドセイコーはどのような軌跡をたどってきたのでしょうか。今回は【躍進編】として、グランドセイコー誕生から現在に至るまでの歴史を紐解いていきます。
結婚のお返しやご自身用にも人気のグランドシコーは高級感あるシンプルなデザインが人気

グランドセイコー、誕生!そして進化する実用性

1960年12月。グランドセイコーは誕生しました。日本の文化的背景を基に実用性に重きを置き、日本人のひたむきさ、誠実さを体現するべく、虚飾を排した質実剛健なモノづくりを実践し、「正確で、見やすく、美しい腕時計」を本質とした高品質の時計を一層追求していきます。日本を代表する腕時計にふさわしい高精度を実現するため、独自の精度規格をつくり、持てる技術を磨きぬいていく第一歩となります。

この4年後には高精度腕時計「GSセルフデータ」が開発されます。「恒久的な使いやすさを備えてこそ、真の高級時計である」という考えのもと、針を回さずに簡単に日付合わせができる「早送り日付修正機能」がこのとき生まれました。そして、このとき生まれたモデルにはザラツ研磨という特殊加工技術を初採用したモデルです。これは外装に施すGSならではの特殊加工技術で、時計の外装を平らで均一に美しく磨くするために行う加工技術です。こうして歪みなく磨き上げられた外装はまさに鏡のような美しい反射をみせます。ぜひ店頭でご覧になってください。

世界に誇る高精度と実用性「グランドセイコー規格」の制定があった1966年

1960年代後半、グランドセイコーはスイス・クロノメーター検査基準を超える高精度を実現した独自の機械式時計精度規格「グランドセイコー規格」を制定。このとき日差+6~-3秒/日を実現します。ここから現在まで、このグランドセイコー規格は更新され続け、GSが世界から愛される魅力となっています。

GSは時代を超えて受け継がれる日本の美意識を「セイコースタイル」として持っています。平面を主体としするデザイン、各面は歪みのほとんどない鏡面仕上げなど、燦然と輝く腕時計を目指して今のGSがあります。
セイコースタイルの国産高級時計グランドセイコー
1960年代が終わろうとするころには、スイスの天文台で行われていた精度コンクールで上位を独占、機械式時計の常識を超える高精度を達成します。このような精巧な時計へのたゆまぬ努力現在までの何十年間も続き、機械式時計のみならずクオーツ時計の技術開発にもつながっていきます。

1988年、グランドセイコー初のクオーツ時計、誕生!

この年にできたグランドセイコーのクオーツ時計は当時の最高基準である年差±10秒という偉業を成し遂げました。これに続いて1993年には「クオーツを超えたクオーツ」と呼ばれる「キャリバー9F」が誕生します。かつてのクオーツ時計の概念を覆す高性能&多機能なクオーツ時計がこの「9F」です。そして1998年にはさらに洗練されたうつくしさを追求したヘリテージコレクションや、新グランドセイコー規格を設けるなど、グランドセイコーはさらに進化を重ねていきます。

2004年、ついにスプリングドライブ、爆誕!!

これまでの機械式ムーブメントやクオーツ時計のムーブメントを作る技術を生かして新世代ムーブメント「スプリングドライブ」を搭載した「キャリバー9R」が誕生します。これはグランドセイコーの歴史に新たな進化をもたらしました。
2007年にはより正確な計測を可能にしたスプリングドライブクロノグラフ「キャリバー9R86」というグランドセイコー初のクロノグラフが誕生します。
グランドセイコー魅力に迫るシンプルでハイブリットな腕時計はスプリングドライブ

2010年、72時間のパワーリザーブを実現した自動巻きムーブメント搭載時計「9S65」

時代が2010年に突入すると、グランドセイコーの自動巻き時計はさらなる進化を遂げ、ついに72に時間のパワーリザーブを実現します。2021年現在でもこの稼働時間を実現している時計はごくわずかで、グランドセイコーの技術の高さとクラフトマンシップを感じられる時計が「9S65」です。

そして2010年代はグランドセイコーの時計においてデザインの面でも革新があった年です。グランドセイコーの美意識の真髄は守りつつ現代的解釈を加えたデザインの時計が2010年代前半までにいくつも発表されています。

長い歴史を経て至る2020年代へ…

2017年にはグランドセイコーの進化の証としてセイコーから独立した時のロゴであるSEIKOを廃し、「Grand Seiko」のロゴを時計の12時の位置に配することにしています。「ヘリテージコレクション」を軸に、現代のよりアクティブなシーンを想定した「スポーツコレクション」や柔和な光を優雅に纏う「エレガンスコレクション」の3領域を設けることで、ブランドの美意識を受け継ぎつつ現代のシーンに合った高級腕時計を生み出し続けています。

2020年に60周年を迎えたグランドセイコー

グランドセイコーはこのようにして高い美意識と正確さを極めた国産腕時計を作り続けてきました。BROOCH(ブローチ)はグランドセイコーの正規取り扱い店です。このようなブランドの歴史を感じつつぜひ店頭でGSの時計をお手にとってみてください。

グランドセイコー紹介ページ https://www.brooch.co.jp/brand/grand-seiko.html