TEL.025-246-0007
営業時間 11:00 a.m. - 19:30 p.m.
新潟の婚約指輪・結婚指輪 > 結婚指輪選びで手彫りハワイアンジュエリーが人気の理由

結婚指輪選びで手彫りハワイアンジュエリーが人気の理由

ハワイアンジュエリーというと、ちょっとお洒落なペアリングや若い人が着けるジュエリーと思う人も多いと思う。私もハワイアンジュエリーを見かけたり、売られている場所はというと、露店や雑貨屋、海外のお土産物屋を想像する。しかし、今回取り上げるハワイアンジュエリーは本格派手彫りハワイアンジュエリーで、素材もPT(プラチナ)K18(18金)の貴金属に特化した高級志向、彫柄部分もハワイ在住の熟練の職人が1点1点手彫りで仕上げている本格派の手彫りハワイアンブライダルジュエリーなのだ。

Makana(マカナ)でまず注目していただきたいポイントは、本格派手彫りハワイアンジュエリーで、その1点1点の婚約指輪(エンゲージリング)結婚指輪(マリッジリング)をハワイ在住でハワイアン手彫りに携わって20年の熟練の職人がサラのリングに直接手彫りをしていくことにある。現在市場にある多くのハワイアンジュエリーは、リングに施されている手彫り柄をリングの製作時、下地として彫る柄のガイドラインを型で起こしておくやり方だ。型の時点で柄の入ったリングを仕上げる際に、柄部分を彫ってなぞれば彫り柄が入るのだ。ガイドラインがあることで柄の彫間違いや柄のつなぎ目の違和感を抑えることができる。しかしMakana(マカナ)のハワイ彫りは、リングに何もガイドラインのないサラの状態から彫り上げていくので、彫り込む力の強弱が彫り柄に反映されて、存在感のある美しい仕上がりになる。しかも、結婚指輪(マリッジリング)で承ったものは常にペアで動かす徹底ぶり。手彫りは通常いくら熟練の職人とはいえ、時間を空けると彫り込む力の入れ具合が変わってしまう。その変化がふたりの結婚指輪(マリッジリング)の間に極力起こらないように、受け付けた結婚指輪(マリッジリング)は仕上がるまで順に彫っていくのだ。

婚約指輪(エンゲージリング)結婚指輪(マリッジリング)は一生ものなので、素材や仕上げには高級感を持って選びたい。Makana(マカナ)は、比較的安価な場面でも手に入るハワイアンジュエリーを、素材や彫りに真剣にこだわることで、一生ものにふさわしい、そして持つ人の個性が光る特別な婚約指輪(エンゲージリング)結婚指輪(マリッジリング)にしてくれるのだ。

ハワイアンジュエリーのルーツを知って、ふたりの結婚指輪(マリッジリング)に意味を持って身に着けたいカップルは是非実物のMakana(マカナ)を手に取って見ていただきたい。本格派のハワイアン手彫りの美しさと、幅広で重厚な存在感と、見た目からでは想像できない滑らかな着け心地で、即、Makana(マカナ)ファンになるに違いない。