TEL.025-246-0007
営業時間 11:00 a.m. - 19:30 p.m.

新潟にわか【ニワカ】から雪の結晶を表す特別な婚約指輪ダイヤモンド

新潟で人気の結婚指輪と婚約指輪 BROOCH 俄(にわか) | 新潟のオシャレジュエリーNIWAKAから雪の結晶を表す特別な婚約指輪ダイヤモンド

新潟 にわか(ニワカ)が贈る特別な雪の結晶のダイヤモンド

新潟を含め日本海側にまた大きな寒波が訪れている2月。にわか(ニワカ)本店、工房のある日本の古都京都はそろそろ梅が咲き、春の訪れを感じられる頃かもしれない。日本列島は南北に長く、赤道からの位置により日本国内のどの地点にいても豊かな四季を感じられる本当に美しい島国だと言える。特に日本海側、北東部にある新潟は冬に大量の雪が屋根の上まで降り積もり、夏には全国1位の最高気温を記録する四季の一番楽しい瞬間をいつも感じることができる地域だ。
そんな新潟で婚約、結婚を迎えるカップルに共感を呼んで人気なにわか(ニワカ)ウエディングリングシリーズの婚約指輪(エンゲージリング)結婚指輪(マリッジリング)がにわかダイヤモンドを使った花雪(はなゆき)とレディスリングにピンクゴールドが使われて印象的な雪佳景(せっかけい)のセット着けブライダルジュエリーだ。

新潟で人気の結婚指輪と婚約指輪 BROOCH 俄(にわか) | 新潟のオシャレジュエリーNIWAKAのエンゲージリング、マリッジリング、雪の結晶のダイヤモンドと雪景色の重ね着けリング

世界にたった一つの形を作る雪の結晶

「天からの贈りもの君の薬指にひとつ」にわかにわか(ニワカ)婚約指輪(エンゲージリング)「花雪(はなゆき)」に込められた詩だ。にわか(ニワカ)のウエディングリングシリーズにはひとつひとつの婚約指輪(エンゲージリング)結婚指輪(マリッジリング)に日本の情景や「和」の想いが込められた名前と詩が付いている。「花雪(はなゆき)」は雪の日に空から無限に降ってくる雪の中に見える結晶をダイヤモンドに見立てているのだ。新潟の子どもたちはいつかの日にとめどなく降ってくる雪を手や方に受けて、そのふわふわした塊をじっと眺めてみたことがあるはずだ。ふわふわした雪はよく見ると小さな雪の結晶の集合体なのだ。さらにそのふわふわした雪をじっと見つめていくと、その雪の結晶には、放射線状にきれいに広がったきれいな結晶もあれば、片側が崩れて半円のものもある。隣の結晶とくっついていて端のとげとげがなくなっているものなど、本当に同じ形のものはなく、ひとつひとつが美しいオリジナルの形を成している。エンゲージリングに贈るにわか(ニワカ)ダイヤモンドはこの先一生を共に過ごす決意のもので完璧で不変のものだ。その輝くダイヤモンドを雪の結晶というこの瞬間にしか生まれない形のもので留めているという設定が、「この先もあなただけを見つめている」といっているようでロマンチックだと思う。

新潟で人気の結婚指輪と婚約指輪 BROOCH 俄(にわか) | オシャレジュエリーNIWAKAの雪佳景(せっかけい)は雪原に広がる明るい光

田んぼに広がる、風に波打つ美しい雪原が浮かびあがる結婚指輪

「雪の朝白は陽に染まり未来を輝かす」にわか(ニワカ)結婚指輪(マリッジリング)「雪佳景(せっかけい)」に込められた詩だ。雪佳景(せっかけい)は にわか(ニワカ)ウエディングリングシリーズの婚約指輪(エンゲージリング)結婚指輪(マリッジリング)で唯一、金属に18金のピンクゴールドが使われた、明るさのあるシリーズなのだ。18金のピンクゴールドはレディスマリッジリング(結婚指輪)にだけ使われている。メンズマリッジリング(結婚指輪)には、色調を合わせるため、落ち着きのあるプラチナ配合の18金ホワイトゴールド(750PtG)が使われている。レディスマリッジリング(結婚指輪)は結婚指輪の手のひら側を中心に4分の3が18金ピンクゴールドになっていて、正面の4分の1の部分にプラチナ950が使われている。プラチナ950の部分にはにわか【ニワカ・俄】厳選のメレ―ダイヤモンドがセッティングされている。18金ピンクゴールドとプラチナ950の境目はパッと見た感じにはどこかがわからないように、まるで朝日が差し込んだような切り替えになっていて、指輪の表面も雪原に風が吹き波打った様子が美しく描かれている。まるで誰も足を踏み入れていない穏やかや雪原がそこにあるようなデザインが にわか(ニワカ)結婚指輪(マリッジリング)「雪佳景(せっかけい)」の特徴だ。(店頭サンプルに起用されている素材は変更することができるので、素材変更を希望する場合は店頭で確認できる)

BROOCHは、新潟県の にわか(ニワカ) 正規取扱店です。

新潟のNIWAKA・俄(にわか)

オススメ関連記事