TEL.025-246-0007
営業時間 11:00 a.m. - 19:30 p.m.
新潟の婚約指輪・結婚指輪 > 新潟で俄(NIWAKA)の指輪を選ぶ

新潟で俄(NIWAKA)の指輪を選ぶ

俄は、BROOCH開店以来常設している「和」の結婚指輪・婚約指輪のジュエリーブランドで、新潟県内では、当店が初めて導入いたしました。
お客様のご指名が多いブランドのひとつです。

  • ブライダルストーリー〜俄 にわか ダイヤモンドの秘密編②編〜

    ある女性が運命の指輪に出会うストーリーです。前回記事【プロポーズ編】【ショップへ出掛け編る】【ダイヤモンドの秘密編①】何故俄のダイヤモンドがより光って見えるのか…「何だか他のブランドのダイヤモンドよりも俄のダイヤモンドの方が光って見えるのですが…」私はそう呟いた。すると店員さんが「奥様!そうなんです!当店の取り扱うダイヤモンドは俄以外のものも全て3EX(トリプルエクセレント)です。ですが、今ご覧頂 [続きを見る]

  • 新潟のお洒落花嫁におすすめなシンプル&華やか【にわか】コーデ

    【にわかNIWAKA】「月彩」「月のしずく」。完璧なペアデザインの結婚指輪(マリッジリング)は、この先、常に共にあるという決意を表してくれるようで、とても心地よい。一方、婚約指輪(エンゲージリング)は「和」テイストニワカの中で唯一、マーキスカットダイヤモンドを採用した、個性的で華やかさのあるデザインになっている。 [続きを見る]

  • 幸せになれる秘密の言葉が秘められた【にわか】エンゲージリング

    【にわか・俄・NIWAKA】ことのはエンゲージリングは「今日という日に綴る想い」という詩が込められている。「ことば」は言霊という。語りかけることでその言葉は、自身に染みていき、いつかその人の人生はその言葉のようになっていく。幸せな言葉を自分には言い聞かせなさい、という。人は幸せな言葉を聞き続けると、幸せになれるからだ。 [続きを見る]

  • ブライダルストーリーにわかNIWAKA(俄)~ダイヤモンドの秘密編①~

    ダイヤモンドの眩しい輝きの秘密を店員さんが説明してくれました…
    「ダイヤモンドは原石の状態では輝きません。理想的なプロポーション(形)であゆことでダイヤモンドは最高に輝くのです。」
    確かに…原石では光らないって何処かで聞いた事あるな…よくドラフト会議とかで"原石を見つけた〜!"とか言ってるし、それは磨けば光る!って事だったんだ!! [続きを見る]

  • 新潟で人気、花の名前が付いた【にわか】結婚指輪はその意味が深い

    【にわか・俄・NIWAKA】のブライダルジュエリーには花の名前を持った婚約指輪、結婚指輪が多くある。自然界にある「花」はそれだけで、見る人に力を与えてくれる。季節が廻り、花が開花を迎えると、昨日までの日常を打ち破って生まれる新しい時間を思わせる感動がある。花は生命力の象徴であり、人々を守り、心を温めてくれる。 [続きを見る]

  • ブライダルストーリー にわかNIWAKA(俄)~ショップへ出かける編~

    ついに彼とジュエリーショップへ出掛ける日。
    昨日は何を着ていこうかクローゼットから服を色々出してあーでもないこーでもないと悩みに悩んであんまりゆっくり眠れなかった。初桜を意識して春色の淡いピンクのスカートにシンプルな白いブラウス。いつもはあまり履かないハイヒールで少し頑張った感が出過ぎたかな?と、思いつつ時間になって彼が迎えに来てくれた。
    「似合ってるじゃん」彼はどんな [続きを見る]

  • とある女性のブライダルストーリー にわかNIWAKA(俄)に出会うまで。~プロポーズ編~

    彼からプロポーズをされた。この日をずっとずっと待ちわびていた。いつものデートのはずなのに、どこかぎこちない彼。別れ際、沈黙になるから「どうしたの?」そう聞くと「結婚してください!」といきなりのプロポーズ。突然過ぎてビックリしていた私に「婚約指輪、一緒に買いに行こう?」と続けて言ってくれたのです。憧れの箱からパカッとは無かったけれど、きっとジュエリーが好きな私にデザインを選んで欲しかったのだと思いま [続きを見る]

  • 新潟でダイヤ入り大人デザインの結婚指輪を選ぶなら【にわか】がお勧め

    結婚指輪(マリッジリング)は、何も装飾のないという意味の「シンプル」さが求められるが、それだけではなく、洗練された、美しさも求められる。【にわか・俄・NIWAKA】のブライダルジュエリーは、研ぎ澄まされた無駄のない形状で、真に「シンプル」を捉えている。ダイヤモンドセッティングの華やかなデザインも人気な理由がそこにある。 [続きを見る]

  • プロポーズの言葉がいらないほど心に響く【にわか・俄】新潟結婚指輪

    プロポーズにダイアモンドを贈るということは、ふたりの誓いを閉じ込めた、タイムカプセルを手元に持つということだ。結婚してからも、日々には様々な変化がある。【にわか・俄・NIWAKA】初桜(ういざくら)婚約指輪、結婚指輪を持つ意味は、また来年も咲く桜をと元に持ち、また来年一緒にこの桜を見ようと思う、約束の形なのだ。 [続きを見る]

  • ダイヤモンドなしの【にわか】結婚指輪が新潟のカップルに人気な訳

    1200年の歴史が育む日本の古都、京都に本店アトリエを構える老舗ブライダルジュエリーブランド【にわか・俄・NIWAKA】は、ひとつひとつの結婚指輪、婚約指輪に日本の美しい情景にちなんだ名前と詩が付けられている。ブライダルジュエリーはシンプルな見た目でありながら、意味や込められたストーリーが凝っているところが魅力だ。 [続きを見る]

  • 【にわか】せせらぎのような穏やかな結婚指輪が新潟のカップルに人気

    【にわか・俄・NIWAKA】木洩日、せせらぎは、そのデザイン性の高さから、人気のモデルだ。婚約指輪(エンゲージリング)、結婚指輪(マリッジリング)ともに細身で、シンプルなので、日常着けにも構え過ぎず着けやすい。つながるダイヤモンドラインのセット感が抜群で、ぴったりと重なるセットリングを探している花嫁に支持が高い。 [続きを見る]

  • 新潟の美しい四季を大切に「和」ブライダル【にわか】結婚指輪を選ぶ

    結婚式の日の天候は、多くの人が「晴れ」を望むだろう。たとえ式が屋内で行われるにしても、当日は晴天であったら嬉しいものだ。バージンロードを明るい日の光に包まれて歩く。結婚指輪の交換も光に照らされて行う。ダイヤモンドの輝きが一層美しさを増す。しかし新潟で結婚を迎えるカップルは、他県より少しだけ、雨天リスクが高いように思う。 [続きを見る]

  • 新潟にも梅雨入り宣言、季節を感じる【にわか】結婚指輪を人生の節目に

    【にわか・俄】柊と綾の重ね着けは、重ねた意味に注目したい。綾は女の子の名前に選ばれる、繊細で美しいイメージ、柊は花のかわいらしさと、葉の凛とした見た目で守っているイメージだ。ふたつのリングが合わさることで、男性からの「一生守っていきます」という意味をずっと守られているような、そんな婚約指輪、結婚指輪になるのだ。 [続きを見る]

  • 新潟人が選ぶ【にわか】結婚指輪の「和」シンプルデザインを徹底調査

    「和」コンセプトのブライダルジュエリーブランド【にわか・NIWAKA】の京木目。【にわか・俄・NIWAKA】が研究、開発を手掛けた、表面に木の年輪の層が出るように加工した金属のことで、重なり合った金属層が途切れなく繋がるところが、結婚指輪(マリッジリング)にシンプルで和モダンなテイストを好むカップルに人気だ。 [続きを見る]

  • 新潟で結婚指輪選びに迷ったらとりあえず【にわか】で選ぶと間違いない

    プロポーズに【にわか】ダイヤモンドのエンゲージリングを贈る。それは、この先も決して揺るがない決意を、地上で最も硬いダイヤモンドに託して贈るのだ。ダイヤモンドのエンゲージリング(婚約指輪)をこれから生涯を共にするパートナーに贈る、何があってもこの気持ちは決して揺るがないと表すにはダイヤモンドは最適ではないか。 [続きを見る]

  • 新潟の【にわか】ダイヤモンドで特別なサプライズプロポーズを演出

    婚約指輪(エンゲージリング)、結婚指輪(マリッジリング)のデザインで人気が高いのは「シンプル」だ。着けやすさを考える女性が多いからだ。ブライダルジュエリーはどんなときにも年齢を問わず身に着けやすいデザインを選びたい。婚約指輪ならソリテールといわれる、1石ダイヤモンドの、立て爪タイプがダイヤモンドが引き立って美しい。 [続きを見る]

  • 新潟で【にわか】結婚指輪を選びたい、指輪選びで優先すべきこと

    【にわか・俄・ニワカ】は京都に本店アトリエを構える日本を代表するラグジュアリージュエリーブランドだ。卓越した職人技と美しい造形への挑戦を続け、その礎ともなるブライダルジュエリー部門から生み出される婚約指輪、結婚指輪は気品を纏い、シンプルな中に、身に着ける我々の意識を一つ上へ引き上げてくれるような、凛とした佇まいを持つ。 [続きを見る]

  • 初夏の新潟で出会いのストーリーを込めた結婚指輪を【にわか】で選ぶ

    【にわか・俄・ニワカ】は1200年の歴史のある日本の古都京都に本店アトリエを構える老舗ブライダルジュエリーブランドだ。ダイヤモンドにストーリーがあるので、女性は婚約指輪を見つめるたびに、ふたりが出会った日のことや、ふたりで出かけた特別な場所、婚約指輪(エンゲージリング)を彼が贈ってくれた日のことを思い出すことができる。 [続きを見る]

  • 新潟女子が選ぶ【にわか・俄】シンプルでかわいい結婚指輪をチェック

    俄「初桜」は「桜」の花を忠実に再現しつつ、シンプルで日常着けがしやすいデザインになっている。レディスの結婚指輪は桜の枝の繊細さとひとひらの桜の花びらをデザインしている。ホワイトダイヤモンド、ピンクサファイヤ、ダイヤモンドなしデザインを選択できる。ダイヤモンドが決して派手すぎないのでキラキラ感を自然に楽しむことができる。 [続きを見る]

  • 新潟のカップルが注目する「和」の意味を持つ【にわか・俄】結婚指輪

    【にわか・俄】のひとつひとつのブライダルジュエリーには日本の美しい情景と想いが込められた名前が付いています。名前は、誕生の時の季節感や情景、将来への願いが込められています。【にわか・俄】の婚約指輪(エンゲージリング)結婚指輪(マリッジリング)は、その名前を呼ぶことで、情景や、意味を決意に変えて持つことができるのです。 [続きを見る]

  • 新潟らしい春の陽気に最も合う【にわか・俄】和の結婚指輪を探す

    春先に咲く桜は「始まり」を象徴する花なので婚約指輪、結婚指輪のデザインモチーフとしてとても適している。プロポーズの言葉と共に、「桜」が持っているイメージから、結婚の決意がこの先永遠に巡っていくようにという願いも込められる。【にわか】初桜(ういざくら)は出会いのころの初々しい二人の感情のような爽やかなエンゲージリングだ。 [続きを見る]

  • 自然が生み出す美しさに思わず感動する新潟で【にわか】の結婚指輪

    【にわか・俄】暁エンゲージリングはダイヤモンドを太陽に見立て、光を受けて横に光線を放つさまを指輪のデザインに落とし込んでいる。ふせこみデザインといって、ダイヤモンドを両サイドから伸びてくる腕で包み込んでいるようなデザインになっている。引っ掛かりのない滑らかな見た目と着け心地で穏やかで、力強い確かな存在感を見せてくれる。 [続きを見る]

  • 新潟のお洒落花嫁がこだわるぴったりと重なる【にわか】結婚指輪

    【にわか・俄】で人気の重ね着け婚約指輪(エンゲージリング)結婚指輪(マリッジリング)は、木洩日、せせらぎのセットデザインだ。穏やかなカーブを描いたデザインは川のせせらぎに例えられ、そこにキラキラと光が差し込むというコンセプトになっている。ふたりで過ごす家庭の中は仕事や他の人間関係から離れ穏やかであるように願いを込めて。 [続きを見る]

  • 新潟でふたりの恋の永久成就を願って贈る【にわか】和の婚約指輪

    【にわか・俄】が結婚するふたりに贈る想いが、ブランド名に表現されている。【俄】とは「にんべん」と「我」と書く。「にんべん」は他人を表しており、「我」は自身を表す。「人と我とで俄(にわか)となる」という。人は一人では生きていけない、支え合って生きている。結婚は人と自身との交わりによって始まるものだから【にわか】なのだ。 [続きを見る]

  • 新潟の結婚したい男子必見のブレない人気【にわか】ダイヤモンド

    結婚して長い時間を共に重ねていくと環境や年齢により価値観や捉え方が少なからず変化する。しかしダイヤモンドは永遠に変わらない。プロポーズをした時の固い決意を纏ったまま、何年先も変わらずに輝き続けてくれるのだ。婚約指輪(エンゲージリング)に贈る石は何がいいか。私は上記の理由から不変の輝きを持つダイヤモンドが一番お勧めだ。 [続きを見る]

  • 新潟で結婚したい人がみんなやってる【にわか】プロポーズの成功術

    【にわか】のエンゲージリング選ぶ。【にわか】の魅力は和の雰囲気と何と言ってもその美しいネーミングとストーリーだ。結婚はプロポーズが始まりでそこから約50年の時間を共に過ごしていくものだ。大切に想い合う人と人生の時間を共有できることはとても素晴らしい。ダイヤモンドの婚約指輪はその想いをずっとつないでくれるのだ。 [続きを見る]

  • 【にわか】桜の花エンゲージリングは「かわいい」重視の新潟でも人気

    婚約指輪とは永久の愛を決意する証としてプロポーズの言葉と共に贈るダイヤモンドの指輪だ。男性は贈るエンゲージリングのデザインを女性の好みを想像しながら選ぶ。女性はただ、心のこもった「かわいい」と思えるものを贈ってくれたら良いとと思うが男性からするとこの「かわいい」ものが厄介なようなので、この「かわいい」を徹底解析したい。 [続きを見る]

  • 新潟で桜の見ごろにこだわりの【にわかダイヤモンド】婚約指輪を贈る

    【にわか】は桜を婚約指輪、結婚指輪デザインに充てている。桜は開花して最高に美しい時を迎える反面、散ると静かで地味なものだ。プロポーズで桜モチーフのダイヤモンドをいただくと、結局は散ってしまう思いなのかと思う。しかしそれは、お互いに年を重ねて見た目が少し変わっても「永久にあなたを愛しています」というメッセージなのだ。 [続きを見る]

  • 新潟の気遣い男子は【にわか】重ね着けエンゲージリングを選んでおく

    「重ね着け」は縁担ぎの風習として、昔からあり、宝飾品を特別な日に重ねて身に着けることで幸せで特別なことがこれからも重ね重ねやってくるようにと願いを込めて着ける着け方だ。婚約指輪と結婚指輪の両方をいただいた女性は、友人や親せきの結婚式などに列席する際は、【にわか】婚約指輪と結婚指輪を重ねてはれの日を祝ってもらいたい。 [続きを見る]

  • 【にわか】婚約指輪が新潟で人気、桜がテーマのめぐる想いを形に

    【にわか・ニワカ】初桜(ういざくら)にブレない意志の強さを感じる。誰も見ていない夏の日も、静かにそこに居続ける芯の強さを感じる。それが桜の美しさを指している。婚約指輪、結婚指輪で桜を贈る。それは単に桜の花のかわいらしさだけでなく、めぐる想いや変わらない決意を桜とダイヤモンドに込めて贈っているということなのだ。 [続きを見る]

  • 新潟の男性が一人で選んでも大丈夫【にわか】ダイヤモンド婚約指輪

    【にわか】のダイヤモンドは美しい。ダイヤモンドの評価において世界的基準とされるアメリカの鑑定機関、GIA鑑定のダイヤモンドを採用し、品質基準の中のカットグレードにおいて、GIA基準を満たしつつ、日本古来の美の黄金比である「白銀比」をダイヤモンドの美しさの中に追求した【にわか】のこだわりが選択できるようになっている。  [続きを見る]

  • 【にわか】花の名前エンゲージリングが新潟の花嫁たちを笑顔にする

    結婚を決めるとき、ふたりで歩む人生の始まりに花を贈るとはこれからすべてが始まるという意味だ。ダイヤモンドのエンゲージリングは、決めた想いが生涯変わらないこと誓って、地球上で一番硬く、変化しない、美しい石を贈る。そこに始まりを表す「花」の意味を込めてプロポーズする。【にわか・ニワカ】ならではの特別な演出になるに違いない。 [続きを見る]

  • 新潟【にわか】でふたりだけのこだわり和風結婚指輪を手に入れる

    春の訪れに咲く桜は物事の始まりを意味しており、多くの人々が桜を愛でに訪れるなど、桜は見る人を明るく強く導いてくれる力がある。花はシーズンを終え次の準備として散っていくが桜の樹は粛々と次世代への継承を始めている。樹は毎年同じ場所で季節を迎えている。こういったぶれない信念が結婚においては最も重要なポイントなのではないか。  [続きを見る]

  • 新潟ブライダルジュエリー【にわか】春をことほぐ誓いの結婚指輪

    【にわか】ブライダルジェリーにはひとつひとつの指輪に日本の美しい情景を込めた詩と名前が付いている。「ことほぎ」とは言葉を使って祝うことを言う。日本人は古来より先祖を参り敬うことで時代を継承してきた。言葉は伝えるためのツールとして認知されているが言葉を未来へ伝えることが継承であり祈りであるということを知るきっかけとなる。 [続きを見る]

  • 新潟県民は春の始まりに【にわか】結婚指輪を用意する人が多い

    【にわか・ニワカ】の婚約指輪や結婚指輪を選びながら、その指輪に付けられた名前と意味に目を向け、日本文化に興味を向けてみることもいいかもしれない。新潟でお互いが出会えたことも、先祖が縁を繋いできてくれたからこそだ。京都発祥の老舗ブライダルジュエリーブランドにわかで婚約指輪選びを通じて日本人の想いの美しさを再発見しよう。 [続きを見る]

  • 「和」の心遣いが息づく古都京都から【にわか・ニワカ】新潟結婚指輪

    婚約指輪を決める決め手は何だろうか。エンゲージリングはダイヤモンドが中央に輝く、プロポーズに贈る指輪のことを言う。通常、ジュエリーは日常生活に着けやすい、手になじむデザインが好まれる。しかし、エンゲージリングは別だ。この感覚は男性には伝わりずらいが、もし女性が「いつも身に着けられるデザインがいい」といっていたからといって、中央のダイヤモンドが小さく控えめなものや、リング部分に埋め込まれたデザインを [続きを見る]

  • 【にわか】ブライダルジュエリーで叶える新潟でかわいい人気の婚約指輪

    【にわか・ニワカ】の華奢め結婚指輪は、かわいくなりすぎたくない花嫁にぴったりなのだ。つまり、【にわか・ニワカ】は新潟の結婚カップルに日本の美しい情景がコンセプトになっているところなどから人気だ。そして、華奢目結婚指輪が、甘すぎない大人テイストに仕上がっていることが新潟の花嫁のニーズに合致しているのかもしれない。 [続きを見る]

  • 新潟【にわか】で叶える10年先も想いが続く永遠の愛の結婚指輪

    毎年この日を迎えると、必ず、今日に生かされていることに感謝する。10年前のあの日に運命が激変してしまった人もいるだろう。10年前の震災の後、こんな時に婚約指輪(エンゲージリング)結婚指輪(マリッジリング)なんて選んでいる時ではないという人もいた。確かに、ブライダルは家と家との縁つなぎを祝う、人生に一度のお祝いの日だ。 [続きを見る]

  • 新潟【にわか・ニワカ】婚約指輪・結婚指輪が贈る麗らかな春の喜び

    3月に入って新潟も温かな日差しを感じる日が多くなり、まさに、小春日和、麗らかな日和が多い。こんな天気に包まれると、心が解放され、一年で一番素晴らしい時を迎えているように感じる。ブライダルジュエリー【にわか・ニワカ】の花麗(はなうらら)はダイヤモンドが華やかに留められて、美しい対を成す、「和」ならではのデザインだ。 [続きを見る]

  • 新潟の花嫁に【にわか・ニワカ】のキラキラダイヤ結婚指輪が人気な訳

    新潟の【にわか・ニワカ】正規店のBROOCH店頭でにわか【ニワカ・俄】をご試着するカップルが驚くのが、ひとつひとつの婚約指輪(エンゲージリング)結婚指輪(マリッジリング)にセッティングされたメレダイヤモンドの美しさだ。メレダイヤモンドとは直径1mm前後の小さなダイヤモンドのことで、婚約指輪(エンゲージリング)はメインの大きなダイヤモンドを美しく引き立てる役割を持ち、結婚指輪(マリッジリング)はリン [続きを見る]

  • 【にわか・ニワカ】で新潟のプロポーズを応援、初桜エンゲージリング

    毎年桜の木の下では数多くの永遠の愛が誓われてきたはずだ。桜は春に咲く日本人に定番の人気の花だ。春になると皆桜の花の開花を待ちわび、花を愛でに出かける。にわか【ニワカ・俄・NIWAKA】の本店アトリエがある京都でも桜で人気のスポットが多くある。日本といえば、京都、京都といえば桜というイメージも連想できなくないほどだ。桜は、その年その年で誰と見たか、どんな天気で見たか、その年の花の咲き具合など毎年の景 [続きを見る]

  • 新潟で人気の結婚指輪ブランド【にわか・ニワカ】の制作へのこだわり

    ブライダルジュエリーは宝飾品といわれる我々の業界取扱品の中の一部のものを指す。タイミングも限られ「結婚」に集中した瞬間のものであるし、購入の動機も「結婚生活に必要だから」という理由に基づく部分があったり、一生に一度の婚約指輪(エンゲージリング)結婚指輪(マリッジリング)のタイミングしか接点を持たない人も多く存在し、それまでとその後の人生ではもう購入機会がないかもしれないものなのに、こだわって選んだ [続きを見る]

  • 新潟で春入籍の花嫁様におすすめの結婚指輪【にわか】茜雲

    茜雲は朝日を浴びて茜色に照り映える雲をデザイン。どこまでも広がるふたりの未来を、明るくなる空に例えて清々しく表現したリングです。茜色の雲は、太陽が沈んでゆく夕焼けの空ではなく朝日が昇ってゆく朝焼けの空に現れる雲です。 [続きを見る]

  • 新潟で結婚指輪検索中の花嫁が注目の人気ジュエリー【にわか・ニワカ】

    にわか【ニワカ】のブライダルジュエリー、婚約指輪(エンゲージリング)結婚指輪(マリッジリング)の中で人気なデザインはエンゲージリングが露華(ろか)、マリッジリングが朝葉(あさは)のセットリングだ。セットリングとは、にわか【ニワカ】などブライダルジュエリーブランド側からデザインの着け方の提案がある物で、重ねて着けると婚約指輪(エンゲージリング)結婚指輪(マリッジリング)のデザインがぴったりと隙間なく [続きを見る]

  • 新潟結婚指輪は和風でこだわりの【にわか・ニワカ】ブライダルリング

    にわか【ニワカ・NIWAKA・俄】は現在、日本を代表する老舗ブライダルジュエリーメーカ―のひとつだ。その制作はブライダルジュエリーといわれる婚約指輪(エンゲージリング)結婚指輪(マリッジリング)だけでなく、ハイジュエリーといわれる一般ジュエリー(おしゃれ用のネックレスや指輪)よりも高額で、ルビーやサファイヤなどの貴石を含む厳選された石や美しいダイヤモンドなどを使用していること、芸術的観点が制作に見 [続きを見る]

  • 新潟にわか【ニワカ】で人気の高い結婚指輪ジュエリーをチェックする

    ブライダルジュエリーブランド選びで悩んでしまうカップルにお伝えしたいことは、一生もの選びで、にわか【ニワカ】が他のたくさんのカップルにも支持があるかもしれない、誰かとかぶるかもしれないということよりも、ブライダルジュエリーブランドにわか【ニワカ】のコンセプトが、ふたりの一生ものを考える感性にヒットしたことにフォーカスしてほしい。婚約指輪(エンゲージリング)結婚指輪(マリッジリング)で他人と被るとい [続きを見る]

  • 新潟の結婚指輪でストーリーを想う人気のにわか【ニワカ】

    にわか【ニワカ・NIWAKA】の人気のエンゲージリング(婚約指輪)のシリーズに柊(ひいらぎ)がある。柊というクリスマスに飾られるとげとげの緑色の葉を思い浮かべる。にわか【ニワカ・NIWAKA】ブライダルジュエリーシリーズのエンゲージリング(婚約指輪)は花の名前や彩りの華やかな情景がテーマになっているものが多く、「ヒイラギ」というと一旦、婚約指輪、エンゲージリンツ、ダイヤモンドなどのキラキラととした [続きを見る]

  • 新潟【にわか】が贈る春の桜、ダイヤモンドエンゲージリング

    にわか【ニワカ】初桜(ういざくら)マリッジリング(結婚指輪)レディスデザインは、ひとひらの桜の花びらがデザインになっている。春に大切な人と花見に出かけ、風に舞う桜の花びらを手元で受け取ったような、とてもロマンチックなデザインだ。桜の枝の伸びやかな動きも美しく表現されていて、手元側に深めにカーブするデザインは女性の手元をすっきりと映し出してくれる。出会った頃のふたりを映し出すような、初々しく美しい桜 [続きを見る]

  • 【にわか・俄】が提案する新潟でも朝日が輝くダイヤモンド婚約指輪

    世界遺産にも登録され、世界にもその美しさが知れ渡る日本を代表する山、富士山。富士山から望む朝日は特別に美しい。何か神様の力を手に入れることができるようなパワーに満ち溢れている。その目には見えない力は、富士山だからなのだろうか、もしくは朝日がそう見せるのだろうか。現代は携帯電話に様々な機能が搭載され、日本全国どこにいても見たい画像や知りたい情報を手に入れることができる。富士山から望む朝日の画像も、検 [続きを見る]

  • 【にわか】新潟が贈る特別なピンクダイヤモンドエンゲージリング茜

    にわか【ニワカ】は約1200年の間、天皇家が居を構えた日本の中心地、日本史を育んできた古都京都にジュエリー工房を構えるブライダルジュエリーブランドだ。彫金師が宝飾品いわゆるジュエリーを製作する工房は日本全国様々な場所に多くある。特に多くの職人が集まり、大小多くの工房が集まる場所として有名なところは、山梨県甲府市、東京都台東区御徒町、そしてブライダルジュエリーブランドにわか【ニワカ・俄】が拠点を構え [続きを見る]

  • 新潟にわか【ニワカ】の人気スリーストーンエンゲージリング白鈴

    1200年の歴史の宿る古都京都発祥の老舗ブライダルジュエリーブランドにわか【ニワカ】のダイヤモンドリングの婚約指輪(エンゲージリング)はひとつひとつのデザインに「和」コンセプトと日本の美しい情景を込めた名前が付いている。京都が本店のにわかだが、ここ新潟でもその多彩なデザインを見ることができる。日本の美しい情景というと、春の桜や夏の海、秋の紅葉、冬の雪景色など、まだその情景に付いてくる独特な瞬間があ [続きを見る]

  • 新潟にわか【ニワカ】エンゲージリング花麗(はなうらら)に花嫁が注目

    にわか【ニワカ・俄・NIWAKA 】花麗(はなうらら)はジュエリー自身がまるで旋律を奏でるように歌い、美しく咲き誇る花をイメージしているようなコレクション。幸せに満ち、麗かな生活を楽しむ、そんな女性の輝きをダイアモンドの花で表現している。美しいシルエットを際立たせながら、女性らしいデザインに仕上げたリング、ペンダント、ピアスがある。ダイアモンドが一面に敷き詰められたリングは、花びらが風に揺れ動く様 [続きを見る]

  • 新潟にわか【ニワカ】から雪の結晶を表す特別な婚約指輪ダイヤモンド

    「天からの贈りもの君の薬指にひとつ」にわか【ニワカ・俄・NIWAKA】婚約指輪(エンゲージリング)「花雪(はなゆき)」に込められた詩だ。にわか【ニワカ・俄・NIWAKA】のウエディングリングシリーズにはひとつひとつの婚約指輪(エンゲージリング)結婚指輪(マリッジリング)に日本の情景や「和」の想いが込められた名前と詩が付いている。「花雪(はなゆき)」は雪の日に空から無限に降ってくる雪の中に見える結晶 [続きを見る]

  • 新潟の和リングブランドにわか【ニワカ】で永久を誓う桜の結婚指輪

    京都の桜といえば世界遺産登録もされている豊臣秀吉が最後の花見を行ったといわれる醍醐寺の桜、「醍醐の花見」が有名だ。豊臣秀吉が桜の花見のために数か月の準備期間をもって近隣から約700本もの桜を持ち込み植えたとされている。花見には正室、側室を合わせ家来1000人ほどの人を呼び盛大に行われたという。恋多き、人に愛された豊臣秀吉は自身が愛した多くの人と桜の花を眺め続く未来へ願いを込めていたのかもしれない。 [続きを見る]

  • にわか【俄・NIWAKA】花匠の彫(かしょうのほり)太め結婚指輪、本格和彫り結婚指輪を提案

    「花鳥風月」とは。私は、和の屏風に描かれる花や風のようなもの、寺院などに置かれたものに描かれている煌びやかなものという勝手なイメージがあった。なので、にわか【俄・NIWAKA】花匠の彫(かしょうのほり)は日本の花鳥風月の美意識で展開されると書かれていても、日本らしい絵柄や四季を表す自然の情景であったら、それが「花鳥風月」と納得していた。調べてみると、「花鳥風月」とは自然の美しい風景や、自然の風物、 [続きを見る]

  • にわか【俄・NIWAKA】で花嫁に人気のぴったり重なる重ね着けエンゲージリング、朝日を浴びた朝露の輝き

    重ね着けとは女性にだけできる、特別な着け方だ。結婚やお祝い、幸福、継続、継承、出産など自身にとって喜ばしいこと、幸せなことがこの先も重ね重ねとやってくるように願いが込められて始まったものが重ね着けだ。にわか【俄・NIWAKA】でも多くの重ね着けデザインがある。結婚指輪(マリッジリング)をペアで持つこととは違い、ジュエリーを重ねるように身に着けることが重ね着けを指す。結婚すると日頃の装いに結婚指輪が [続きを見る]

  • にわか【俄・NIWAKA】ことほぎエンゲージリングは花嫁憧れの王道ダイヤモンドセッティング

    にわか【俄・NIWAKA】ことほぎエンゲージリング(婚約指輪)マリッジリング(結婚指輪)はシンプルなデザインを基本にした選べるカスタムブライダルリングシリーズだ。結婚指輪(マリッジリング)はまっすぐな指輪の形状を基本とし、幅や縁取りの装飾、仕上げを選べるようになっている。中央に大きなダイヤモンドが輝く婚約指輪(エンゲージリング)はそのシンプルな結婚指輪(マリッジリング)のデザインを邪魔しないように [続きを見る]

  • にわか【ニワカ】ダイヤモンド婚約指輪の唐花を新潟で選ぶ

    和柄の唐花(からはな)は牡丹のような大きな5弁の花から蔦が伸びる形が基本形だ。花と蔦が着物の全面に描かれているものを小紋柄といい、裾から肩にかけて蔦が美しく伸び上がってくる柄をつけさげといって、着物としては格が上の柄になる。にわか【俄・NIWAKA】唐花(からはな)はエンゲージリング(婚約指輪)の中央の大きなダイヤモンドが神秘の美しさを表す、唐風の花を指しており、横に伸びる波打った型取りのメレダイ [続きを見る]

  • にわか【俄・NIWAKA】誕生の地、1200年の歴史の街、古都・京都へ想いを馳せる

    京都で桜といえば、世界遺産にも登録されている醍醐寺の桜だ。平安京時代から桜の名所として知られていた京都の醍醐寺。その醍醐寺におよそ700本もの桜を植えて「醍醐の花見」を行った豊臣秀吉の話はあまりにも有名だ。桜は天皇も将軍も、聖職者も一般庶民も春に愛でる美しい花。そして、2020年代を迎えた今も、人々を癒し守ってくれる日本を代表する花だ。ブライダルジュエリーブランドにわか【俄・NIWAKA】の初桜( [続きを見る]

  • にわか【俄・NIWAKA】ダイヤモンドエンゲージリング(婚約指輪)でスペシャルなプロポーズを演出する

    プロポーズとは大切なお互いを喜ばせるイベントだ。ダイヤモンドのエンゲージリング(ダイヤモンドの婚約指輪)はふたりの絆を結ぶ決意の証だ。通称「パカってする指輪」ではあるが、意味合いとしては決意のもので、その決意は永遠に変わらない、ダイヤモンドのように固く不変のものであるという真意の方だ。「パカっ」とするのはイベントなので、人生にたった一度訪れる大切な決意の瞬間をどう演出するかは、固い決意をより印象的 [続きを見る]

  • おしゃれだねって褒められる、新潟で人気のにわか(ニワカ)の婚約指輪と結婚指輪

    「結婚」の記念品として相応しく、でもこだわりの高い婚約指輪(エンゲージリング)と結婚指輪(マリッジリング)としておすすめなのが、俄【にわか】です。 [続きを見る]

  • にわか【俄】京木目に見る、幸せの日を祝うネーミングとシンプルで和モダンな結婚指輪デザイン

    にわか【俄(NIWAKA)】京木目(きょうもくめ)から結婚するふたりへ様々な贈りものが用意されている。まずその祝福や明るい未来を願った名前だ。ひなた・一路(いちろ)・なごみ・睦(むつみ)・長閑(のどか)の5つのデザインがある。すべて、シンプルなストレートラインのデザイン結婚指輪(マリッジリング)になっており、着ける人の年齢や好み、シーンを選ばない仕様だ。結婚指輪(マリッジリング)の幅も3mm前後に [続きを見る]

  • 新潟婚約指輪 にわか(ニワカ)のダイヤモンドの輝きと【白鈴】のストーリーとデザインの魅力

    にわか【俄】のリングは全ての婚約指輪(エンゲージリング)結婚指輪(マリッジリング)ひとつひとつにコンセプトと名前が付いています。にわか【俄】のブライダルリングは、熟練のクラフトマンが想いを込めて作り、全てのリングが小さな芸術作品として細かい部分まで綿密に表現され、おふたりが描く未来とおふたりのストーリーを重ねながら、一生涯身に着けられるにわか【俄】の婚約指輪(エンゲージリング)結婚指輪(マリッジリ [続きを見る]

  • 新潟で人気のダイヤモンドエンゲージリング!にわか(ニワカ)の縁結びデザイン結(ゆい)

    にわか【俄】結(ゆい)はその漢字の意味の通りに、「結ぶ」「結ばれる」という意味の俄【にわか】NIWAKAダイヤモンドのエンゲージリング(婚約指輪)だ。古来より日本では縁起の良い贈りもの、大切な贈りものに水引をまく習慣がある。水引とはどういったものかというと、紙をくるくるとひも状に丸め、水糊で固めた飾り紐のことを指し、現代では結婚式のご祝儀袋の結び紐に使われたり、内祝いなど贈りものの紐に使われたりし [続きを見る]

  • 【俄 にわか 婚約指輪】睡蓮の花の決意が輝きを優しく包み込む

    男女が恋に落ち、将来を共に過ごしたいと決意し、想いを伝えるプロポーズの際に男性は花束とダイヤモンドのエンゲージリングをもって女性のもとを訪ねる。男性が決意して動くプロポーズには「花束」や「ダイヤモンド」が付き物だ。春に大地から起こる温かく高揚した空気感を花に込めて、ダイヤモンドの不変性と力強い輝きにふたりの未来の始まりと重ねて贈るのかもしれない。花を見ていると不思議とパワーが湧いてきて、笑顔になる [続きを見る]

  • 俄 (にわか) で本気サプライズプロポーズに臨む人を応援!

    婚約指輪(エンゲージリング)はこの贈り主の価格価値やこだわり感を伝えるツールとしてダイヤモンドの4C、鑑定書が用いられるのだが、俄(にわか)NIWAKAの婚約指輪(エンゲージリング)のダイヤモンドは、俄(にわか)NIWAKAダイヤモンドを採用することで、そのこだわりを表現している。俄(にわか)NIWAKAダイヤモンドとは日本に古来伝わる、和の白銀比、1:1:√2の正方の比率を取り入れた、別名「大和 [続きを見る]

  • 【俄 にわか】NIWAKA結婚指輪のルーツを探る

    婚約指輪(エンゲージリング)結婚指輪(マリッジリング)検索ではなく、単純に「にわか」と聞くと、「にわか雨」や「にわかに色づく・・・」などとっさに、瞬時に変わる、変化するという意味を思い浮かべる人が多いかもしれない。他に地方によるが、祭りの中で「仁和加(にわか)」を用いる地域もある。博多仁和加といって福岡市指定無形民俗文化財に指定された、歴史と伝統のある郷土芸能で、「ぼてかずら」に「にわか面」とお言 [続きを見る]

  • 【俄 にわか】NIWAKAダイヤモンドが秘めたストーリーと美しさ

    日本のブライダルジュエリー市場で人気と注目を集める俄(にわか)NIWAKA。ハイジュエリーを手掛ける熟練の職人が作り出す日本の美意識をデザインやコンセプトに取り入れる俄(にわか)NIWAKAの婚約指輪(エンゲージリング)。俄(にわか)NIWAKAの婚約指輪(エンゲージリング)のメインであるダイヤモンドは『NIWAKAダイヤモンド』と言い俄(にわか)NIWAKAオリジナルのカットを施す美しいダイヤモ [続きを見る]

  • 【俄 にわか 初桜】婚約指輪と結婚指輪のセットリング

    「初桜(ういざくら)」。そのリングに込められたストーリーは、「初々しさは 薄紅の桜の如く」である。出会った頃の初々しい気持ちを薄紅の桜でイメージした繊細さを感じさせるデザインである。 [続きを見る]

  • 【俄 にわか ことのは】ラインアップ豊富な婚約指輪

    サプライズプロポーズを仕掛けたい男性にとって、女性の左の薬指のサイズがわかっているかどうかは悩みどころとなります。せっかくサプライズプロポーズを仕掛けるのに、彼女に「左手の薬指のサイズ教えて」というのも野暮なものと思うのですが。そもそもなんで婚約指輪(エンゲージリング)は左手の薬指に着けるのか、この理由には諸説ありますが、まず指輪の意味として、右手は「発信」の指を意味する手で、左手は「受信」の指を [続きを見る]

  • 【俄 にわか ことほぎ】和の心が息づく王道の婚約指輪

    俄(にわか)NIWAKAことほぎシリーズは1200年の歴史の息づく街、京都発祥のウエディングリングブランド俄(にわか)NIWAKAの中で、唯一シンプルで直線的なデザインを採用し、固定数種類の形からお好みのリング幅や装飾アレンジを選べるスタイルの婚約指輪(エンゲージリング)結婚指輪(マリッジリング)のシリーズだ。 [続きを見る]

  • 【俄 にわか】新潟の花嫁に人気!NIWAKA 露華・朝葉

    俄(にわか)NIWAKAの婚約指輪(エンゲージリング)結婚指輪(マリッジリング)はひとつひとつのリングを熟練の職人が丹念に仕上げていく。爪留(ダイヤモンドを留めている小さく丸い粒状の金属パーツ、ダイヤモンドのガードル部分に金属パーツをひっかけて留める方法)、彫留(リングのダイヤモンドをセッティングする部分に直接リング地金から金属を持ち上げて留める方法)など細かな造形と細部に至る美しい仕上げはジュエ [続きを見る]

  • 俄 (にわか) の婚約指輪に太陽モチーフが多い理由

    暁(あかつき)は結婚の始まりにプロポーズでいただく婚約指輪(エンゲージリング)のデザインの名前だ。「暁」とはまさに太陽が今から昇るまだ薄暗い時期のことを指す。そこにゆっくりと太陽が昇り、顔を出したばかりの太陽の横にすじ状に光が伸びる、そんな様をデザインに落とし込んでいる。中央の決意を込めた俄(にわか)NIWAKAダイヤモンドが太陽そのものを表している。
    茜雲(あかねぐも)は朝日を浴び [続きを見る]

  • サプライズにぴったり! 俄(にわか)の婚約指輪はここがすごい!!

    サプライスプロポーズ、プロポーズをこれから仕掛けたい男性にとって大きなネックになることが、彼女の左の薬指のサイズだ。身長などは何となく隣に立っている雰囲気や、何気ない会話の中で出てくる話題かもしれない。しかし指のサイズはなかなか日常の会話の中では出てこない話題になっている。もし彼女から指輪の話題、もしくは指輪のサイズの話題が上がっているとしたら、それはもうプロポーズの催促をされていると言っても間違 [続きを見る]

  • 【俄 にわか】久遠(くおん)で綴る永遠に続く愛のかたち

    エタニティリングを婚約指輪に選ぶなら、圧倒的にフルエタニティリングをお勧め。美しく輝くダイヤモンドが婚約指輪の全周にわたり楽しめる特別なデザイン。「久遠」に込められた想いは、結婚の想いと共に途切れない想いと未来の平穏への願い。
    プロポーズにぴったりの女性目線エンゲージリング。
     [続きを見る]

  • 【俄 にわか】「和」のダイヤモンドで迎える新年

    本物のダイヤモンドの美しさを見極める重要なことは、もう一つ、提供する側の意識だ。買い付けるダイヤモンドに意味と信念をもって買い付けているかが私は最も重要だと考える。ダイヤモンドを買い付ける際に選ぶ環境と時間帯が大切なことは前述の通りだ、それをバイヤー(買い付け担当者)がダイヤモンドを贈る人の気持ちに立って選んでいるかが重要なのだ。贈られた相手がダイヤモンドをどのシチュエーションで見つめても感動でき [続きを見る]

  • 【俄 にわか】ダイヤモンドエンゲージリング

    サプライズプロポーズは世の女性の人生で待ちに待った最高の瞬間だ。大好きな彼から、ある日呼び出されていつものデートコースでドライブ。いつも通りの彼の横顔、いつも通りの助手席に座って、何気なく窓の外の景色を眺める。結婚したらこの風景がもっと身近になるのかな、など結婚前の女性は未来への妄想がどんどん膨らむ。プロポーズされる時の瞬間もいくつかシュミレーションしているはず。 [続きを見る]

  • 【俄 にわか月彩】一生に一度、大切な人への上質な婚約指輪

    俄(にわか)NIWAKAは婚約指輪・結婚指輪専門店というのはもちろんですが、ハイジュエリーブランドという位置付けです。ハイジュエリーブランドが放つ個性的な美しさとデザインは他のブライダルリング専門ブランドにはない唯一無二のものです [続きを見る]

  • 【俄 にわか ことほぎ】ダイヤモンドの輝きに未来を重ねる

    にわか(ニワカ)のエンゲージリングは名前と詩がそのリングひとつひとつに付いていて意味ごと贈ることができるので、プロポーズを決めた瞬間の強く熱い想いを、婚約指輪に込めて贈ることができるのです。 [続きを見る]

  • 【俄 にわか ことほぎ】婚約指輪のダイヤモンドの輝き

    俄(にわか)NIWAKAのエンゲージリングは名前と詩がそのリングひとつひとつに付いていて意味ごと贈ることができるので、プロポーズを決めた瞬間の強く熱い想いを、婚約指輪に込めて贈ることができるのです。俄(にわか)NIWAKA、ことほぎKOTOHOGIは「祝福の言葉心にしみる」という詩が付いていて、祝いの言葉を意味する「ことほぎ」。ふたりにお祝いの言葉が集う幸せな未来をイメージ。 [続きを見る]

  • 【俄 にわか花麗】憧れのエタニティーリングを結婚指輪に!

    エタニティリングの中でもこのようにサイズ違いのダイヤモンドがセッティングされているリングは珍しい。「人と被りたくない」「珍しいエタニティーリングが欲しい」「珍しい結婚指輪を探している」などのリクエストがある方に非常に俄(にわか)NIWAKA 花麗(はなうらら)マリッジリングはオススメな1本。 [続きを見る]

  • 【俄 にわか】婚約指輪でサプライズプロポーズを成功させる!

    サプライズプロポーズにあたって、重要視してほしいのはエンゲージリングのダイヤモンドの輝きだ。エンゲージリングは贈る男性にとってもこだわりの重要なものであるが、いただく女性にとってもまたとても重要で、想いの深いものになる。ダイヤモンドの品質や輝きにこだわって選ばれた婚約指輪は当然高価なものであろうし、婚約指輪をもらうことで、この先ふたりで人生を歩んでいこうと心に強く誓うものだ [続きを見る]

  • 【俄 にわか】新潟県で人気の愛され婚約指輪と結婚指輪!

    結婚指輪の「雪佳景(せっかけい)」には、”雪の朝 白は陽に染まり 未来を輝かす”という詩がついております。雪原の上に朝陽が昇り、一面がきらきらと輝くところをイメージしたリングです。レディースデザインは、プラチナとピンクゴールドの2色になっておるので、朝日に照らされ明るくなる世界のイメージそのものですよね! [続きを見る]

  • 【俄 にわか京杢目】和婚に年輪・木目模様で話題の結婚指輪!

    ブライダル情報誌の中でも目立ち始めているのが「神社婚・和風結婚式」だ。2020年猛威を振るっている新型コロナウイルス感染拡大の影響により海外挙式(海外ウエディング)が選択肢の中から消えざる得ない状況に陥り、国内で挙式をするなら「和」にこだわっていこうとする傾向がみられます。 [続きを見る]

  • 【俄 にわか】今、NIWAKAで買うべきトレンドマリッジリング 人気の結婚指輪 3選!

    生涯ともに歩むことを誓ったときから、一生身に着ける結婚指輪(マリッジリング)。せっかく選ぶならご友人や同僚からおしゃれだね!や似合うね!とほめてもらいたいですよね。そんなおしゃれに敏感な今どき花嫁様におすすめの結婚指輪(マリッジリング)をご紹介いたします。 [続きを見る]

  • 【俄 にわか花匠の彫り】美しい和彫りを楽しむ結婚指輪

    ダイナミックな和彫りを楽しむことのできる俄(ニワカ)NIWAKAの結婚指輪「花匠の彫り(かしょうのほり)」人と違う結婚指輪(マリッジリング)、幅広でかっこいい結婚指輪(マリッジリング)を求めているこだわりと個性派の新郎新婦に選ばれています。時代を超えて日本人が育んだ花鳥風月の美意識。今日まで受け継がれた名工の技。和彫りの煌めきは、花の可憐なひとひらであり、様々に光を映す面はうつろう時を感じさせてく [続きを見る]

  • 【俄 にわか】同じじゃない!大人女子が買うべき婚約指輪!

    女性にとって婚約指輪(エンゲージリング)は、永遠の憧れです。婚約指輪(エンゲージリング)は、一生に一本の大切な愛の証だからこそこだわって選びたいのが女性の本音です。今の直感で選べばいいのか、未来のことを見据えて重厚感があるものを選べばいいのか悩ましく思いますよね。そんな悩める女性が行きつくブランドが「NIWAKA(俄)」です。 [続きを見る]

  • 【俄 にわか】デザイン比較!自分に似合う指輪の選び方!

    婚約指輪(エンゲージリング)や結婚指輪(マリッジリング)を探し始めるとデザインの種類の多さにがあると驚かれる方も多いのではないでしょうか?婚約指輪(エンゲージリング)も結婚指輪(マリッジリング)も大きく分けるの3つのデザインから作られています。 [続きを見る]

  • 【俄 にわか月彩】NIWAKAが描く美しく豊かなる月の彩り

    【NIWAKA俄(にわか)】にも月をモチーフにしたウエディングリングが多くある。月は地球の周りをいつも付かず離れず(すっとくっついていますが)回っている。地球が太陽のまわりを365日で公転しているのに対し、月は地球の周りを29.5日で公転しているので、太陽と地球と月の位置の関係で、夜、地球が暗い時間を迎えたときに、太陽に照らされて見える月は、規則的な満ち欠けを見せてくれる。その時期によって見える月 [続きを見る]

  • 【俄 にわか笹舟】シンプルで普遍的な男女同一デザイン

    【NIWAKA(にわか)笹舟(ささぶね)】のような、幅とダイヤモンドナシなどデザインが全く同じもというのは、最近には珍しいものなので、ふたりで全く同じデザインが身に着けたいという方にお勧めです。幅も3㎜ほどなので男性にも女性にも着けやすく、細すぎなく、緩やかな動きがとても上品に見せてくれます。そして俄ならではの金属面に映る光の陰影が【NIWAKA(にわか)笹舟(ささぶね)】は特に美しいと思います。 [続きを見る]

  • 【俄 にわか 婚約指輪】普遍的な美の象徴 ことほぎの美しさ

    NIWAKAの結婚指輪はふたりを祝福する証と同時に美しく普遍的なジュエリーでありたいと考えています。シンプルだからこそのクオリティの高さ。熟練の職人によって隙間なく丁寧に留められており、永遠に輝き続けるのがNIWAKAのことほぎです。 [続きを見る]

  • 【俄 にわか白鈴】「こんな婚約指輪が欲しかった」の声続出

    【NIWAKA白鈴(しろすず)】は男性から女性へ、サプライズでプロポーズをするときにも人気のデザインだ。つまり花嫁支持が高く、男性には人気というふたりの結婚に幸せの風を運んでくれる秀逸デザインなのだ。【NIWAKA白鈴(しろすず)】はその様々な角度からのデザインにもすずらんの花のイメージを見ることができ、ふっくらとしたやわらかい花の感じが花言葉のように、贈り主からの熱い想いとなって心に届く。目で見 [続きを見る]

  • 【俄 にわか鯨】 家族愛や母性の象徴、鯨の結婚指輪

    【NIWAKA鯨(くじら)】「泰然と大海原を泳ぎゆく」という詩が付いており、「大海原にゆったりと泳ぐ鯨の姿をイメージした結婚指輪。家族愛や母性の象徴である鯨に、ふたりの家庭を見守ってくれるよう願いを込めています。」と提案がある。結婚指輪全周に鯨の姿を写した形が途切れなく施されている。柔らかく美しい曲線で描かれる金属素材(プラチナ)が光の陰影を作り出し、まるで海の中で泰然と泳ぐ鯨そのもののようだ。 [続きを見る]

  • 【俄 にわか】ストーリーがある俄ダイヤモンド

    俄のダイヤモンドにはストーリーがこめられています。
    本日は俄ダイヤモンドのこだわりと込められたストーリーについてまとめてみました。
     [続きを見る]

  • 【花匠の彫り】和ブランド徹底解剖!俄 にわか和彫りの魅力

    和ブランドのNIWAKA(俄)は、受け継がれる日本の美が息づく作品に溢れているところが特徴です。俄のリングには、ひとつひとつ名前があり、美しい日本の情景と想いが込められています。 それがまるでふたりの思い出のような美しい風景に重なる…指にした瞬間から、ふたりの新しいストーリーが始まるそんな指輪がたくさんあります。 [続きを見る]

  • 【俄 にわか】こだわる男性が気に入る、結婚指輪 初桜の秘密

    「初々しさは薄紅の桜の如く」という詩が付いていて、「出会った頃の初々しい気持ちを薄紅の桜でイメージした婚約指輪と結婚指輪。エンゲージメントリングのダイヤモンドを枝に咲く桜の花に見立て、マリッジリングのピンクサファイアは桜の花びらを表現しています。」と提案している。「桜」は日本を代表する春の季節の花で、桜が咲く頃は出会いの季節であり始まりの季節であるので、それぞれのカップルにも桜にまつわるエピソード [続きを見る]

  • 【俄 にわか】ふたりの約束をカタチに。綴る婚約指輪 -ことのは-

    「婚約」と「結婚」の違いとは?わかっているようでわからない方も多いと思います。「結婚」「婚約」はプロポーズから始まります。プロポーズは男性(もしくは女性)から結婚の意思を相手に伝え、相手が承諾することで二人は結婚の意思を固め、これから結婚し夫婦となることを約束するのです。そして婚約の想いをカタチとして示すのが婚約記念品で、プロポーズの決意と共に、男性が女性に贈る代表的な婚約記念品が「婚約指輪(エン [続きを見る]

  • 【俄 NIWAKA】にわかの持つ確かな存在感 その魅力に迫る

    結婚指輪というとどんなものを想像するだろうか。デザインの良さや着け心地、素材、価格など意識すべき点は多い。しかし、その前段階で結婚指輪を必要とする人が必ずしもジュエリーに精通しているとは限らない。むしろ自身の結婚のタイミングで初めて指輪に意識を向け、手に取る人のほうが多いかもしれない。 [続きを見る]

  • 上質な「和」ブランド にわか(ニワカ)のブライダルジュエリー

    【NIWAKA単衣(ひとえ)】「色かさね心かさね」という詩が付いていて、「単衣という裏のない広袖の着物の上に、衣を重ねていくと晴れやかな十二単になります。ふたりの想いを重ねていく様を着物に見立て、襟もとをデザインした結婚指輪です。」と提案がある。 [続きを見る]

  • 日本の美意識が宿る にわか(ニワカ)が贈る和テイストのエンゲージリング

    「初々しさは薄紅の桜の如く」という詩が付いている。出会った頃の初々しい気持ちをイメージした婚約指輪。中央のダイヤモンドを留める爪を5本にして、指輪のアーム部分を桜の枝に見立てたデザイン。エンゲージリングがそのまま枝に咲く桜の花に見立てられている。 [続きを見る]