TEL.025-246-0007
営業時間 11:00 a.m. - 19:30 p.m.
新潟の婚約指輪・結婚指輪 > 新潟の記念日ジュエリー人気を牽引するハワイアンジュエリーの魅力

新潟の記念日ジュエリー人気を牽引するハワイアンジュエリーの魅力

新潟の記念日ジュエリーをけん引するハワイアンジュエリーの魅力

ハワイアンジュエリーとは、リングやペンダント、ブレスレットなど日常的に身に着けられるジュエリーに、ハワイの自然界からくるスピリチュアルな絵柄が彫られたものを指す。彫られる絵柄は、ハワイを囲む海や風、日差しや草花で、ハワイの人々は、自然界にある物は神様が宿り、ハワイに暮らす人日を守り、祝福のパワーを贈ってくれていると信じている。そのパワーを形にして彫ってあるのだ。ハワイにはそもそも文字の文化がなく、フラといって、民族の中に伝統的に伝わっている踊りで、自然の恵みや自然災害についてなど文化を継承してきた。フラのポージングに意味があるのだが、ハワイアンジュエリーに彫られている絵柄も、フラのポージングのような意味のある絵柄が選ばれているのだ。
フラは日本ではフラダンスという方がなじみが深いかもしれない。しかし、「フラ」だけで、神にささげる踊りのことを表すので、日本人が使うフラダンスは実は、意味が重複してしまっているのだ。

海のきれいな新潟でハワイアンジュエリーの結婚指輪ブランドMAKANA(マカナ)が結婚指輪にぴったり

記念日ジュエリーの条件を満たす、ハワイアンジュエリーの由来

ハワイアンジュエリーというと、カジュアルな印象や、観光地に売られている安価な印象を持つ人が多い。新潟でも、ハワイアンジュエリーには興味があるが、年齢が若い人向けという印象で興味を持ちずらいという意見や、マリンスポーツに精通しているわけでもないのでハワイアンジュエリーに興味があると言っていいのかわからないという声を聞く。確かにハワイアンジュジェリーというと、サーフィンなどのマリンスポーツをしている人、ハワイに精通している人が身に着けるものという印象も理解できる。しかし実はハワイアンジュエリーのそもそも持っている意味を知ると、おしゃれ感や流行りだけではない魅力が見えてくる。

新潟で結婚する花嫁に彫デザイン

ハワイアンジュエリーに彫られている図柄の意味とは

上記にあるゴールドのリングは、結婚指輪として人気の高いMakanaのフラット7mmのマイレリーフ柄のリングだ。パッと見た感じでも、存在感があり、おしゃれ用、カジュアル向けという感じがするが、実はこのマイレリーフとはハワイでは、神が宿る神聖葉であるマイレがモチーフになっている。マイレとは、フラの時にダンサーが王冠のように頭にのせていたり、首から下げている緑の葉だ。ハワイに生息するツル科の植物で、魔除けの意味や結びつきを表す。ハワイの結婚式の際に新郎と新婦の腕をこのマイレリーフで繋いで、ふたりの結びつきを表す。
もし、ご自身がこのハワイアンジュエリーのマイレリーフを身に着けると、神様の祝福(守護)と外部との繋がりを導いてくれるパワーを身に着けることになるのだ。

新潟のハワイアンジュエリーとりあつかいてんはブローチです。

ハワイの海も風も新潟と繋がっている

ハワイでは、海は恵みをもたらす神聖な場所であり、海から吹く風も、神聖なパワーと恵みをもたらしてくれる。上のリングはハワイの海風を表現している。身に着けていると常に、豊かな流れが自身に吹き込んでくるのだ。
ハワイアンジュエリーは、結婚指輪のタイミングに持つ人も多い。今の結婚適齢期を迎えている世代の人は、そもそものおしゃれ感度が高く、自身がこの先10年20年経つときのイメージがしっかししている。現在20歳代の人が、40代になっても、持っているおしゃれ感は変わらないのだ。そうなると、そもそも、結婚指輪だからと言って、シンプルで当り障りないデザインにする必要が、あるようでないかもしれないのだ。
むしろ、結婚指輪をおしゃれ感を持って身に着ける方が、どんな場面にも着けやすいという考えもあるということだ。
この観点から、私は記念日ジュエリーに断然ハワイアンジュエリーをお勧めする。年齢を重ねてもおしゃれ感を高く持っていきたいという思いと、ハワイアンジュエリーの持つ、周りとの繋がり、自然界からの祝福をジュエリーを通して受け取って欲しいからだ。

ハワイアンジュエリーの可愛い婚約指輪と結婚指輪のブランドはMAKANAのダイヤモンドエタニティリング

オススメ関連記事