TEL.025-246-0007
営業時間 11:00 a.m. - 19:30 p.m.
新潟の婚約指輪・結婚指輪 > ドイツジュエリーの定番、CHRISTIAN BAUER(クリスチャンバウアー)の鍛造結婚指輪

ドイツジュエリーの定番、CHRISTIAN BAUER(クリスチャンバウアー)の鍛造結婚指輪

結婚指輪(マリッジリング)の起源は古く、古代ローマにまでさかのぼると言われている。お互いに指輪を贈り合う結婚指輪の歴史よりも先に、男性が女性に婚約の証として指輪を贈る習慣があったようだ。古代ローマにおいての婚約指輪は、現代のように、光り輝くダイヤモンドのエンゲージリング(婚約指輪)を贈るものではなく、約束を果たす誓いの証として、お互いに鉄の輪を贈り合う習慣だったようだ。そうなると指輪交換なのでやはり結婚指輪(マリッジリング)の扱いなのか?
古代ローマとは現在の地中海周辺を指すエリアで、イタリアを中心として、海を渡って世界征服を謀った時代謀った時代、エジプトの女王、クレオパトラもこの時代ですね。

つまり結婚指輪(マリッジリング)はヨーロッパにある結婚、誓いの習慣なのだ。指輪のかたち「円」になぞらえて、永遠に途切れない絆を表し、結婚という誓約が永久にめぐるという意味を表している。

CHRISTIAN BAUER(クリスチャンバウアー)はヨーロッパの中にある物づくりの国ドイツで作られる、鍛造製法の結婚指輪だ。通常ジュエリーの製作には鋳物(キャスト)といって、原形を作り型を取ってそこに高温で溶かした金属を流し込んで作る作り方が主流だ。ペンダントやブローチなどはその形が複雑で繊細なことから、金属部分は鋳物(キャスト)で製作されている。しかし結婚指輪(マリッジリング)は鋳物(キャスト)と鍛造(フォージング)の両方の方法で製作されることがある。鋳物(キャスト)は先ほどのように繊細なデザインのものに向く製作方法であるので、柔らかな曲線や、ダイヤモンドを細かくセッティングしたデザインに向く作り方だ。一方、鍛造(フォージング)は金属を熱と圧力で鍛えて製作するため、固く強い仕上がりになるので、リングの強度や線の美しさを求める結婚指輪(マリッジリング)には向く製作方法であり、リングが太めでボリュームのあるデザインが多いため、ダイヤモンドも大きなものが1石メインで留められていることが多い。

ドイツジュエリー(鍛造結婚指輪)CHRISTIAN BAUER(クリスチャンバウアー)の魅力は何といってもその確固たる存在感にある。寸分も歪まずになぞらえるその直線、ほとんどのものが3mm前後からの製作となっており、幅広なデザインは圧倒的な高級感を見せてくれる。店頭で実際にドイツジュエリー(鍛造結婚指輪)CHRISTIAN BAUER(クリスチャンバウアー)を指通してみた方は、重厚な結婚指輪の見た目からは全く想像できない、滑らかな指通りを感じていただける。幅広(太め)の結婚指輪ということは、ひとつひとつの結婚指輪のに使う金属の量が多くなる。つまり重たくなるのだ。だが、CHRISTIAN BAUER(クリスチャンバウアー)の結婚指輪は鍛造製法によって金属粒子を細かく叩き上げ、圧力をかけて強度を上げているので、滑らかな着け心地が実現し、着けているときにはまるで指に結婚指輪が吸い付いてくるような感覚を覚えるので、重さはむしろ高級感やホールドの良さに感じられる。