TEL.025-246-0007
営業時間 11:00 a.m. - 19:30 p.m.
新潟の婚約指輪・結婚指輪 > 究極のクオーツ「9F」は、こうして生まれた

究極のクオーツ「9F」は、こうして生まれた

現代で生きていく上で【時間】は必ず発生する。そしてそれを表すのものが【時計】なのだ。我々が今無くてはならない時計。何気なく見ている時計だが、この時計がじわりじわりと時刻が遅れていたり、進んでいたらどうだろうか?物凄くリズムが崩れることだろう。今現代にあるクオーツ時計(電池式時計)は実はグランドセイコーが生み出したものなのだ。そしてここに「クオーツを超えたクオーツ」の原点がある…

グランドセイコーの9Fクオーツ
「正確で」「見やすく」「美しい」こと。ブランドの誕生以来、グランドセイコーが追求する腕時計の本質を極限まで追い求めた先にたどり着いたのが、1993年に誕生した究極のクオーツムーブメント「キャリバー9F」です。年差(1年間の間での誤差の事)プラス・マイナス10秒以内という高精度を実現しながら、高トルクと省エネルギーを両立させることで、クオーツでは不可能だった長く太い針を回すことを可能にした「ツインパルス制御モーター」、規則正しい1秒を刻むために秒針のふらつきを軽減する「バックラッシュ・オート・アジャスト機構」、カレンダーを瞬時に切り替える「瞬間日送り機構」など、従来のクオーツの常識を覆す数々の新規軸が搭載されているのです

年差プラス・マイナス10秒以内の挑戦

グランドセイコーが世界に先駆けて導入した「エージング」によって、9Fクオーツムーブメントには、性能が安定した水晶振動子のみを厳選して使用しています。3ヶ月に及ぶエージングの工程では、一定の電圧をかけて人為的に経年変化を与えながら水晶振動子を選別し、振動数が落ち着く状態を作ってから搭載されます。さらに、1秒間に32,768回という超高速で振動すゆ水晶振動子は、温度変化によって振動数が増減するため、個体差に対応出来るように情報をあらかじめICに書き込んでおきます。水晶振動子の温度特性を計測し、それらとICをマッチングさせる事で、ムーブメントごとに最適な組み合わせの状態で仕上げた上で、時計内部の温度を1日に540回、センサー測定しています。そして、そのデータによってIC内で温度影響を判断し、水晶振動子の振動数の誤差を補正し、キャリバー9Fは年差10秒以内という高精度を実現しています。「クオーツを超えるクオーツ」の高精度は、極めて精密な幾多の工程を経て、ようやく実現するものとなるのです。

新潟結婚指輪 婚約指輪 エンゲージリング マリッジリング