TEL.025-246-0007
営業時間 11:00 a.m. - 19:30 p.m.
新潟の婚約指輪・結婚指輪 > 着け心地の良さが魅力。海外のハイクオリティーな結婚指輪

着け心地の良さが魅力。海外のハイクオリティーな結婚指輪

結婚指輪を選び始めると、そのブランドやデザイン多さに驚くと思います。また、「一生身に着ける」と思うとどんな基準で選んだらいいのか悩ましく思う方も多いと思います。そんな結婚指輪選びに悩んでいる方やこれから選び始める初心者におすすめの、”これを選べば間違いなし!”なハイクオリティーな結婚指輪をご紹介します。

なんで海外ブランドはハイクオリティなのか

新潟で人気の結婚指輪と婚約指輪 BROOCH 鍛造(たんぞう)ジュエリー | CHRISTIAN BAUER(クリスチャンバウアー)世界最高品質の鍛造ウエディングバンド

「なぜ結婚指輪を見に着けるのか」と聞かれると皆さんはなんと答えますか?日本人の多くは「そういうものだから」「結婚の記念だから」と答えます。海外の方に同じように聞くと「結婚指輪は相手の分身だから常に一緒にいるため」と答えるそうです!ロマンチックですね。このように海外と日本では、そもそも結婚指輪に対する考え方が違うので作りなども違うのです。
海外ブランドの多くが鍛造製法で指輪を作ります。鍛造は名前の通り金属を鍛えてつくります。金属の塊をたたいたり、圧縮したりと何度も圧力をかけながら作るので金属を安定させることができます。なので、非常に強度が高く、丈夫で歪みにくいのです。これは、大切な相手の分身である結婚指輪も生涯身に着けていけるようにという考え方が元になっています。また、大切な方が着けていた指輪を親族へ贈る文化もあることから長年使っても変わらないものという考え方があります。

鍛造製法のメリット・デメリット

メリット
・鍛造することで金属密度が高い指輪になる。
・変形に強く、高度も高くなる。
・鍛造製法のほうが手にしたときの質感(重厚感)が高い。
・鍛造製法は表面硬度が高いため磨いた際の輝きがも強くなる。
・金属密度が高いため、金属の表面が滑らかになり着け心地が良い。
デメリット
・曲線や複雑なデザインを作るのが難しい。
・デザインが真っ直ぐなストレートに限定されがち。
・伝統的な鍛造の場合は大量生産が難しい。
・職人の技量や経験が問われる。
デメリットの”職人の技量や経験が問われる”は、国家資格を持つ職人がいるブランドを選べば安心です!

ハイクオリティーな海外ブランドとはどんなブランド?

先ほど紹介した鍛造製法のデメリットにも挙げた”職人の技量や経験が問われる”を解決できるブランドがハイクオリティーと言えます。例えば、スイスのブランドの「FURRER-JACOT(フラージャコー)」です。スイスは高級時計を多く生み出す国で”物づくり国”と呼ばれています。結婚指輪を作りために国家資格であるゴールドスミスという資格を持った職人が指輪の制作にあたってくれます。
新潟でシンプルで可愛い着けやすい結婚指輪を選ぶならBROOCHで取り扱いのあるフラージャコーがオススメ
ザインは上品でセミオーダーで作ることが出来るリングディビデュエルシリーズもあります。2㎜幅の細めのデザインもあるので、指の細い方でも着けやすく人気です。
次にオススメのブランドは「CHRISTIAN BAUER(クリスチャンバウアー)」です。クリスチャンバウアーはドイツのブランドで、ベンツなどの高級車のパーツなども手掛けています。同じく国家資格をもつゴールドマイスターが指輪を作ってくれます。しっかりとしたボリューム感と高級感があります。
新潟市のブローチで選ぶドイツ製の鍛造の結婚指輪はクリスチャンバウアーがおすすめです。
どちらも鍛造製法で作られ、指通りも滑らかです。一度つけてみるとハイクオリティーと言われる訳が分かるはずです。
どちらのブランドも新潟だとBROOCH(ブローチ)に取扱いがあるので一度に見ることが出来ます。