TEL.025-246-0007
営業時間 11:00 a.m. - 19:30 p.m.

自然が生み出す美しさに思わず感動する新潟で【にわか】の結婚指輪

新潟にわか【ニワカ】が贈る朝日が輝くきれいなダイヤモンドエンゲージリング

自然界にある美しいものがモチーフになっている【にわか・俄・NIWAKA】ブライダルジュエリー

以前のコンテンツ清少納言の枕草子を取り上げたことがある。「春はあけぼのようよう白くなりゆく山際、・・・」。その時は、「かわいい」という女性特有の表現について書いたのだが、この枕草子は、四季の中で感じる最も美しいものについて書かれているので、冒頭、春の美しさに付いて書いてみようと思う。春は明け方が最も美しいという。確かにそうだ。空気はどこまでも澄み渡り、世界のすべての物は生み出されたばかりで真新しく、太陽の光もまだ赤やオレンジ色に輝く前の、雲を白く光らせている感覚。この美しい情景をモチーフにした婚約指輪(エンゲージリング)か結婚指輪(マリッジリング)が【にわか・俄・NIWAKA】にもある。【にわか・俄・NIWAKA】は平安京から始まるおよそ1200年もの間都が置かれ、日本の中心として文化文明を栄えさせた、古都、京都に本店アトリエを構える、老舗のブライダルジュエリーブランドだ。ひとつひとつの婚約指輪(エンゲージリング)結婚指輪(マリッジリング)には日本の美しい情景を込めた名前と詩が付いており、結婚を機に身に着ける人に、美しい意味や永久に続く幸せを願って着けてもらいたいという思いが込められている。その中に、朝日を題材にした婚約指輪(エンゲージリング)結婚指輪(マリッジリング)があるので紹介したい。

春の美しい明け方を思わせる【にわか】ダイヤモンドエンゲージリング

「闇を押しのけて新しい朝のはじまり」というのは【にわか・俄・NIWAKA】の朝日を題材にした代表的なエンゲージリング(婚約指輪)「暁」の詩だ。暁は正に、東の空の、山や海の裾野の暗闇が徐々に白んできて、ゆっくりと太陽が昇り始める様を描いている。太陽が生まれる瞬間を見て感動しない人はいないのではないか。「暁」はダイヤモンドを太陽に見立て、光を受けて横に光線を放つさまを指輪のデザインに落とし込んでいる。エンゲージリング(婚約指輪)としては珍しいふせこみデザインといって、ダイヤモンドを両サイドから伸びてくる腕で包み込んでいるようなデザインになっている。通常、婚約指輪(エンゲージリング)は爪といわれるダイヤモンドを土台から支える線状の金属で3から6か所で固定して留めているのだが、ふせこみはダイヤモンドをダイヤモンドと同じ高さの金属で2分の1以上包み込んで留めていくので、引っ掛かりのない滑らかな見た目と着け心地が実現している。爪留めのような、中心へと注目を集める華やかさはないが、穏やかで、力強い確かな存在感を見せてくれる。そして、このふせこみ留めが実現できるのは、【にわか・俄・NIWAKA】ダイヤモンドが専属バイヤーに厳選された美しいトリプルエクセレントと、にわか基準をクリアしていることが下支えしている。ダイヤモンドの輝きに確かな自信がある【にわか・俄・NIWAKA】だからこそのデザインでもあるのだ。

サプライズプロポーズに新潟婚約指輪ブランド、俄(にわか)NIWAKAのダイヤモンエンゲージリングを選ぶ

【にわか・俄・NIWAKA】暁はエンゲージリングをデイリーに使いたい花嫁向き

【にわか・俄・NIWAKA】暁はエンゲージリングをデイリーに使いたい花嫁にはもってこいのデザインだ。メインのエンゲージダイヤモンドが指輪のデザインの高さよりもはみ出さずに留められているので、身に着けていてダイヤモンドだけがどこかに引っかかるということはない。それでいて決意のダイヤモンドの表面は爪留めデザイン同様にしっかりと全面が正面から見えるので、特別感はしっかりと見えている。「暁」のセット着けマリッジリング(結婚指輪)には【にわか・俄・NIWAKA】「茜雲」が提案されている。指輪の中央で交わるようにくぼみが付いたデザインなので、「暁」エンゲージリングがぴったりと重なるようになっているので、重ね着けのぴったり感にこだわりたい花嫁にもお勧めなのだ。エンゲージリング(婚約指輪)は、生活環境の制約が許せば、常に着けていてもらいたいと私は思っている。身に着ける時間が長ければ当然、リング表面に小傷が付いたり、汚れが付いたりしてしまう。しかし、そのような場合に備えて、【にわか・俄・NIWAKA】では安心のアフターメンテナンスサービスがあるので、身に着けて、ふたりの想いが積もる、素敵な婚約指輪(エンゲージリング)にしてもらいたい。

新潟のNIWAKA・俄(にわか)

オススメ関連記事