TEL.025-246-0007
営業時間 11:00 a.m. - 19:30 p.m.
新潟の婚約指輪・結婚指輪 > 着け心地がいい結婚指輪(マリッジリング)3選

着け心地がいい結婚指輪(マリッジリング)3選

結婚指輪(マリッジリング)は毎日着けるものなので、結婚指輪(マリッジリング)選びで重要になるのが”着け心地の良さ”。毎日着けるものなのに「圧迫感がある」「痛い」など、着け心地が悪いとせっかく2人で選んだ一生物の結婚指輪なのに、着けることにストレスを感じてしまうと思います。そこで【着け心地がいい結婚指輪3選】を発表します!

まず1つめFURRER-JACOT(フラージャコー)
WeddingBand ウェディングバンド(ブラン・エ・ブラン)4623F 4622M
4623F , 4622M新潟結婚婚約マリッジ鍛造リング指輪BROOCHブローチフラージャコーFURRER-JACOTスイスメイド
スイスの老舗ブランド(1856年創業)のFURRER-JACOTは国家資格取得者であるゴールドスミス(貴金属細工師)が活躍する有名ブライダルブランドです。CNCマシン(コンピューター制御機器)を用いた鍛造製法&削り出しで生み出されるリングは硬く滑らかな仕上がりに。そのクオリティの高さは世界最高峰と称されるほど。
0.06Carat(カラット)と、結婚指輪の中では大きめなダイヤモンドをセッティングしていて、そのセッティングは地金をダイヤモンドの端と端の両側で挟み込んで留めているのが特徴です。この繊細でかつダイヤモンドの美しさを引き出すデザインはフラージャコーの代表的な1本。

2つめchristanbauer(クリスチャンバウアー)
カラフルリング 0241282-0S1591-001 0273638-0S1590-001
新潟でクリスチャンバウアーの丈夫でかっこいい結婚指輪を探すならブローチへ

ドイツに工房を構える鍛造メーカー。工業部門でMercedes-Benz(メルセデス・ベンツ)Porsche(ポルシェ)BMW(ビーエムダブリュー)など自動車部品や、ボーイング・NASAの航空部品などを製造していて世界のトップメーカーが認める工房です。クリスチャンバウアーは自社工房で使う素材の金属合金を行います。これは独自の素材配合で作ることにより、色の調整をこと細かく行う子幅広く生み出して実現出来ることと、鍛造製法に耐えられる良質な合金を作り品質をコントロール出来るのです。ブライダルジュエリーブランドで自社で合金をしているところはまずないです。
表面はスッキリとした平らな形状のリングです。異なる3つの素材(K18RG WG YG)を使い、シンプルな中にも遊び心や他のデザインにはなかなか無かった独創的な要素が盛りだくさんの指輪です。
指輪の内側を見ると丸く素材をもった内甲丸仕上げになっている。表面と内側でまったく違うシルエットです。手に取ると鍛造製法ならではの重厚感があり、指通りは言うまでもなく滑らかです。

最後の1つ
EuroWeddingBand(ユーロウェディングバンド)
ho4/28462/3.5 ho28462/3.5
EuroWeddingBando ユーロウェディングバンド 結婚指輪 マリッジリング ウエディングバンド 鍛造 丈夫 着け心地が良い 硬い 指輪 ブライダルリング 天然ダイヤモンド ドイツ ドイツ製 内甲丸 和紙 つや消し マット グロス 指がキレイに見える 男性 女性 人気 新潟 BROOCH ブローチ 新潟県唯一の取り扱い
こちらも物作りの国ドイツで100年以上続く老舗の工房で作られるマリッジリング。歴史と文化から生まれる指輪作りは持っていただくと分かる。「なんかいい」そう思えるのがこのリングです。1862年創業以来6世代という長い歴史と合理的な鍛造ラインをもつ工房。ウェディングリングの基本となるシンプルなデザインと、生涯を共にするに十分な作りの良さがあります。ここのメーカーの保存庫には、古い時代のマリッジリングの型が数多く眠っています。それは、万一の修理の際に元通りの形に修復するお手本とするためです。自分たちの手を離れ、お客様の手に渡った後も歳を重ねていこうという覚悟が感じられるメーカーなのです。
“森の光”という名前を持つ仕上げを施した1本。粗めのつや消し仕上げは、指輪を様々な角度、シーンで見た時に表情が豊かに変化する。とても存在感のある指輪です。海外ジュエリーブランド独特の厚みも緩和され、日本人の指にも馴染むような厚みや太さで作られているところもオススメのポイント。
こちらの指輪、どれも捨て難くとにかく美しく素晴らしいものです。デザインだけでなく、各ブランドのこだわりも含め、気になった方は是非ブランドHPまで!

オススメ関連記事