TEL.025-246-0007
営業時間 11:00 a.m. - 19:30 p.m.

ドライブ好きなカップルに花嫁に俄の「茜雲」が選ばれる理由

新潟で人気の結婚指輪と婚約指輪 BROOCH 俄(にわか) | ドライブ好きなカップルに花嫁にオシャレジュエリーNIWAKAのダイヤモンドエンゲージリング(婚約指輪)「茜雲」が選ばれる理由

結婚を迎えるカップルにとって、大きなポイント

これから結婚を迎えるカップルにとって、大きなポイントになってくるのが、いつどのタイミングでもしくはどういったシチュエーションで結婚を迎えるかということだ。すなわちプロポーズの瞬間をどのように迎えるかということだ。
現在お付き合いをしている相手が、プロポーズの言葉、プロポーズの日を境にして、婚約者となり、ゆくゆくは結婚相手となるわけだが、このプロポーズの内容で今後の結婚生活がどれほどの変化を迎えるかは、まだ結婚をしていないカップルにとっては未知数であり、ふたりにとって人生のポイントとなるような時として迎えるか、それともただ過ごしていくお付き合いの中の一日で迎えるかの違いが、その後の様々な時間の中でこんなにも大きな助けになることはあまり認識されていない。
そもそも、そこには男性の持つ結婚観と女性の持つ結婚観に違いがあるからなのではないかと思うのだが、男性は結婚生活を日常の穏やかな営みの一つとしてとらえているかもしれない。しかし女性には結婚がそれまで過ごしてきた人生のターニングポイントであり、結婚、出産、育児、キャリア、結婚記念日それぞれに決断と思い出をもって迎える傾向があるように思う。


朝日からインスパイアされた にわか(ニワカ)茜雲

そこで今回の題にある「にわか(ニワカ)茜雲」を選んでみたのだが、「にわか(ニワカ)茜雲」は、俄の中でもプラチナが贅沢にたっぷりと使われた高級感のあるモデルで、着けてみると少し存在感のあるボリュームが手になじみ、これから年齢を重ねていく中で、ずっとつけていけるイメージが自然とわいてくる。「輝きうけてあでやかに」にという詩が付いており、「朝日を浴びて茜色の照り映える雲をデザインした結婚指輪。どこまでも広がるふたりの未来を、明るくなる空に例えて清々しく表現したリングです。」というデザインの提案がある。正面側ではなく、ひねりのあるデザインの側面側にダイヤモンドが並んでセッティングされていて女性用の結婚指輪のプラチナ部分が太陽の近くに浮かぶ雲を、側面に配されたダイヤモンドが、力強く昇っていく太陽から放たれる光を浴びている雲の部分を表現している。
夜明けや日没に太陽が山や海、家屋や街並みの当る様はいつ見ても感動をするし、心に強く刻まれる。セットで提案されたエンゲージリングは「にわか(ニワカ)暁」。「闇を押しのけて少しずつ新しい朝のはじまり」という詩とともに、「ダイヤモンドを太陽に見立てて、輝く陽光が筋となって広がる様子をイメージした婚約指輪。ふたりの新たな人生の始まりを思わせる、美しい朝の情景です。」という提案がある。
この情景をどんなシチュエーションで見ることが多いかというと、冒頭タイトルにある「ドライ」だと私は思う。大切な人と人生のターニングポイントを迎えるとき、ドライブで迎えた先で夕陽をともに眺める。そんな時にプロポーズの時を迎えることができたら、この夕陽は一生、大切な輝きとともに心に刻まれ続けるだろう。(「にわか(ニワカ)暁」「にわか(ニワカ)茜雲」は朝日からインスパイアされたウエディングリングシリーズであることは十分に理解したうえで、日本の場合どのエリアに暮らしているかによって思い出深い太陽のタイミングが多少変わることをご理解ください。)

BROOCHは、新潟県の にわか(ニワカ) 正規取扱店です。

新潟のNIWAKA・俄(にわか)