TEL.025-246-0007
営業時間 11:00 a.m. - 19:30 p.m.
新潟の婚約指輪・結婚指輪 > ニュース > トップニュース一覧表示 > 奥様になられる皆様へ、真珠をご用意しませんか。今が用意のタイミングです

奥様になられる皆様へ、真珠をご用意しませんか。今が用意のタイミングです

新潟の結婚指輪・婚約指輪 - 奥様になられる皆様へ、真珠をご用意しませんか。今が用意のタイミングです
2021.04.9 UP 奥様になられる皆様へ、真珠をご用意しませんか。今が用意のタイミングです

パール真珠ネックレス

花嫁のお道具にふさわしい花珠ナチュラルパールが新作入荷

真珠のネックレスは女性の正装を彩る重要なアイテム。大人の女性になったらいつかは揃えなければいけないものが真珠のネックレスといわれています。とはいえそれはいつなのか、どんなものが自分にふさわしいものなのか、肝心なところがかわからないという花嫁は意外と多いのかもしれません。でも、わからなかったからといって、大切な方の大切な日に、装いの準備が不十分ではもったいないと思いませんか。一生ものの大切なお品です。ブローチではその「奥様」にふさわしい一本を、お一人お一人のお客様に丁寧にご説明いたします。必要十分の品質からこだわりの逸品まで、豊富な知識と誠意ある提案だからこそ伝わる「おもてなし」の心があると思います。
ブローチの花珠ナチュラル真珠は日本海で養殖される純国産、和珠をご用意しています。日本には美しい四季があります。その美しさは時に厳しい寒さや、耐え難い暑さを持っています。その四季が育んだ花珠ナチュラルパールをさらにブローチの専属バイヤーが厳選してご用意しているので、どれも一生ものにふさわしい巻きとテリ真珠となるのです。

本真珠の巻きとテリって何ですか

「いい真珠は孫の代まで」といって高価な真珠のネックレスをお持ちのご年配者も多くいらっしゃいます。ご自身の一生ものですし、真珠は身に着けて出かけた際に、ご自身の見た目をしっかりとした方に演出してくれます。ですので、高価な真珠をお持ちであることはとても素敵なことだと私は思います。ただ、この「孫の代まで」という文句は、時に誤解をもって伝わっていることがあると思っています。それは、「いい真珠は孫の代まで」という意味は、3代後までもお求めいただいた(買った)真珠の品質は美しさを保つ高品質なものですという意味なのですが、持っている方の多くは、いいものだから孫(子)に将来譲りたいと思っていらっしゃるのです。しかし真珠は将来にお孫さんやお子さんに譲る物ではありません。BROOCH(ブローチ)で扱っている多くのものは、将来、家を受け継ぐ方にお譲りいただけるものばかりです。それは宝石が永遠の絆を表す、「残る物・変わらないもの」だからです。しかし真珠は違います。真珠は経年劣化を起こしてしまうものなのです。女性が結婚のタイミングで真珠をお持ちになるとすれば、使用期間は平均して30年、40年ほどでしょうか。この期間、お求めいただいた時の美しい品質を保ち続けることができる真珠が、ブローチが厳選してお勧めしている、花珠ナチュラルパールなのです。

ご自身の結婚を機に、大人の女性のご準備を

真珠を持つためのルールはありません。ないからこそ、タイミングをご自身で決めて動かなければなりません。真珠のネックレスが必要なタイミングにはほかにも出費が重なるものです。冠婚葬祭に使うと言いますが、結婚式、友人の結婚式に呼ばれた際には真珠の装いがふさわしいでしょうし、お顔合わせ、お子さんがお生まれにあるお祝いの席、お宮参り、家族写真、入園式、卒園式、ご親戚のお祝い、そして悲しいお席、お葬式、法事、真珠を使うシーンは本当に様々で多くあります。だからこそ、大切なパートナーと「奥様」としての人生をスタートさせるこのタイミングに、ぜひ真珠のネックレスをご検討いただければと思います。