TEL.025-246-0007
営業時間 11:00 a.m. - 19:30 p.m.
新潟の婚約指輪・結婚指輪 > FAQ > 結婚式について > 真珠ネックレスはバージンロードを歩く時に使う物ですか?

真珠ネックレスはバージンロードを歩く時に使う物ですか?

ご質問ありがとうございます。真珠のネックレスは、結婚すると必ず話題になりますし、今後必要なものとなっていくわけですが・・・・。実際その場面にならないといったいどこで使うのか分からないし、結婚式で着ければいいのかなというイメージになりますよね!!
新潟で人気の結婚指輪と婚約指輪 BROOCH 鍛造(たんぞう)ジュエリー | シンプルなマリッジリングは鍛造リングで決まり!ドイツのオシャレジュエリーCHRISTIAN BAUER(クリスチャンバウアー)の魅力

勿論!!キリスト教式のバージンロードは清楚な宝石を着けて歩くところですので、あまりキラキラした華美な装身具は避けて楚々とした清楚な宝石の装身具を選ぶ必要があり、真珠を着けて歩く方が多いです。
また、真珠は生きるジュエリーと呼ばれています・・・!!光り輝く数ある宝石の中で唯一、歳をとるジュエリーと呼ばれているのです。
花嫁様と共に真珠は年を重ねることで、大人になった自分にも似合うのだというのです。
そもそもバージンロードは、真っ白な衣装に包まれた奥様がまず、扉の前でベールダウンを行うことから始まりますよね??
誓いのキスをするのになぜベールダウンを??というのも、意味がございます。あのベールダウンには「私の中に帰りなさい」という意味が有り、花嫁様はお母さまにベールダウンをして頂き生まれる前の姿に返ります。
そうして開門、門が開くとお父様が奥様の誕生を心待ちにしていました。お父様に支えられて、バージンロードを一歩一歩歩みます、これは奥様の人生の一歩一歩です。何歳の時、こんなことがあったな・・・振り返りながら進んでいくと、人生の道でご主人様が待っています。
お父様からご主人様にバトンタッチして、今度は2人で人生の一歩一歩を歩み、そして、二人は愛を誓う現在へと行きつくのです・・・!!そんなロマンチックなバージンロードでは純真無垢、何物にも染まってない姿、ということで、白いベール、白いドレス、白い靴に、そして。真珠を身に着ける・・・・これは必ず絶対なわけでは無いですが、特別な瞬間だからこそ真珠が必要なのです!!!

冠婚葬祭などで必ず必要になる美しいジュエリーパールは6月の誕生石

逆に披露宴などの華やかな席にはキラキラしだ華やかな装身具をつけると良いでしょう、スポットライトなどの光でキラキラしてお祝いの席に一層の華やかさを演出してくれるはずです。