TEL.025-246-0007
営業時間 11:00 a.m. - 19:30 p.m.

新潟【にわか】でふたりだけのこだわり和風結婚指輪を手に入れる

俄(にわか)NIWAKAのダイヤモンドは新潟のBROOCH(ブローチ)へpropose(プロポーズ)の婚約指輪エンゲージリングが多数あります

桜がテーマの【にわか・ニワカ】ブライダルジュエリー、初桜(ういざくら)

婚約指輪、結婚指輪の分野において現在多くのカップルからの支持を集める【にわか】は1200年の歴史を育んできた日本の古都、京都に本店アトリエを構える老舗ブライダルジュエリーブランドだ。ひとつひとつのジュエリーには日本の美しい情景を用いた名前と詩が付けられており、身に着ける人にとって、日本古来から親しまれてきた縁起や吉紋を自然と取りいれやすいものとなっているところが魅力のひとつだ。
中でも人気のあるデザインで初桜(ういざくら)がある。名前の通り桜がテーマになったもので、エンゲージリング、マリッジリング共に同じ名前の初桜(ういざくら)が付いている。意味は出会った頃の初々しい気持ちを薄紅の桜に込めてというもので、「初々しさは薄紅の桜のごとく」という詩が付いている。
結婚するふたりは当然始めは名前も知らない他人同士だ。何かをきっかけにふたりが出会い、意気投合し時間を重ねて結婚へと発展してくる。それは偶然の連続であり、運命だともいえる。そんな出会いの瞬間の真新しい気持ちを婚約指輪と結婚指輪に込めて身に着けるというものなのだ。

新潟婚約指輪モチーフで人気の桜はにわかブライダルジュエリー初桜(ういざくら)

日本の情景を代表する人気の花「さくら」とにわか結婚指輪

桜は日本を代表する花だ。ラグビー日本代表のユニフォームの左胸には桜が描かれている。「ブレイブブロッサム(勇敢な桜の戦士)」という意味だ。もともとのエンブレムは桜の蕾と半開きと満開の3本の桜のロゴが採用されており、いつかラグビーの母国イングランドと戦えるようになったら、全て満開にしようという思いが込められていたそうだ。その後、現在の3本の満開の桜のエンブレムに改良された。桜は蕾にも花にも様々な意味を連想させる。
ラグビー日本代表がそうであったように、蕾だとこれから花を咲かせるという湧き上がる力を感じることができるし、花は優美で満開に咲き誇る桜は「繁栄」や「豊かさ」の象徴であるといわれている。一方で「桜」はパッと散ってしまうことから「短命」を連想させ縁起が良くないなどといわれることもある。しかし、春の訪れとともに咲く桜は物事の始まりを意味しており、花見を通じて多くの人々が桜を愛で訪れるなど、桜は見る人を明るく強く導いてくれる力がある。パッと散ってしまうことも、花はシーズンを終え次の準備として散っていくが桜の樹は粛々と次世代への継承を始めているようで私は好きだ。
桜の樹は毎年同じ姿、同じ場所で季節を迎えている。こういったぶれない信念が結婚においては最も重要なポイントなのではないか。

こんな人ににわか婚約指輪「初桜(ういざくら)」がお勧め

新潟のブライダルジュエリー【にわか】正規取扱店の弊社は、男性が1人で婚約指輪を選びに来店することが多い。婚約指輪にぴったりのダイヤモンドを専門に扱っているからというところもあるが、プロポーズをしたい男性のニーズに応えるものが多くあるというところも要因の一つかもしれない。
婚約指輪を贈ることとは、相手を生涯大切にするという決意を中央に輝くダイヤモンドに託して形にしたものだ。ダイヤモンドや不変の素材、プラチナが変わらない想いを象徴している。そこに【にわか・ニワカ】ブライダルジュエリーを持ってくることで、「和」の意味を付加してくれるのだ。
初桜(ういざくら)は、出会った頃に感じた新鮮な気持ちをずっと忘れません、という意味と、初桜(ういざくら)マリッジリングの男性デザインのテーマのように、樹の幹、根幹は永遠にぶれることなくふたりを支えていくという決意に満ちたものになっているのだ。もう一つ、桜は夏や秋、冬など桜の開花に全く関係のないシーズンであっても、春に満開の花を咲かせるために静かに準備を続けている、その途切れない営みが私は桜の最も好きなところだ。

新潟のNIWAKA・俄(にわか)

オススメ関連記事