TEL.025-246-0007
営業時間 11:00 a.m. - 19:30 p.m.

新潟で人気、花の名前が付いた【にわか】結婚指輪はその意味が深い

にわか【俄・NIWAKA】睡蓮(すいれん)ダイヤモンドエンゲージリング、和風婚約指輪はブローチで

【にわか・俄・NIWAKA】花の名前が付けられた婚約指輪・結婚指輪シリーズ

【にわか・俄・NIWAKA】には、花の名前が付けられた、婚約指輪(エンゲージリング)、結婚指輪(マリッジリング)が多く展開されている。結婚の時期が近づき、いよいよプロポーズを計画したり、結婚式場の下見などに意識を向けると、WEB上に「NIWAKA(にわか)」という文字や、紫色の背景に凛としたきれいなフォルムの婚約指輪、結婚指輪のセット画像が表示された【にわか・俄・NIWAKA】のリング画像を目にすることがあると思う。
【にわか・俄・NIWAKA】は1200年もの間、日本の文化の中心として栄えた日本の古都、京都から誕生した。日本の美しい情景と「和」をコンセプトにした、老舗ブライダルジュエリーブランドで、一生もののクオリティを求めるカップルや、ブライダルジュエリーを身に着けることに意味を持ちたいカップルに人気のブライダルジュエリーブランドだ。【にわか・俄・NIWAKA】のひとつひとつのリングには、日本の美しい情景思い描くストーリーと詩が付いている。その中に、多く展開されているのが、花の名前を持った婚約指輪(エンゲージリング)、結婚指輪(マリッジリング)だ。自然界にある「花」はそれだけで、見る人に力を与えてくれる。季節が廻り、花が開花を迎えると、昨日までの日常を打ち破って生まれる新しい時間を思わせる感動がある。花は生命力の象徴であり、人々を守り、心を温めてくれる。
そんな「花」がコンセプトになっている婚約指輪(エンゲージリング)、結婚指輪(マリッジリング)は【にわか・俄・NIWAKA】だけではなく、他の多くのブライダルジュエリーブランドに採用されているのだが、【にわか・俄・NIWAKA】の「花」の名前が付けられた、婚約指輪(エンゲージリング)、結婚指輪(マリッジリング)は他のブライダルジュエリーブランドにはない、凛とした存在感と、実際の花のイメージを踏襲した美しいデザインがしっかりと表現されている。

にわか【俄 ・NIWAKA】睡蓮エンゲージリング(婚約指輪)の秘められたデザインが美しい。一生ものにふさわしいこだわり

【にわか・俄・NIWAKA】婚約指輪、睡蓮の魅力と結婚指輪、睡蓮の突き抜けた美しさ

【にわか・俄・NIWAKA】には婚約指輪(エンゲージリング)も結婚指輪(マリッジリング)も同一の「睡蓮」という名前が付けられた、セット着け提案されたデザインがある。
「睡蓮」とは、池や沼地の水面に花を浮かべるように咲く水生植物だ。その名前の由来の通り、朝、花を咲かせると夕方にしぼんで水の中に沈む姿が、眠っているようで「睡蓮」という。古代エジプトでは、太陽のシンボルといわれ、装飾や神話にも多く登場する。花言葉は「清純な心」「信頼」「信仰」だ。
【にわか・俄・NIWAKA】でも「睡蓮」には「静かに輝く想いを包み込み」という詩が付けられており、エンゲージリング(婚約指輪)は決意の証である、ダイヤモンドを睡蓮の花の花びらが優しく包み込むデザインとなっている。側面から見える花びらのようなデザインは、着けている女性にしか見えないので、隠れたこだわりを発揮する。
【にわか・俄・NIWAKA】睡蓮はマリッジリング(結婚指輪)と重ねて着けることで、まるで本物の睡蓮が光に照らされて輝く水面に浮かんで咲くさまをきれいに表現している。【にわか・俄・NIWAKA】睡蓮マリッジリング(結婚指輪)は実際に着けて見つめると、ライン状に並んだダイヤモンドの中央の一石がの輝きが、花嫁の目に飛び込んでくるように美しい。自身から見ると、華やかさが際立つ、美しい仕上がりだが、そのダイヤモンドが主に、着ける本人に向けられているので、周りの人からは、派手すぎない清楚なダイヤモンドラインの上品なデザインになっている。

新潟のNIWAKA・俄(にわか)

オススメ関連記事