TEL.025-246-0007
営業時間 11:00 a.m. - 19:30 p.m.

ブライダルストーリー 完結 〜俄(にわか)受け取り編〜

ある女性が運命の指輪に出会うストーリーです。前回記事プロポーズ編】【ショップへ出掛ける編】ダイヤモンドの秘密編①】【ダイヤモンドの秘密編②】【ハートアンドキューピッド編】【マリッジリングを選ぶ編】

あれから(指輪を注文してから)約1ヶ月半…。彼のところに【指輪が出来上がった】と連絡が入った。やった〜!遂に指輪が届いた。私は早く欲しくて欲しくてたまらなかった。
受け取り当日、また少しオシャレをして店舗へ。店内に入ると「お待ちしておりました!」と担当して下さっていた店員さんが迎えてくれた。宝石店って何だか堅苦しいイメージがあるけれど、色々話を聞いてくれた店員さんだったことと、明るくてフレンドリーな方だったからとても安心して買えた。

俄(にわか)こだわりのリングケース

俄 にわか NIWAKA 初桜 ういざくら 婚約指輪 エンゲージリング 結婚指輪 マリッジリング セットリング 重ね着け ダイヤモンド 和 和風 和ジュエリー 和風ジュエリー 京都 プレ花嫁 夫婦 BROOCH ブローチ propose プロポーズ サプライズプロポーズ 婚約 結婚 ブライダル

席に着いてしばらくするとまずは婚約指輪(エンゲージリング)が出てきた。蓋が白で箱が紫の2色の化粧箱…。その中には紫色のリングケースが入っていました。
紫と白の色に こめられた想い
「紫」は、美しい自然からつくられる歴史のある色です。古来、日本では草の根、西洋では貝殻からつくられた紫は、つくるのが難しい希少な色でした。そのため世界広く、高貴で豊かな、美しい色として好まれました。
また日本では、紫という言葉に「縁」という意味をこめることがあります。紫色の染料としてその根が使われた紫草(むらさき)は、日本の和歌の中で、「縁」の象徴として歌われています。NIWAKAの紫は、自然や伝統から美を見出し深く追求する姿勢と、「人と人を繋ぐジュエリーであるように」という想いをあらわしているそうです。

同様に「白」は世界広く、何にも染まっていない純粋さをあらわす色であり、神聖さや光をイメージする色でもあります。日本でも清らかさや無垢さをあらわす色としてとくに大切にされ、その色に浄化の意味を見出してきました。白に託された日本人の美意識は、今も生活の中に息づいている。日本で大切にされている白をNIWAKAはもう一つのブランドカラーとして選び、紫と白のケースなのだそうです。

「ご主人様、是非奥様に箱をパカッと開けて指輪を見せてあげてください。」
「はいっ!」
彼は緊張気味に箱を手に取り、私に箱をパカッとしてくれました。そこには美しすぎて目がくらみそうな程の光り輝くダイヤモンド、初桜がありました。
「キレイすぎる…ありがとう」私が言うと
「どういたしまして」
そのまま指輪を私の薬指にはめてくれました。
「奥様、左の薬指は”約束・誓い”の意味があるのです。ご婚約指輪を左の薬指に着けると言う事は”ご主人様が奥様を一生大切に守っていきます”という約束の意味です。素敵ですね。」
眺めていると、次に結婚指輪(マリッジリング)が登場しました。重ねて着けても可愛いし、1本でも着けてもやっぱり可愛い!
お店を後にして彼が改めて私に箱をパカッとして
「僕と結婚して下さい!幸せにします!」
改めてプロポーズをしてくれました。バラの花束ももらい、最高のプロポーズでした。

結婚して1年。俄(にわか)の初桜を見る度に、プロポーズをされた日・指輪を見に行ったあの日・買ってくれた瞬間・指輪をはめてくれた時…様々な事を思い返します。
運命の指輪、人に私は出会えたんだな。そう思うのでした。

素敵なストーリーでしたね。今も大切に指輪を着けているのだと思います。一生物の指輪、このように素敵なストーリーが込められたらさらに思い入れがありますね。
ご結婚、おめでとうございます!

新潟結婚指輪 婚約指輪 エンゲージリング マリッジリング 重ね着け おしゃれ

新潟のNIWAKA・俄(にわか)

オススメ関連記事