TEL.025-246-0007
営業時間 11:00 a.m. - 20:00 p.m.

婚約指輪とは何ですか?

女性にとって将来を誓った男性から贈られる婚約指輪は、生涯の宝となります。婚約指輪にダイヤモンドが選ばれることが多いのは、その“永遠の輝き”のイメージがふたりの旅立ちの前途を印象づけるのにとてもふさわしいからでしょう。
ちなみに婚約指輪は実は筆頭者の装身具です、その妻となる者を自分の代わりにいつもそばにいて守ると言う意味もあります、婚約指輪は多くの場合、宝石1個入りのものですが、これは宝石には護符や魔除けとしての役割が信じられてきたことから、(呪術医学説による)愛する人を禍いから守るという意味があるのです。
婚約指輪にはダイヤモンド指輪がもちいられるのが一般的です。もちろん好みによって誕生石やその他の宝石でもOKですが、その場合はなるべく耐久性と希少性・美しさを併せ持つ宝石をお選びになる事をお勧めします。もう一つのポイントはふたりの愛が永遠であることの象徴として選ぶと言う事です、最終的には名前を受け継ぐ者に”受け継がれて伝説となる”宝石が婚約指輪ですので、その点を踏まえてお選びになると良いでしょう。
プロポーズ後の婚約期間には婚約指輪は左手の薬指に着けて色々な人にお披露目して下さい、結婚式当日は婚約指輪を右手の薬指に移しておきます。リング交換で結婚指輪を左手薬指に着けてもらったら右手の婚約指輪をその上に移すようにしてかさねて着けて下さい、これはお祝の席などで、このお祝が(良い事)が重ね重ね来ますように・・・というおまじないです。

オススメ関連記事