TEL.025-246-0007
営業時間 11:00 a.m. - 19:30 p.m.

【にわか】新潟が贈る特別なピンクダイヤモンドエンゲージリング茜

新潟で人気の結婚指輪と婚約指輪 BROOCH 俄(にわか) | 新潟が贈る特別なオシャレジュエリーNIWAKAのピンクダイヤモンドエンゲージリング茜

にわか【ニワカ】が生まれた日本の古都京都

にわか【ニワカ】は約1200年の間、天皇家が居を構えた日本の中心地、日本史を育んできた古都京都にジュエリー工房を構えるブライダルジュエリーブランドだ。彫金師が宝飾品いわゆるジュエリーを製作する工房は日本全国様々な場所に多くある。特に多くの職人が集まり、大小多くの工房が集まる場所として有名なところは、山梨県甲府市、東京都台東区御徒町、そしてブライダルジュエリーブランドにわか【ニワカ・俄】が拠点を構える京都、さらに新潟県中越地方だ。前者ふたつは宝飾の業界のみではなく、その地域の近くの人や、社会の授業などでも習うことがあるので、ご存じの方も多いかもしれない。

新潟で人気の結婚指輪と婚約指輪 BROOCH 俄(にわか) | オシャレジュエリーNIWAKAのピンクダイヤモンドの入ったエンゲージリング

京都の彫金師

京都に関しては意外と思う方もいるかもしれないが、京都には歴史的な神社仏閣が多く存在している、それが宝飾品の工房が多く存在する理由になっている。もともと日本の彫金の歴史は、武家や仏閣に抱えられている彫金師が始まりだ。位の高い武家などは武具・武器などに飾り彫りなどの彫金を施し、自身の位を表したり、財力の証とした。神社仏閣にも豪華な貴金属を用いた彫金を施すことによって信仰の証や信仰の厚さに例えた。僧侶も位によっては細やかな彫金の施された仏具を持っている。そういったことから歴史的な神社仏閣が集まる京都には必然的に腕のいい彫金師が集まり、工房を構えていたのだ。もう一つの知られざる場所、新潟は、宝飾の業界人でも知らない人が多い、知る人ぞ知る宝飾職人、彫金師が多く存在する町だ。御徒町で腕を磨いた職人が、独立して工房を構える場所として選ばれていたという説や、現代のリモートワークの走りともいえるが、家賃などのコストが都心ほどかからないためという説もあるが、なぜか新潟も宝飾工房の町にカウントされている。地域の特性を生かしたことによって彫金の職人が多く存在している街というと、まさしく京都なのかもしれない。

新潟で人気の結婚指輪と婚約指輪 BROOCH 俄(にわか) | 1200年の歴史のある古都・京都発祥のオシャレジュエリーNIWAKAのダイヤモンドエンゲージリング(結婚指輪)を選ぶ

新潟の花嫁から人気のピンクダイヤモンドが特別感を演出

貴金属を加工して身を飾る装飾品を作る手法としては、金属を曲げる、金属をたたく、金属を溶かして柔らかくするところから何かしらの形に造形する。それを彫り込んだり、造形した装飾を付けたり、叩き込んで表面に表情を付けたり、別の素材を付けたりなど様々ある。金属そのものの色を変え、彫るなどした表面の陰影に更なる変化を付けていく。そうすることで素材のままの無機質な金属は絢爛豪華な装飾品へと変化していくのだ。貴金属装飾で欠かせないものが宝石だ。普遍の価値を持つ貴金属と宝石は人が宝飾品を持つ意味の最も重要な部分を担っている。ブライダルジュエリーも、まず持つ意味として、「永遠の愛」「永久の絆」「一生共にいる」など普遍で不変なものが求められる。にわか【ニワカ】のブライダルジュエリーは素材や技術の上に、ひとつひとつに名前や日本の情景込めた意味が付けられていることでブライダルジュエリー、婚約指輪(エンゲージリング)結婚指輪(マリッジリング)としての目的を叶えているのだ。ピンクダイヤモンドには「永遠の愛」という意味がある。柔らかい桜色のダイヤモンドは、地色がピンク色なのにダイヤモンドと特製である光を浴びて七色にきらきらと輝く。ピンクダイヤモンドがメインの白い大きなダイヤモンドの飾り石(メレダイヤモンド)としてあることで、メインの大きな婚約指輪(エンゲージリング)ダイヤモンドを一層引き立てつつ、エンゲージリングそのものを清楚な華やかさに仕上げてくれるのだ。ピンクダイヤモンド入りのダイヤモンドエンゲージリング(婚約指輪)は婚約指輪をいつものお出かけやそんなに特別ではないシーンでも身に着けたい新潟の花嫁に特に人気のスタイルなのだ。

BROOCHは、新潟県の にわか(ニワカ) 正規取扱店です。

新潟のNIWAKA・俄(にわか)

オススメ関連記事