TEL.025-246-0007
営業時間 11:00 a.m. - 19:30 p.m.

新潟のお洒落花嫁がこだわるぴったりと重なる【にわか】結婚指輪

俄で重ね着けするなら木洩れ日とせせらぎのセットがお勧め、新潟の大人花嫁に人気のセットデザイン

世の中のカップルはいつ「結婚」を決意しているのか

仕事の休憩中や、家に帰ってすぐのふとした瞬間、彼女が話している姿を見ながら、頭の中に「結婚」の文字が降りてきたら、それがタイミングだ。男性がそのタイミングを感じている場合、相手の女性はほぼ結婚を決意している。「結婚」のタイミングは男性よりも女性の方が少し早く意識をし始めているものなのだ。女性はまだお付き合いの時間がさほど経っていない時期にも「結婚」をシュミレーションしている。「もしもこの人と結婚したら・・・」と。なので男性の日常生活のふとした瞬間、頭の中に「結婚」の文字が降りてくるころには、女性は「結婚」に関して良いイメージが出来上がっているのだ。よく、男性がサプライズプロポーズを考えている際に、時期尚早なのではと不安になっていることがある。しかし、すでに書いている通り、女性はもっと以前から「結婚」についてシュミレーションを重ねているので、時期尚早ということはあり得ない。もしもそのシュミレーションの段階で前進できなかった場合は、もっと早い時期に女性からサインが発せられ、お付き合いが「結婚」の前段階までは進んでいないはずだからだ。
いよいよ「結婚」へ駒を進めるにあたり、最も大切なことは意思表示だ。「結婚」に対してシュミレーションができているなら、女性の方から「結婚したい」といってくれたらいいのに、と男性は思うかもしれない。しかしそのようにはならないのが女心というもので、プロポーズは男性からしてもらいたいのだ。その決意の言葉と証はその先一生女性を支えて守ってくれる大切なものなのだ。特に日本の美意識が宿る京都発祥のブライダルジュエリーブランド【にわか】はひとつひとつの婚約指輪(エンゲージリング)結婚指輪(マリッジリング)に名前が付けられており、女性にとって、その美しい意味もお守りとして持ち続けることができる特別なブライダルジュエリーとなっている。

新潟花嫁に人気の結婚指輪、にわか【ニワカ】が和装挙式には欠かせない

お洒落花嫁が婚約指輪、結婚指輪選びでこだわっているポイントを紹介

【にわか・俄】は1200年の歴史を育んできた日本の古都、京都に本店アトリエを構える老舗ブライダルジュエリーブランドで、全国に多くの取扱店を持ち、ここ新潟市ではBROOCHが正規取扱店となっている。幅広い年齢層、好みのカップルに人気の「和」をコンセプトにした婚約指輪(エンゲージリング)結婚指輪(マリッジリング)を取り扱っている。【にわか・俄】はひとつひとつの婚約指輪(エンゲージリング)結婚指輪(マリッジリング)に込められた日本の美しい情景を思わせる名前や詩が魅力で、名前が付けられていることで、いただいた時の想いを自身の婚約指輪(エンゲージリング)結婚指輪(マリッジリング)を見つめるたびに思い出すことができる特別なデザインばかりなのだが、最近の花嫁に人気なポイントが、その「和」の響きやすいストーリーだけではなく、重ね着けデザインの秀逸さにあるのだ。花嫁にとって、日常着けの結婚指輪(マリッジリング)と特別な婚約指輪(エンゲージリング)がどれほどぴったりと重なるかはとても重要なポイントで、よりきれいに重なることで、着けている指をすっきりと見せてくれる効果もある。緩やかに動きのある優しいデザインが、婚約指輪(エンゲージリング)結婚指輪(マリッジリング)両方にありそれがぴったりと重なっているものが最も人気が高い。

NIWAKAのせせらぎを結婚指輪にお持ちいただきました

【にわか・俄】で人気の重ね着けデザインを紹介

【にわか・俄】で人気の重ね着け婚約指輪(エンゲージリング)結婚指輪(マリッジリング)は、木洩日(こもれび)、せせらぎのセットデザインだ。婚約指輪(エンゲージリング)が木洩日(こもれび)という名前で、それを受け止める結婚指輪(マリッジリング)がせせらぎだ。穏やかなカーブを描いたデザインはふたりの人生に例えられ、そこに木洩れ日からキラキラと光が差し込みというコンセプトになっている。ふたりで過ごす家庭の中は仕事やほかの人間関係から離れ穏やかで伸びやかでありたいというイメージだ。リングのデザインは木洩日エンゲージリングの左側からダイヤモンドがライン状に入り込み、せせらぎマリッジリングが受け止めて、右手にダイヤモンドラインを繋げるきれいさがある。木洩日(こもれび)エンゲージリングは少し動きの付いているデザインで、結婚指輪(マリッジリング)せせらぎのイメージを、重ねた際にも邪魔せず、むしろ重なりのぴったりさに花嫁からはため息がもれるほどだ。大きなダイヤモンドの付いた婚約指輪(エンゲージリング)はいただいてから、特別なのものだからということで、着けづらい、いつ着けたらいいかわからないという花嫁も少なくない、しかし、セットデザインで、派手さのない【にわか・俄】木洩日、せせらぎのセット着け婚約指輪(エンゲージリング)結婚指輪(マリッジリング)であれば、そんな花嫁の悩みも解消してくれるので、人気が高いところも納得の一本だ。花嫁は、特別な思いの込められたダイヤモンドを日常の場面でいかに着けやすくできるかを選ぶポイントにしているのかもしれない。

新潟のNIWAKA・俄(にわか)

オススメ関連記事