TEL.025-246-0007
営業時間 11:00 a.m. - 19:30 p.m.
新潟の婚約指輪・結婚指輪 > FAQ > 時計修理について

時計修理について

現在クォーツの時計を使っているのですが、機械式の時計も気になっています。ただ詳しく知らないのでそれぞれの良い点などを教えていただけませんか?

こんにちは!

ご質問ありがとうございます!!

今回のご質問が、

「現在クォーツの時計を使っているのですが、機械式の時計も気になっています。ただ詳しく知らないのでそれぞれの良い点などを教えていただけませんか?」

とのことですね!かしこまりました!

機械式の時計、良いですね!憧れますよね!ただご覧の方の中には機械式、クォーツ式ってなんぞや?とお思いになる方もいらっしゃると思います。機機械式、クォーツ式とは時計を動かす機構の違いのことを指します。時計にはゼンマイで動く機械式と、電池で動くクォーツ式があるんです。現在一般に出回る時計のほとんどが、このどちらかの機構を採用しています。今回はそれぞれメリットについてなどを御説明しようかと思います!

クォーツ式時計

まずはクォーツ式時計についてです。多くの方が一番馴染み深い時計がクォーツ式の時計かとおもいます。というのも雑貨店や量販店などで販売している数千円~一万円の価格帯の時計やファッションウォッチなどは、そのほとんどがクォーツ式の時計なんです。クォーツ式時計のクォーツとは、水晶(石英)のことです。もっともメジャーなパワーストーンとして知られ、印材などにも使われている鉱石です。

時計の針を正確に動かすためには、時計の内部に「1秒」を1秒として計測するための基準が必要となります。例えばですが、振り子の壁掛け時計の場合は、振り子の等時性(振り子の揺れが一往復する時間は、おもりの重さや振れる幅に関係なく一定であること)を応用して基準にしています。水晶(石英)には電圧をかけると正確、一定に振動するという性質があります。クォ―ツ式時計の中には、この水晶(石英)の性質を応用したU字型をした「水晶振動子」と呼ばれる部品があり、水晶(石英)に電流を流すことによって起きる規則的な振動を振り子の代わりにしているのです。

水晶(石英)は電流を流すと1秒の間に数万〜数百万回振動します。その振動をIC回路が正確に検知して1秒間に1回の電気信号に作りかえ、その電気信号によって歯車が1秒間に1回だけ進むような仕組みになっています。デジタルウォッチもクォーツ式時計の一種で同じ構造です。

 

クォーツ式のメリット

クォーツ式の最大のメリットはなんと言ってもその圧倒的な精度の正確さです。時計は調速機構がハイビート(高振動)のものほど安定して精度が高くなります。機械式の場合だと、テンプの振動数は一般的には5~6ビート/秒、高価格機では8~10ビート/秒ほどです。

一方でクォーツ式はその約数千倍と高周波(32768Hz)で振動する水晶振動子を使用しているため、その精度は機械式時計を圧倒します。 一般的な機械式時計の場合、日差数秒~数十秒あるとされていています。例えば一日10秒の遅れが出る時計の場合、一か月時刻を合わせないまま使い続けると5分も遅れてしまいます。一般的なクォーツ式時計の精度は月差±20秒と言われており、これは価格に関係なく、安価なクォーツ時計でも精度が変わることはありません。また電波を受信することによって時刻を自動補正する電波時計など、時間精度については日々更なる向上がもとめられています!

価格面でも機械式と比べるとリーズナブルでお求めやすくなっています。無数の歯車や極小の部品がいくつも組み合わされ組み立てられる機械式のムーブメントは製造に多大な手間とコストがかかります。ですので量産に向きません。

しかしクォーツ式のムーブメントは大量生産ができるためリーズナブルです。同じブランドの機能面でもほぼ同じ機械式の時計とクォーツ式の時計の料金を比べても、クォーツ式の時計の方が3割程度安い物が多いです。オーバーホール料金も機械式に比べると安価で機械式より期間も長く間隔を持てます。

そしてゼンマイが全てほどけきると止まってしまう機械式時計に比べ、クォーツ式時計は電池が終わらない限り正確に時間を刻み続けるので、ゼンマイをまく必要がありません。電池の寿命は2~3年程度とされていて、機能によってその寿命も長く持つもの短いものと変わります。電池が切れたら新しい電池に交換するだけでまた動き続ける事ができます。ソーラー発電など自然エネルギーを蓄電することで電池交換の必要のない時計もあります。

 

グランドセイコー

機械式時計

機械式とは、巻き上げたゼンマイがほどける力を動力とする時計のことを言います。別の呼び方でメカニカルとも呼びます。機械式ムーブメントの発明は腕時計が誕生するより以前、懐中時計を起源とし、その歴史は17世紀まで遡ります。それに比べると、電池を動力源とするクォーツ式の腕時計が誕生したのは1970年代とごく最近のことなんです。伝統と格式を重んじるいわゆる“高級腕時計”は、その多くが機械式のムーブメントを採用していることがほとんどです。

機械式の時計には自動巻きと手巻きの二つに分けられます。自動巻きとは、人の手を介さず、半月状のローターが回転することでゼンマイを自動で巻き上げてくれる仕組みを搭載した機械式ムーブメントのことです。 ムーブメントに内蔵されたローターと呼ばれる半月状の金属部品が、時計を装着した腕の普段の日常動作によって自然に回転し、自動的にゼンマイを巻き上げてくれます。自動巻きの時計のことをオートマチックとも呼びます。 ゼンマイをいちいち手で巻くのはめんどうだ、わずらわしい、という人々の願いを叶えることになった実用的な自動巻きは、現在では機械式時計の主流となっています。

手巻きとは、手でリューズを巻いてゼンマイを巻き上げる仕組みの機械式ムーブメントのことです。自動巻きのように機構の中にローターが組み込まれていないためその分軽く、厚みを抑えることができます。使用の度に手でリューズを巻くという手間があるため、日常に使用する時計としては自動巻きのほうが実用的で、数も多く流通しています。 機械式時計で人気のシースルーバック(バックスケルトン)が取り入れられている時計では、手巻きのムーブメントはローターが視界を邪魔しないため、美しい内部の機械の構造をよく見る事ができ、実用性よりも芸術性に重きをおいているムーブメントともいえます。

様々な部品から成り立っているため定期的なオーバーホールが必要になります。機械式の時計は4~5年に一度オーバーホールすると良いと推奨されています。

 

機械式のメリット

無数の歯車や極小の部品がいくつも組み合わされる機械式のムーブメントの精密で複雑な構造は、安価な大量生産の時計やファッションウォッチとは一線を画すステータス性を備えています。長い歴史や伝統に裏打ちされた名門ブランド、高い技術力で付加価値を高める新興ブランド、いずれにしても手の込んだ機械式の腕時計は資産性が高く、長く受け継いでいくだけの価値があるとされています。

クォーツ式の場合、中の電子回路の寿命は10年ほどと言われています。電子回路が壊れた場合は修復が不可能な場合がほとんどで、中身を全て丸ごと入れ替えるムーブメント交換の修理になり、安価な時計だと新品に買い替えるほうが安いことも多いです。一方で組み立てることを前提とする機械式の時計はほとんどの場合修理が可能な場合が多いです。定期的にオーバーホールをすることで末長く使い続けることができます。

 

以上です!!いかかでしたでしょうか。どちらを選ぶかは普段の使い方やご予算に合わせて決める事が良いと思います。BROOCHには様々なブランドの機械式の時計とクォーツ式の時計をとりそろおえておりますので、ぜひお越しいただきお客様の一番気に入る時計をみつけてください!!お待ちしております。

冠婚葬祭のとき、どんな時計を着けたらいいですか?

 

 

 

こんにちは!                                         

ご質問いただきありがとうございます!ええと・・・??

「冠婚葬祭のとき、どんな時計を着けたらいいですか?」とのことですね!!

冠婚葬祭の際に適している時計、不向きな時計があります。

クロノグラフなど機能の多いブレスレットタイプのスポーツウォッチは不向きとされています。

最も適している時計がドレスウォッチといわれるものになります。

今回はそのドレスウォッチについて説明させていただきます。

 

ドレスウォッチとは、一般的に結婚式やパーティーなどの冠婚葬祭、式典や高級飲食店での会食などでの着用に適した腕時計の事を指します。

シンプルでクラシカルなデザイン、そして落ち着きのあるエレガントな雰囲気を併せ持っているのが特徴です。

フォーマルシーンのほかに、落ち着きのあるキレイめカジュアルのような服装にもお使いいただけます。

ドレスウォッチの定義のとして言えることは、アナログ式です。

ドレスウォッチはクラシカルなテイストが求められるので、どれだけ高級なものでもデジタルウォッチは適していません。

上品で知的な印象をもつアナログウォッチを選びましょう。

 

格式の高い場面では、時計の着用はあくまで身だしなみアイテムの一つです。そもそも時間を気にする行為自体がよくないとされる場合もあります。

ですので、ドレスコードの時計は小ぶりで目立ちすぎないシンプルなものであると良いでしょう。薄くて小ぶりなケースサイズなら、細身のジャケットの袖口にもフィットします。

3針か2針で、無機能もしくはデイト表示程度のシンプル構造のものだと最適です。

 

文字盤は、フォーマルシーンではホワイトやシルバーカラーが適しています。ドレスコードがそれほど厳しくない場面では、ブラックやネイビーでも問題ありません。

目立ちすぎないことが前提なので、カラフルな文字盤はNGです。どうしてもふさわしい文字盤色の時計がなければ、なるべく暗めのカラーを選ぶといいとおもいます。

 

ベルトは革ベルトが最も適しているとされています。革ベルトはブレスレットよりも高級感や上品さがあり、フォーマルなシーンに向いています。ラバーのベルトは避けましょう。

 

いかかでしたでしょうか。冠婚葬祭という格式ある行事ですからしっかりとした身だしなみで決めたいですよね!

BROOCHには冠婚葬祭でお使いいただける時計を取り揃えております。是非お立ち寄りご相談ください!

皆様のご来店を心からお待ちしております。

TAGHeuerのタグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー02って今までと何がちがうんですか?

タグホイヤー新ムーブメント ホイヤー02

タグ・ホイヤーカレラキャリバーホイヤー02は今までのムーブメトとはどう違うのか?というご質問でしたが、もうすでに(タグホイヤー)のタグ・ホイヤーカレラキャリバーホイヤー02ご覧になりましたでしょうか?とてもかっこいい造りになっていましたよね!!BROOCHにも、タグ・ホイヤーカレラキャリバーホイヤー02のCBG2A1Z.BA0658を導入しております!          

クロノグラフの人気モデルホイヤー02は新潟のタグホイヤー正規取扱店ブローチへ

こちらです(^^♪TAGHeuer(タグホイヤー)らしいスポーティーなデザインで、ベゼルのブラック&ブルーがアクセントの、自社製ムーブメント ホイヤー02を搭載したGMTモデルです★文字盤から中の精密な機械が見えるというのも男心をくすぐるのではないでしょうか?                 TAGHeuer(タグホイヤー)は見た目以上に時計を動かすムーブメントの進化もしっかり行っています。時計のムーブメントはどこのブランド(オメガやロレックス)もムーブメントを作っている会社から仕入それを時計に搭載していました!ですが、現在TAGHeuer(タグホイヤー)自社開発されたムーブメントを搭載しています。もともとTAGHeuer(タグホイヤー)は、世界で初めてクロノグラフというストップウォッチ機能のついた時計を開発したブランドとしても有名なので、ムーブメント作りのノウハウがしっかりと培われていました。     

新潟で人気の腕時計はタグホイヤーのカレラ

2010年、キャリバー1887 が初めて披露されたときに、発表当時、欧州では
『今まで見たこともないレイアウトの機械だ!コラムホイールついてる!これがタグホイヤーが本気で作った、完全自社ムーブメントか!!』と、ザワついたたそうです( *´艸`)薄く丈夫で、鑑賞にも耐えうる機!そしてなにより、タグ・ホイヤーが発明した、スイング・ピニオン方式を採用されています。当時はTAGHeuer(タグホイヤー)の自社ムーブメントの最高傑作だ!とも言われていました(*’ω’*)

そんなキャリバー1887をさらに5年改良して搭乗したのがホイヤー01です!

新潟で人気のタグホイヤーの新作ホイヤー02

このムーブメントは先述したキャリバー1887がベースとなっております。ローターの形状を変えたり、コラムホイールを青から赤へ変更したりなどチューンを施してあります。基本は1887なので、もちろんこちらもスイングピニオンを使用しています。パワーリザーブは48時間から50時間にパワーアップしました。デザインもよりTAGHeuer(タグホイヤー)らしいモーターレースをイメージさせるタイヤのホイールのようでかっこいいですよね☺            

そんなムーブメントの進化をたどって、今期登場したのがホイヤー02です!!!

人気のスイス製の腕時計タグホイヤーの新作ホイヤー02

もともとはCH80と名前で開発されていたムーブメントです。世に出た最初のモデルは2016年にこのムーブメントにトゥールビヨン機構を搭載したモデルカレラ ホイヤー02Tでした(^^♪200万円以下のトゥールビヨンということで話題になったモデルです。しかもクロノグラフを搭載しながらCOSC(クロノメーター)認定という精度も保証済み。トゥールビヨンという機構は様々ある機械式時計の機構の中でも最も複雑と言われるものの1つ。少し前まではウン千万円しないと買えないようなモデルばかりでした。まぁ、難しい機構であるからこそ各ブランドもそれなりのハイクラスのモデルに手の込んだ装飾を施したりなどして作っていたので高額になっていたという一面もあるのですが。そんなトゥールビヨンを備えながらにして、日常使いしやすいトゥールビヨンモデルがタグ・ホイヤーのトゥールビヨンです。防水性も100Mありますしね!時計好きが憧れていた機構、でも高額な故に『いつかは・・・』とも簡単には思えなかった機構、そのトゥールビヨンがこの価格で手に入るなんて素晴らしいですよね!

このトゥールビヨンの機能だけを持たないのがホイヤー02です!!!!

パワーリザーブは脅威の80時間です(‘Д’)すごいパワフルですね!!!前回のホイヤー01から30時間も違うのは大きな魅力の1つです。多くの時計が40時間程度のパワーリザーブなのに対して、3日以上動くというのは例えば連休で2日間時計を着けなかったとしても止まらないということです!なんと素晴らしい☆彡より使いやすくなったわけです!また通常、クロノグラフ(ストップウオッチ)を作動させるとその分トルクを使うので(ふり角が落ちて)時間の精度が落ちやすくなります。しかし、垂直クラッチの場合、トルクロスが少ない為クロノグラフを作動させても精度が安定して出やすいのです。また、他の機構の場合、クロノグラフを作動させると針飛びと言われる症状が出ることがあります。これはクロノグラフの作動時に歯車と歯車が噛み合うタイミングで歯車同士のアガキ(あそび)がある為に起こるものです。垂直クラッチの場合はそのようなことが起きないのです!!!!                           

このようにパワーアップしたのが、ホイヤー01です!!!TAGHeuer(タグホイヤー)というブランド名にはテクニカル・アバンギャルドという意味があります。直訳すると”技術の革新”です!!そのブランド名に恥じない探求精神がこのように新しいムーブメント開発にいきついているのでしょうね( *´艸`)

高級時計を買おうと決意するときもきっと新しいことにチャレンジする自分自身へのエールやステップアップするタイミングだと思います。そんな決意のときに持つ時計として、新しいことにチャレンジし続けるTAGHeuer(タグホイヤー)はピッタリなのではないでしょうか?                 

また、TAGHeuer(タグホイヤー)はブライダルのシーンでも人気のブランドとなっています。理由は裏蓋に刻印が無料で入れられるからです!婚約指輪のお返しや、または結婚の記念品として大切な方とペア時計として持っていただいた時に、より二人の記念を目で見ることができるってとってもステキですよね♡もちろん!ご自身のステップアップ記念でもった時計にも刻印することができます(^^♪                              

BROOCHにもご結婚の記念品としてご用意したい方やプロポーズの決意を込めてご自身に買っていかれる方が多くいらっしゃいます!また、BROOCHではTAGHeuer(タグホイヤー)の正規サービスとして受けられるメンテナンスの他に、、自社の時計工房でのメンテナンスを受けることができるようになっています。お見積りを取りながら、どんなメンテナンスを希望されているじっくりお伺いすることが可能です(*’ω’*)TAGHeuer(タグホイヤー)は一生ものにふさわしい見た目と技術が詰まった時計です!長くお付けになるものなので、メンテナンスも妥協なく受けていただけるようにご用意しております!!       

話が少しそれてしまいましたね(*_*;TAGHeuer(タグホイヤー)のホイヤー02は今までのムーブメントよりもパワーアップしたすごい時計です!!実際に腕に乗せていただくとその存在感や高級感を間近で感じていただけると思います!ぜひ一度ご試着にいらしてください!

新作の

タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー02 スポーツクロノグラフ

4本全て入荷しております!

新潟で人気の腕時計ホイヤー02はタグホイヤーの新作

このブログを読んで方!特別キャンペーンを開催しております!

「ブログを見た!」で先着1名様に限りタグ・ホイヤーロゴ入りワインディングマシーンをプレゼントいたします!

新潟でタグホイヤーの正規取扱店ブローチは修理工房もあり時計師がいます

WEBやお電話でもご注文承っておりますので、「ブログを見た!」とスタッフまで、お伝えください!

タグホイヤー限定商品イベント