TEL.025-246-0007
営業時間 11:00 a.m. - 19:30 p.m.
新潟の婚約指輪・結婚指輪 > FAQ > BROOCHについて > BROOCHさんのダイヤモンドはすごく綺麗だと聞きました。他とは何が違うのですか?

BROOCHさんのダイヤモンドはすごく綺麗だと聞きました。他とは何が違うのですか?

ご質問いただきありがとうございます!!!!                   

ダイヤモンドについてのご質問うれしいです(^^♪ BROOCHで取り扱うダイヤモンドはとにかく輝きがキレイです°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖° どうして綺麗なのか、他とは何が違うのかを詳しくご案内させていただきます!!          

BROOCHで取り扱うダイヤモンドは「ANTWERP BRILLIANT(アントワープブリリアント)」というブランドのお石です。実はBROOCHは、昭和19年からずっとダイヤモンドを取り扱っており、ダイヤモンドの産地まで直接行き、仕入れ、販売してきました。今では、全国に「ANTWERP BRILLIANT(アントワープブリリアント)」というブランドで卸売りをしている、ダイヤモンドの専門店なんです(*^^*) そんなダイヤモンド専門店のBROOCHでは、お客様の記念品としてふさわしいように、ダイヤモンドにかなりのこだわりがあります!!!!
《こだわりその①》:ダイヤモンドの原産地!  

最高グレードのダイアモンドを贈るBROOCH新潟

ダイヤモンドの美しさは【原石】と【カッター(研磨者)】によって決まります!!!希少性と価格は国際的な評価基準【4C】によって決まっています。ですので、そのダイヤモンドの【原石】がとれる産地で、違いがあります。

ダイヤモンドは世界の各地で産出されていますが、もっとも多く取れるのはロシアです。しかもロシア産は高品質と言われていてブライダル用では最も多く出回っていると言われています。しかし、ロシア産ダイヤモンドには鉱山が抱える環境問題があり、デビアス等のダイヤモンド王手でも取り扱いを停止しています。ブローチでも環境に配慮したエシカルなダイヤモンドを届けたいとの思いからロシア産を取り扱いません。
そこで「ANTWERP BRILLIANT(アントワープブリリアント)」で選んでいる上質な産地としてアフリカ南部のボツワナのダイヤモンドサイト【デブスワナ】の原石を使用します。なぜボツワナサイトのアフリカ産にこだわるかというと、ボツワナを始めとしたアフリカのダイヤモンドの原石は硬いからです!昔からダイヤモンド業界では”きれいなダイヤモンドはアフリカから”という格言がありました。その格言の理由が原石の固さにあると言われています。
同じダイヤモンドでも、赤道を境に南半球でとれるダイヤモンドと北半球でとれるダイヤモンドでは、微妙に硬さが違う事が分かっています。南半球の中でもボツワナのジュワネング鉱山は現地の言葉で「光の王子」と呼ばれるほど、品質のよいダイヤモンドの原石が産出します。その品質がよく固い原石を丹念に磨き上げることにより、より輝くダイヤモンドになります。

 《こだわりその②》:選び抜かれた最高の原石!

ダイヤモンドの原石の形は大きく分けて3つあります。中でも一番固いとされる原石はオクタヘドロンです(*^^*)アントワープブリリアントで選定するダイヤモンド原石はすべてソーヤブル原石(SAWABLE)と呼ばれるTOPTOPの正八面結晶の原石たちです。下の図で赤く塗り分けた部分がソーヤブルTOPTOP原石です。その出現確立は全ダイヤモンド中なんと0.96%なんと1%未満の超稀少原石なのです!厳選に厳選を重ねたダイヤモンド原石を研磨していきます。そこまで選び抜いた最高の原石だけを使うので「ANTWERP BRILLIANT(アントワープブリリアント)」のダイヤモンドはきれいなんです!!!!!                       

BROOCHが原石に求めるのは「存在美」です。原石とは磨けば光る宝石を指す言葉です。BROOCHでは、原石の選定で宝石が本来持つ美しさ「存在美」を大切にしています。原石の段階で美しいダイヤモンドは研磨された後もその美しさを保ちます!ダイヤモンド原石の選定はダイヤモンドのエキスパートであるデビアスグループによって行われ、原石の段階でトレサビリティを確立するためにナンバーが割れ割り当てられ、特別なダイヤモンドとして取り扱われるのです☆

《こだわりその③》:マイスターカッター「フィリッペンスベルト師」!

 最初にお話したように、ダイヤモンドの美しさは【原石】と【カッター】によって決まります!!!ここまで、原石はこれ以上ないというソーヤブルTOPTOPを使用しています。ではその最高の原石を誰に研磨してもらうのかで、また輝きが変わってきます。ここでもBROOCHが取り扱う「ANTWERP BRILLIANT(アントワープブリリアント)」は、一切妥協せずに、最高のダイヤモンドカッターに研磨を依頼しています。その方が、「フィリッペンスベルト師」です(*^▽^*)

ベルギー在中のマスターカッターフィリッペンス・ベルト現在のダイヤモンド4Cnoカット項目で最高評価であるトリプルエクセレントの確立させた職人

ベルトはダイヤモンドカットの歴史に大きくかかわった人物です。1300年代に初めてダイヤモンドをダイヤモンドで磨く方法が発見されてから、よりダイヤモンドを輝くかせるための研究が続いています。1919年に工学上理想的な形(トリプルアクセルカット)を”マルセル・トルコフスキー”が発表しました。ただし、これはあくまで理論上で実際にこの通りに研磨できる職人はいませんでした。その誰もが追い求めたダイヤモンドを究極的に輝かせることを世界で初めて成功させたのがこの「フィリッペンスベルト師」です!!!!!ベルト自身が技術指導して研磨のノウハウは世界へ広がっていきました。

ダイヤモンド ダイヤモンド専門店 BROOCH

どこかでこんな写真を見たことはありませんか?これはハート&キューピッドと呼ばれる、ダイヤモンドをキレイにカットした時に現れるパターンです。これも1993年にベルトによって、発見されたものです!今では多くのお店で見ますが、そのノウハウも全てベルトが発見したものなのです!!!!!!!! ダイヤモンドのパビリオンとクラウンのファセットをぴったりと合わせて研磨する事で、このハート&キューピッドパターンは現れます。100年間誰にも達成できなかった、エクセレントカット成功とハート&キューピッドパターンの発見を達成したマスターカッターが「フィリッペンスベルト師」なのです(*^▽^*) 
その凄腕の職人に研磨してもたったダイヤモンドは他とは違う輝きを手に入れることができるのです(^^♪BROOCHで取り扱う「ANTWERP BRILLIANT(アントワープブリリアント)」のダイヤモンドは全てベルト研磨にこだわっています。プロポーズにご用意しようと思っているダイヤモンドを1ct以下でお探しの場合は「ANTWERP BRILLIANT(アントワープブリリアント)」が最強です!!!!             

 いかがでしたでしょうか?BROOCHのダイヤモンドが綺麗なヒミツがお分かりいただけたでしょうか?最高の原石と最高のカッターが合わさることでこれ以上ない輝きのダイヤモンドが生まれます。もちろん、希少性と価格がきまる国際的な評価基準【4C】に合わせながら、ダイヤモンドをひとつひとつ見比べて選んでいただけます!!!カラットやカラーにこだわりを持たせたい方も安心して選んでいただけます(^^♪Dカラーの出現確率は一説には2万分の1とも言われます。ダイヤモンドのカラーグレードでも説明している通り、ダイヤモンドに色がつく原因は窒素の含有や結晶格子の歪みの中に起こる光の吸収だと言われています。Dカラーのダイヤモンドは、微量な窒素含有は在るものの、炭素Cのスポットと置き換わって色原因と成る事が無かった程度の非常に希少なパターンである事が判ります。しかも原石が通常持つ成長線の歪みや 光の吸収になる(残像色を発する歪み)ような部分を一切持っていない とても希少でピュアな結晶であったことが推測されます!最高の原石とカッターでご用意するBROOCHの「ANTWERP BRILLIANT(アントワープブリリアント)」の希少性の高いDカラーダイヤモンドは、ほんとに最強です( ゚Д゚)!!!そのきれいさを是非店頭でじっくりご覧ください。