TEL.025-246-0007
営業時間 11:00 a.m. - 19:30 p.m.
新潟の婚約指輪・結婚指輪 > FAQ > 誕生石について > 1月の誕生石について教えてください!

1月の誕生石について教えてください!

こんにちは!誕生石はいわゆるパワーストーンですので、身に着けているとエネルギーをもらえたり幸運を引き寄せたりすると言われています。誕生石は其の産まれ月の人に最も力を発揮しる宝石ですので、ガーネットは一月生まれの方にとってはとってもパワーを貰える宝石なのです。
1月の誕生石ガーネットは宝石グループの名前

1月の誕生石についてご説明させていただきます

1月の誕生石は「ガーネット」です。ガーネットは深い赤色をした宝石で、和名(日本名)はザクロ石(柘榴石)とも呼ばれます。というのもこれはザクロ本体ではなく種の部分に結晶の付かた(でき方)似ていたからそう呼ばれるようになったそうです!色じゃないんですね「種」というと色々なイメージがわくかと思いますが、植物はまず芽が出て蕾がふくらみ、花が咲いたあとに種ができます。つまり、「種」は成果として実ったものということになります。だから、1月の誕生石「ガーネット」は忠実、友愛、情熱、勝利などの意味を持っているのですが石の由来に起因した「実り」に関係するものが入っている、というわけなんです!
さらに、ガーネットが情熱的な赤色をしていることから、人と人との深くて熱い絆も象徴しているステキな意味も持っています。
もちろん1月生まれの人だけでなく、パートナーが1月生まれなのでお互いのお守りとしてお持ちになったり、このような「実り」のパワーにあやかって「努力が結実しますように」「頑張ってきたことが成功しますように」という願いを込めてご自身でお持ちになるのもいいかと思います。
また、「ガーネット」の色が好き!という理由でお持ちになるのも素敵だと思います!

ガーネット族は不思議な宝石グループ

実はガーネットは宝石グループの名前です。ガーネットと言うとほとんどの人は赤褐色の宝石を思い浮かべると思います。ブローチで誕生石として販売している大部分のガーネットもこれです。じつは一般的に皆さんが思い浮かべたその赤褐色の宝石は「アルマンディン(アルマンダイト)ガーネット」または「ロードライトガーネット」です。同じガーネットでなんで名前が変わるのか?
このガーネットグループ(ガーネット族)は大きく分けて二つの種類があり、有名な二つは赤色系のガーネット族に分類されています。

赤色系ガーネット(パイラルスパイトグループ)

(1)パイロープガーネット・Pyrope
(2)アルマンディンガーネット・Almandine
(3)ロードライトガーネット・Rhodolite
(4)スペサルティンガーネット・Spessartine
(5)カラーチェンジガーネット・Color Change
このうち、端成分のガーネットの3種類のスペルの先頭をとって、パイロープ、Pyrope=Pyr、アルマンディン、Almandine=Al、スペサルティン、Spessartine=Sp
Pyralspiteパイラルスパイトグループと言われます。
このパイラルスパイトグループは、別名アルミニウムグループとも呼ばれます。

それぞれ化学式は以下の通りです。
パイロープガーネット・Pyrope(苦礬柘榴石):Mg3Al2(SiO4)3
アルマンディンガーネット・Almandine(鉄礬柘榴石):Fe2+3Al2(SiO4)3
スペサルティンガーネット・Spessartine(満礬柘榴石):Mn3Al2(SiO4)3
化学式を見るとAl(アルミニウム)を共通に持っていることがわかります。 和名記載で出てくる礬(ばん)がアルミニウムという意味の漢字です。

もう1つのグループは緑色系ガーネット・ウグランダイト

(6)ウバロバイトガーネット・Uvarovite
(7)アンドラダイトガーネット・Andradite
(8)マリガーネット(グランダイト)・Mali Andradite + Grossular
(9)グロッシュラーガーネット・Grossular
このうち、端成分のガーネットの3種類のスペルの先頭をとって、
ウバロバイト、Uvarovite=U
グロッシュラー、Grossular=Gr
アンドラダイト、Andradite=And
Ugrandite『ウグランダイト』グループと言われます。このウグランダイトグループは、別名カルシウムグループとも呼ばれます。
化学式は以下の通り
ウバロバイトガーネット・Uvarovite(灰クロム柘榴石):Ca3Cr2(SiO4)3
アンドラダイトガーネット・Andradite(灰鉄柘榴石):Ca3Fe3+2(SiO4)3
グロッシュラーガーネット・Grossular(灰礬柘榴石):Ca3Al2(SiO4)3
赤系がAL共有だったのに対してCa(カルシウム)を共通に持っていることがわかります。 和名記載の灰(かい)=がカルシウムという意味です。ウグランダイトグループの和名の「灰」は「はい」とは読まずに石灰などの灰「かい」と呼びます。

ダイヤモンドを超える光の分散を発揮するデマントイドガーネット

デマントイドガーネットはダイヤモンドを超える維持色を発揮する1月の誕生石
中でも緑色系のガーネットの中には希少宝石デマントイドが有りますが、デマントイドは(7)アンドラダイトガーネットと(8)マリガーネット(グランダイト)の両方で出現します。また、デマントイドと双璧となる緑系の希少宝石はグリーングロッシュラーガーネットでバナジウムの分量が50%程度の物をツァボライトと呼びます。ツァボライトはキラキラ虹色と言うよりもマットな緑色に輝く宝石で、同じ緑色の宝石でもこの二つは好みも外観もかなり異なります。

イチオシのファッションジュエリーブランド、「Jupiter」がオススメです!
トレンド感の高いアクセサーをプレゼントするならジュピターがお勧めJupiter」には、誕生石を使ったオシャレなファッションジュエリーがたくさんあるので、ぜひBROOCH(ブローチ)でご覧になってみてください!
ちなみに、「ガーネット」の入った「Jupiter」のネックレスとリングはコチラです!

facetペンダント(ガーネット)

facetリング Jupiter garnet ガーネット

facetリング(ガーネット)
どちらも深くて燃えるような赤色がとってもきれいですね。特に「facetリング」の方はどの指にも着けることができるチェーンリングなのでシーンを選ばず活躍できる人気のリングなんです!
だからプレゼントにもピッタリです!
1月生まれの人はもちろん、成功を応援したい人、そして赤色が好きな人に贈ってみるのはいかがですか?
いつも頑張っている自分へのエールにお持ちになるのもオススメです!ぜひBROOCH(ブローチ)でご覧になってみてください!