TEL.025-246-0007
営業時間 11:00 a.m. - 20:00 p.m.
新潟の婚約指輪・結婚指輪 > FAQ > 結婚指輪・婚約指輪の選び方 > 婚約指輪のダイヤモンドは大きい方がいいですか?

婚約指輪のダイヤモンドは大きい方がいいですか?

ダイヤモンドのカラット(ct)とは宝石の大きさを表す単位だと思われがちですが、実は 重さを表す単位のことをいいます。
1カラットは0.2グラムで、宝石の大きさの単位ではないとはいえ、 カラット数が大きいほどダイヤモンドの直径は大きくなるので、ダイヤモンドも大粒になります。
大きなダイヤモンド=価値が高いと考えがちだですが、 ダイヤモンドの価値を決める指標の一つに4Cというもの があります。
4Cには、重さを表す「Carat(カラット)」のほか、透明度を表す「Clarity(クラリティー)」、色みを表す「Color(カラー)」、カットバランスを表す「Cut(カット)」があり、この4つの指標が高いものが価値のあるダイヤモンドとなります。

婚約指輪に飾られるダイヤモンドの大きさは0.3~0.5ctが一般的です。
大きさにすると直径4〜5mm程度。
ダイヤモンドの大きさは個人の好みなので、身に着ける方の手の大きさや指輪のデザインによっても、ふさわしい大きさは異なってきます。
ただ、一般的には年を重ねた手には宝石が大きいリングの方が映えるといわれています。
婚約指輪はずっと長く愛用するものだから、数十年後のことを考えて大きなダイヤモンドのリングにするというのも一つの考え方なのです。

ダイヤモンドの価値の評価基準は、「Carat(カラット)」「Color(カラー)」「Clarity(クラリティ)」「Cut(カット)」の4Cと呼ばれる4つ。価値があるダイヤモンドを選ぶときは、肉眼でも見分けやすいカラットとカットがおすすめです。BROOCHでは4Cを軸にこだわりのダイヤモンドを、婚約指輪にセッティングできます。

ダイヤモンドは宝石の中で最も硬く傷がつきにくい石ですが、油分を吸収しやすく濁りやすい のが特徴です。
そのため、汗や化粧品などがダイヤモンドの表面について濁りくもらせてしまうこともあります。
ご自宅でも手入れが簡単に出来るので、ダイヤモンドが濁った場合は少量の中性洗剤とぬるま湯を混ぜたものを使い手で洗い、
やわらかいブラシで優しくこすり洗いをすれば、汚れは取れます。

婚約指輪はその場で「ください!」と言っても、すぐには買えないことがございます。もちろんBROOCHではすぐにお持ち帰りできるものも沢山ございますが。
婚約指輪は基本的にはセミオーダースタイルでオーダーを承っております。婚約指輪の場合は、いくつかあるデザインの中から好みの枠を選び、それに自分で選んだダイヤモンドを組み合わせて作ります。
大きいから良いだけでなく4つの指標4Cにこだわった価値のあるダイヤモンドが運命のダイヤモンドとなります。

 

 

 


〒950-0914
新潟市中央区紫竹山3-8-33
TEL.025-246-0007
営業時間:11:00~20:00 定休日:無休

新潟で結婚指輪 婚約指輪など、マリッジリング エンゲージリング ダイヤモンドをお探しの方は、新潟県下最多の国内外ジュエリーブランドを誇る、新潟市中央区紫竹山のジュエリーショップ BROOCH(ブローチ)へ。
今、人気の婚約指輪や定番の結婚指輪など、常時50ブランド以上のジュエリー・ブランドをご用意して皆様のお越しをお待ちしております。
プロポーズの指輪を探している方や、これからブライダルリングを探すカップル(新郎・新婦)様のご来店お待ちしております!