TEL.025-246-0007
営業時間 11:00 a.m. - 19:30 p.m.
新潟の婚約指輪・結婚指輪 > FAQ > ハワイアンジュエリーについて > ハワイアンジュエリーの歴史とは

ハワイアンジュエリーの歴史とは

新潟の花嫁様&花婿様に人気「ハワイアンジュエリー」の歴史とは?

BROOCH(ブローチ)で取り扱うMAKANA(マカナ)は本格的なハワイアンジュエリーの結婚指輪(マリッジリング)ブランドです。
彫りの美しさや高級感あふれるデザインは、まさに結婚指輪(マリッジリング)にふさわしい気品を放ちます。そんなMAKANA(マカナ)のようなハワイアンジュエリーの、そもそもの歴史って何??気になりますよね??そこで今日はハワイアンジュエリーの歴史と成り立ちを紹介します。
ハワイアンジュエリーの婚約指輪で特別なプロポーズはいかがでしょうか?

ハワイアンジュエリーの歴史について

1810年ハワイ諸島を最初に統一したのは、ハワイ王カメハメハ1世でした。カメハメハって聞くと、手からビームが打てそうですがそうではありませんよ!(笑)
外交手腕に優れたカメハメハ1世は、英国との結びつきを強固にし、ハワイ王国を誕生させます。 (※ハワイでカメハメハは「孤独な人」、「静かな人」という意味、意外ですね!)
当時の 英国では、家族や友人への愛の言葉や思い出の言葉を彫り込んだ「センティメンタル・ ジュエリー」と呼ばれるゴールドジュエリーが流行していたんです( *´艸`)!
センティメンタル・ジュエリー は、時代を経て19世紀ヴィクトリア女王時代にふたたび流行し、女王は国賓など大切な人々へセンティメンタル・ジュエリーを贈ることを習慣としていました。
※センティメンタル・ジュエリーはヴィクトリア時代にイギリスで盛んに製作されたジュエリー様式。愛する人や死者への思いなど感傷的な情感を表現した装身具の事を指します。
忘れな草や握り合う手あるいはハートを捧げる手といったモティーフや、髪の毛自体が収納されたり装飾として組み込まれた。メメントモリ等「生と死」をテーマにしたジュエリーの派生最愛の夫である アルバート王子の死後、ヴィクトリア女王は華美な貴金属や装飾品の着用を禁じ、自らも喪服で過ごしますが、唯一喪服用のビクトリアン・モーニングジュエリー(喪服用の黒い ジュエリー)だけは着用を許します。
その際に女王が貴金属細工職人たち作らせたのは、イギリスの伝統的な 喪中用の意匠でもある「スクロール模様」をあしらった黒いエナメルジュエリーで、このジュエリーこそが、現在のハワイアンジュエリーの原型とされているのです・・・!
なんだか少し悲しい話なきもしますが、それだけ愛する気持ちと共にあったジュエリーなのですよね!なので現代も愛され、愛する人に贈るジュエリーとして、友人間、家族、そして特別な人にお贈りするのです! 
新潟で結婚する花嫁に人気のハワイアンジュエリーは本格手彫りタイプの太いカッコイイリングマカナが人気