TEL.025-246-0007
営業時間 11:00 a.m. - 20:00 p.m.
新潟の婚約指輪・結婚指輪 > スタッフブログ

Recent Blog

Archives

桜もすっかり散ってしまい、葉桜となってきましたが、皆さんは今年のお花見は楽しむことができましたでしょうか?

うちの娘はようやく今日になって、同級生の子のご家族と一緒に花見?に出かけています。

ご迷惑をかけていなければいいのですが・・・。

 

さて、先日もRosettEのセカンドラインとなる【RosettE days】(ロゼットデイズ)の商品についてご紹介させていただきましたが、今回は同じシリーズから他のデザインをご紹介致します。

 

まず、RosettEのブランドコンセプトから、改めて。

 

「尊敬と愛を、あなたへ。幾重にも、幾重にも。」

一緒に歩いてくれるあなたへ。

高い山もあるでしょう。深い川もあるでしょう。

風の強い日もあるでしょう。雨が降り続く日もあるでしょう。

一緒に歩いてくれて、ありがとう。

大切なあなたへ。たくさんの尊敬と、たくさんの愛を。

道を歩くたび、幾重にも、幾重にも。

 

【RosettE】は、ヨーロッパで古くから伝わる”リボンの勲章”のことを表します。

コンセプトにもある『尊敬と愛をこめて』お互いに贈り合うロゼットは、ブライダルリングに相応しいテーマです。

 

BROOCHブローチロゼット花嫁マリッジエンゲージ結婚婚約

RosettE

結婚指輪(マリッジリング)

Rosemary(ローズマリー)

Rosemary(ローズマリー)
いつまでも忘れない
出会った時のこと
一緒に歩んでゆく
そう決めた日のこと
いつまでも同じ気持ちで
ハーブ言葉/変わらぬ愛 想い出
集中力アップ、若返り効果があるとされるローズマリーで、永遠に若々しく

GRD-KR-3M
メンズ・マリッジリング(婚約指輪)
Pd950
¥43,740~(税込)


GRD-KR-3L
レディース・マリッジリング(婚約指輪)
Pd950
¥39,420~(税込)

 

華奢な1.3mmのリングの中央には、ぐるりと一周にミルグレインという技法が施されています。

ミルグレイン(ミル打ち)とは、ジュエリーのフチやライン部分などに小さな地金(マテリアル)の玉を連続して打刻していく装飾技法のことです。

「千の粒」という意味を持ち、千=沢山・子宝・永遠・長寿などの意味があり縁起が良いことから、ブライダルリングに多く取り入れられています。

アンティークジュエリーにもよく用いられている技法で、しっとりと落ち着いた重厚感が醸し出されます。

 

そして、もうひとつ。

同じく【RosettE days】から、つや消しのカッコいいデザインを。

BROOCHブローチロゼット花嫁マリッジエンゲージ結婚婚約

RosettE

結婚指輪(マリッジリング)

Basil(バジル)

Basil (バジル)
ふたりが出会ったこと
それが最高の幸運
ふたりが一緒にいること
それが永遠の幸福
ふてきな夢の日々
ハーブ言葉/すばらしい幸運
かつて”王の薬草”と呼ばれたバジルがもたらす、心晴れやかな日々

GRD-KR-1M
メンズ・マリッジリング(婚約指輪)
Pd950
¥50,220~(税込)


GRD-KR-1L
レディース・マリッジリング(婚約指輪)
Pd950
¥45,900~(税込)

 

リング表面は、マットよりももっと粒子のでこぼこ感の出ている「スターダスト」と言われるつや消しがかけられています。

こちらのリング幅も、1.3mmと華奢な作りですが、スターダストによってキリっとしたカッコよさが出ています。

 

細めのリングを選ぶ際に心配することは、その強度です。特にダイヤモンドがたくさんセッティングされているリングはゆがみ、変形による石取れの危険がつきものでした。

しかし、「RosettE days」はリングの製造方法に、鍛造製法(たんぞうせいほう)を採用することにより、格段に強度を上げています。

これによって、変形やキズなどに強く、今回のシリーズのような細めのリングでも十分に耐久性のあるものになっています。

一般的なリングの作り方は、鋳造製法(ちゅうぞうせいほう)といって、溶けたプラチナや金などの金属を型(鋳型)に流し込み、冷やし固めたところで取り出す、という製造法で、動きのあるデザインや複雑なデザインをつくることに向いています。

ただ、高温で溶かした金属を型に流し込む際に気泡が混入してしまったり、金属の密度にムラが発生して「ス」(金属内部の穴)ができてしまうことがあります。できてしまった「ス」は溶かした金属で埋められたりして、しっかりと対処しきれいに商品化されますが、鍛造製法で作られたものに比べて柔らかい傾向があります。

それに対して、「RosettE days」の採用した鍛造製法(たんぞうせいほう)とは、硬く加工もしくは配合された金属を使用して、切削や抜き起こしといった技法での制作方法をいいます。

金属が鍛えられることで引き締まり、加工硬化と呼ばれる金属組織の変化が起きることで密度が高くて強い指輪になります。鋳造製法に比べて変形にも比較的強く、金属表面の硬度も高い傾向にあります。手にしたときの質感(重量感、しっかり感)が高く、表面硬度も高いため磨いた際の輝きも強くなります。

ただ、金属を曲げたり、削りだしたりして制作するため、曲線や複雑なデザインを作るのが難しい製法です。デザインは真っ直ぐなストレートのリングに限定されがちです。

「RosettE days」のデザインは、すべてストレートデザインなので、この「鍛造製法」にはうってつけなのです。華奢で可愛いデザインの上、強度もしっかりとしているとなると、いうことなしですね!

 

「RosettE days」は、お作りする素材をお選びいただくことができます。

上でご覧いただいた商品は、【Pd950】(パラジウム950)でお作りしておりますが、そのほかにも、Pt900、K18のイエローゴールド、ピンクゴールド、ホワイトゴールド、K10のイエローゴールド、ピンクゴールド、ホワイトゴールドが選べます!

そのため、価格も幅広く対応させていただくことができます。

 

プラチナ900は、一般的にマリッジリングに多く選ばれている素材で、白くて高級感、清楚感がきちんと出てくれる素材です。

パラジウム950はプラチナに変わる新素材で色味はプラチナの白い色とほぼ一緒です。強度もあり変色の心配やアレルギーなどの心配の要らない素材です。

イエローゴールドはカジュアルなイメージで着けることが出来ます。ロゼットデイズのような細身の指輪はオシャレで可愛い雰囲気で装えます。

ピングゴールドは肌馴染みが良くプラチナに次いで女性人気がある素材です。暖かみある素材でお肌の色をワントーン上げてくれる効果があります。

ホワイトゴールドは、ロジウムコーティング有と無が選べます。ロジウムコーティング有ですと、プラチナ同様の白色となります。無ですと、ブラウンが少し残る白系の色となります。どちらを選ぶかはお好み次第ですが、ホワイトゴールドでお選びになるのであれば、私はロジウム無で本来のホワイトゴールドの肌に馴染む色で楽しむのも一つではないかと思います。ちなみに、ロジウム無は男性に人気があります。

ホワイトゴールドとは、ゴールドに割り金として銀やパラジウムなどの白色系の金属を使い、白っぽい金を作ったものです。
でも実は、割り金で白色に近づけたゴールドも、まだかなりの黄色味が残ってしまいます。K18で言うと、金75%、割り金25%ですし、K10であっても金40%くらいはありので、どうしても真っ白のホワイトゴールドにはならないのです。

そこでどうするのかというと、表面にロジウムという白色の金属で表面加工(コーティング)を施すと、白色で光沢感のある「ホワイトゴールド」が完成します。

「ホワイトゴールド」として販売されているジュエリーのほとんどは、だいたいロジウムコーティングの加工がされています。時たま着けるお出かけ用ジュエリーやネックレスなどの摩擦の少ないものであれば、コーティングがされているものがほとんどです。

 

近年、ブライダルジュエリーにおいて、このロジウムコーティングの有無が選べる商品やロジウムコーティングなしでホワイトゴールドそのものの色のままで商品を出しているブランドが多く出てきました。

どうしてかというと、やはり、ブライダル、つまり毎日装着することが想定された結婚指輪において、指輪の摩擦によりコーティングの剥離が発生し、色が変化したという誤解が生じることが懸念されたためです。

 

なので、ホワイトゴールドはそのメリットデメリットを考えて、検討されることをおすすめします。

 

実際のお色のサンプルは、当店にございますので、ぜひご相談ください。

ご来店を、お待ちしております!

こんにちは!BROOCHの小林です。

4月半ばを過ぎて、すっかり暖かくなってきましたね。もうすぐ皆さん待ちに待ったゴールデンウィークがやってきますね。

お休みをどのように過ごされるのでしょうか?

BROOCHではブライダルブランド、時計などでいろいろなフェアを開催しておりますので、指輪をご検討されている方は、是非WEBをチェックして下さい。

 

さて、本日ご紹介させて頂くブランドは、先日2ndシリーズを取り上げたばかりの『ORECCHIO』(オレッキオ)から、今回は3rdシリーズ「Concert」(コンチェルト)からオススメのリングをピックアップ致しました!

 

婚約指輪・結婚指輪・ブライダルリング・ゴールド・アンティーク

~ブランドコンセプト~

3rdコレクションのテーマは「音楽」です。そしてそれぞれのリングは音に由来するネーミングとなっています。

ラウンドカットのダイヤモンドを軸に、気品と華やかさを兼ね備えた独創性あふれるデザインとなっています。

 

”Concert”(コンチェルト)とは、イタリア語、英語で協奏曲を意味します。

楽譜上で用いられる速度標語や発想標語は、加えられることによって、音楽をより表現豊かなものに変えていきます。リングテーマは、これから新婚生活を迎えるお二人にぴったりな言葉ばかりで、より一層リングに想いを込めてご使用いただく事ができます。

 

今までのオレッキオは、エンゲージリングにエメラルドカットの角ダイヤを使ったデザインでしたが、今回のシリーズは、エンゲージリングのセンターストーンにラウンドカットダイヤを留めています。

マリッジリングは、オレッキオの従来のイメージ通りのバゲットカットと強い輝きを放つラウンドカットのダイヤモンド両方デザインに取り入れており、ラウンドの華やかさとバゲットの知的でシャープなカッコよさを併せ持った都会的なデザインとなっています。

 

そして、セットの全てがエンゲージリングとマリッジリングが重ね着けできるセットリングとなっております。

勿論、エンゲージのみ、マリッジのみのご購入も可能ですが、重ねて着けることによってリングの持つ世界観がぐっと広がります。

 

新潟結婚婚約マリッジエンゲージBROOCHブローチオレッキオ正規取扱店ORECCHIOジューラconcerto collectionコンチェルトカンパネラ

ORECCHIO

婚約指輪(エンゲージリング)

concerte collection LF1299

Campanella(カンパネラ)
旅立ちの日の朝に鳴り響く
祝福音
クラシックの曲のタイトルにもよく使われる「カンパネラ」
カーンカーンと美しく荘厳に鳴り響く鐘の音は、まさしくふたりの未来を照らす祝福の音。
センターダイヤの周りにミルグレイン風のツメを配した、アンティーク調エンゲージ。オリジナルのハンマー仕上げによるマットな質感が印象的。

品番
CE‐6004‐K
ダイヤモンドカラット数/価格
0.25ct〜 / プラチナ:¥275,400〜 ゴールド:¥264,600〜

 

新潟結婚婚約マリッジエンゲージBROOCHブローチオレッキオ正規取扱店ORECCHIOジューラconcerto collectionコンチェルトカンパネラ

ORECCHIO

結婚指輪(マリッジリング)

concerte collection LF1300 LF1301

Campanella(カンパネラ)
旅立ちの日の朝に鳴り響く
祝福音
クラシックの曲のタイトルにもよく使われる「カンパネラ」
カーンカーンと美しく荘厳に鳴り響く鐘の音は、まさしくふたりの未来を照らす祝福の音。

オリジナルのハンマー仕上げによるマットな質感が印象的。緩やかなウエーブで指元を綺麗に演出。

品番
CM‐6004L‐K
ダイヤモンドカラット数/価格
0.05ct / プラチナ:¥118,800 ゴールド:¥102,600
 

オリジナルのハンマー仕上げによるマットな質感がポイント。緩やかなウエーブは、さりげない感じが好きな男性にもおすすめ。

品番
CM‐6004M‐K
ダイヤモンドカラット数/価格
プラチナ:¥140,400  ゴールド:¥118,800

 

レディースのマリッジリングのデザインは、U字&細身の華やかなリングのためシンプルなサイドストーンなしのエンゲージリングとの重ね着けに最適なデザインです。

緩やかなフォルムは女性の薬指を長く見せる効果があります。

そして、メンズのマリッジリングは、リング中央が膨らむ作り(中太)でになっていて、メンズらしい存在感があります。

そして、エンゲージリングにもマリッジリングにも共通して、表面仕上げにオレッキオオリジナルのハンマー仕上げが施されています。

普通のハンマー仕上げ(イタリアンジュエリーにあるような)は面が大きめの槌で叩くため、一面一面が大きくなり「こってり」したイメージになるのですが、オレッキオのハンマー仕上げは小さく、細かく、より繊細な日本ナイズされた「すっきり」した作りになっています。

ここまで繊細なハンマー仕上げは、日本のブランドの中でも珍しいほどです。

 

ここで、少し雑談ですが、リングの名前になっている「カンパネラ」は、イタリア語で「小さな鐘」という意味です。

リングのご紹介のところにも書いてありますが、フランツ・リストのピアノ曲のタイトルに「ラ・カンパネラ」という曲があり、ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

タイトルを知らなかった私でも、聞いてみたら「あ、知ってる!」と思うほどの有名な曲ですね。

何気なく耳にしていた曲ですが、難易度がものすごく高いらしいです!!どうやら、ピアニストの方でも、避ける人もいるそうです。

ユーチューブで動画を見てみたら、ピアノの上を指があちこち行ったり来たりしていて見ているだけでも大変そうでした(笑)

リストは「ラ・カンパネラ」というタイトルがついたものを4曲作っています。現在「ラ・カンパネラ」と呼んでいる曲は、1851年に作曲されたもので、「パガニーニ大練習曲第3番」のことを指しており、4つの「ラ・カンパネラ」の中では、最も常識的な難易度に改訂されたものだそうです。

その前の3つは、現在ほとんど演奏されることはないそうですが、それは、難しすぎるため!だそうです。

難易度が高すぎて演奏されなくなったって・・・作曲者・リストの、そのチャレンジ精神に感服です。

 

リングの話に戻ります!!

商品画像はゴールドですが、オレッキオはお作りする素材を、PT900、K18イエローゴールド、K18ピンクゴールドの中からお選びいただく事が出来ます。

実は、エンゲージリング、マリッジリングの素材の中で1番人気はやはりプラチナなんです。

プラチナは白くて美しく、希少性が高く変色の心配のない素材です。一生誓い合うものとして相応しいとされています。プラチナはダイヤモンドとの相性も良く、加工がしやすいのでダイヤモンドをしっかり留めることができます。オレッキオは通常ジュエリーで使用される一般のプラチナよりも強度の強いハードプラチナを使用していますので、毎日安心して着け続けられる素材です。フォーマル感をお求めの方には、プラチナでキリッと着けて頂くと素敵です。

一方、画像のようなK18イエローゴールドはカジュアルなイメージとして着けることが出来ます。カンパネラのような表面のテクスチャーがハンマー仕上げとなっているオシャレ感の出ているデザインには、イエローゴールドにすることによってクールさが引き立ってくれるので、より一層カッコよくお着けいただくことができます。

 

K18ピングゴールドは肌馴染みが良くプラチナに次いで女性人気がある素材です。暖かみある素材でお肌をワントーン上げてくれる効果があります。カンパネラはハンマー仕上げでリングのツヤが消えていてカッコイイ印象のリングなので、ピンクゴールドにすることによって暖かい優しい雰囲気をプラスすることができます。

もちろん、男性と女性とでそれぞれ違う素材をお選びいただくことも可能です。

ご自身にどの色が似あうのか、実際に指に着けて頂くと色々な発見がありますので、是非BROOCHにご来店ください。

スタッフ一同、お待ちしております。

こんにちは!

新潟のセレクトジュエリーショップBROOCHの佐久間です!

もうすっかり春ですね♪♪日も長くなってきたのでうれしいです!(^^)!しばらくはお出掛け日和が続くみたいですね。お出掛けのついでに、ぜひBROOCHへもお立ちよりくださいませ♡

 

さて、日々お客様とのデザイン打ち合わせで、色々発見がございます。

その中で私自身が感じたことや、お客様がブライダルリング(婚約指輪・結婚指輪)選びでお困りのことや、気になることを解消し、お2人にとって、素敵なリングを選ぶお手伝いができるようなブログにしていきたいと思っています。

セレクトジュエリーショップBROOCH取り扱いのブライダルリングの魅力を余すところなくお伝えしていきます!!

 

今回ご紹介させていただくのは、和テイストの独創的なリングで人気のブライダルブランド「俄 NIWAKA(にわか)」です!!

メディアでの紹介も多く、聞いたことがある方も多いのではないでしょうか??

俄にわかniwaka

 

 

NIWAKAは、千二百年の歴史を誇る古都京都で誕生した日本のブランドです。

京都で育まれた感性は、洗練されたデザインと最上のクオリティを生み出し、ジュエリーに気品ある存在感をもたらします。 ハイジュエリーからファッションジュエリーまで、NIWAKAのジュエリーには世界を魅了する日本の美意識が息づいています。

 

NIWAKAはジュエリーひとつひとつを「商品」ではなく「作品」としてとらえています。

作品のひとつひとつには、それぞれのデザインに沿った名前と詩がつけられています。そこには、日本の美しい情景とおふたりの結婚を祝福するNIWAKAからの大切なメッセージが込められています。まるでふたりの思い出のような美しい風景に重なる…指にした瞬間から、ふたりの新しいストーリーが始まるそんなジュエリーなんです。

 

また、デザインにも特別なこだわりを持っています。

流れるような面の美しさ、立体的な仕上げ、どの角度からみても美しいフォルム。これを曲線美と呼びます。 正面はもちろん、側面、内側など、細部に至る完成度の高さはジュエラーとしての品質と誇りの証です。

機械では成し得ないアーティスティックなフォルムとバランスは全くもって量産に向かない、高い技術をもつ職人だからこそ実現できます。 熟練の職人が、ひとつひとつ丹念に仕上げていく俄の指輪。爪留、彫留など細かな造形と細部に至る美しい仕上げ。僅かな誤差も許さない匠の誇りが美しさを生み出すのです。 そして、着けた人が美しくあるように、リング自身の美しさはもちろん、着けた時の美しさを大切にデザインされています。女性男性どちらの指も美しく、リングを付ける幸せを感じていただけるように創られているのがNIWAKAの結婚指輪なのです。

新潟NIWAKAniwaka俄せせらぎの結婚指輪はV字のリングで指が細く見えておすすめですニワカ

 

そしてNIWAKAといえばやはりセットリングがオススメです!

NIWAKAのセットリングは、ただ重ね着けが出来るだけではありません! 重ねた時の全体のボリュームやバランスが美しく整い、デザインに一体感が生まれます。 ピッタリとかさなるだけではなく、作品によっては「あえて」婚約指輪と結婚指輪の重なる間に隙間を持たせるデザインもあります。それも重ねた時のバランスを計算しての事です。 また、指輪ひとつひとつに表された「情景」や「ストーリー」も重ねることでより奥深い世界が広がります。1本づつでもそれぞれ十分な美しさなのですが、重ねることによってより輝きが増します!

 

デザインや意味合いがとってもステキなNIWAKAですが、オススメポイントはそれだけではありません!

NIWAKAのリングは、マテリアルをお選びいただけます。プラチナ・イエローゴールド・ピンクゴールド・プラチナゴールドの4種類です。

オススメはもちろんプラチナ素材です。NIWAKAのプラチナは「ハードプラチナ950」といい、通常のプラチナの約2倍の強度を持ちます!希少性の高いプラチナを95パーセント使用し、残りの5パーセントの割り金をNIWAKAで独自配合を施し、一般的なプラチナよりも硬度の高い金属をご用意しております。ゴールド素材は、一般的にメッキと言われるコーティングは施していないので、プラチナ同様のメンテナンスを受けることができます。

さらに、NIWAKAのリングは着け心地も抜群なんです!着け外しの負担が少しでも少なくなるように、職人が1本1本丁寧に手作業で指輪の内側を磨いて仕上げていきます。滑らかな指通りは特に男性からご好評いただいております。

日々生活を共にする結婚指輪は、デザインだけではなく素材や作りにも十分にこだわっていただきたいと思います。

 

スタッフ佐久間のおすすめセットリングをご紹介致します!

 

NIWAKAniwaka俄唐花セットリング重ね着け婚約指輪結婚指輪新潟俄NIWAKA新潟綾香水嶋ヒロ

NIWAKA

セットリング

唐花(からはな) ”その美しい花は 運命の証”

古典模様であり、永遠の美しさや生命力、無限の発展性を表す創造上の花である「唐花」をデザイン。エンゲージメントリングのダイアモンドは伸び行く先にある未来の輝きを表現し、ウェディングリングと重ねると蔓が繋がり、より美しく成長するイメージが生まれます。個性的なアシンメトリーの曲線は柔らかく、優美な印象を与えてくれます。

レディースはダイアモンドでエレガントに。柔らかく優しい雰囲気を醸し出します。ウェーブラインは薬指によく馴染み、着けたときの感覚も違和感なく、着け心地抜群です。メンズのリングは太めなので男性の手元にもバッチリ似合います。表面はつや消し加工が施されているので、落ち着いた印象に。一見シンプルなデザインですが表面に入ったラインにさり気ない個性が見えますよね!メンズ、レディース共に側面から見てもデザインが見えるのが特徴的です。

NIWAKAの特徴である曲線美がギュッと詰まったセットリング。画像やカタログで見るのと、実物を実際に手に取ってみるのでは、全く印象が違います!指にはめた時の美しさは、実際にしてみた方にしかわからないです。さらにエンゲージとマリッジを重ねると、お互いがお互いを引き立て合い輝くのでとっても華やかになります。

NIWAKAは、ダイヤモンドにもしっかりとこだわっています。エンゲージリングのセンターダイヤモンドだけではなく、直径1ミリにも満たない小さなメレダイヤモンドにまで、クラリティやカット、カラーなどの厳しい基準によって厳選されたものを使用しています。ピッタリと重なるデザインなので、より美しさを感じていただけます!

 

 

 

さて、本日のご紹介はいかがでしたでしょうか??

こだわりがたくさん詰まった「俄 NIWAKA(にわか」)のブライダルリング(婚約指輪・結婚指輪)の魅力が伝わっていましたら幸いです。

 

BROOCH のインスタグラムも絶賛更新中!是非チェックしてみてください( ..)φ♡

https://www.instagram.com/brooch__0007

私どもBROOCHスタッフ一同は、おふたりにとって、ブライダルリング選びも素敵な思い出になるように、今後も精一杯・一生懸命ご提案をしていきます。是非ご来店ください!そしてセレクトジュエリーショップBROOCHで展開するのブライダルジュエリーの世界観やリングのすばらしさを、そしてBROOCH取り扱いの世界最高品質のダイヤモンドを確認しに来てください!

おふたりにお会いできることを楽しみにしております^^

                                                   

                                                    

                                                        

こんにちは!新潟のセレクトジュエリーショップBROOCHの岩渕です!

今日はは小雨と強風が続いておりますね、、、、

私は今日も歩いてきたのですが、強い風に吹かれて傘をさすことを断念いたしました・・・・・( ;∀;)!!!!

すごい強風でしたね・・・花粉が飛んでなくてその分助かったのですが(笑)                      

                              

                                      

さて、日々お客様とのデザイン打ち合わせで、色々発見がございます。

その中で私自身が感じたことや、お客様がブライダルリング(婚約指輪・結婚指輪)選びでお困りのことや、気になることを解消し、お2人にとって、素敵なリングを選ぶお手伝いができるようなブログにしていきたいと思っています。

セレクトジュエリーショップBROOCH取り扱いのブライダルリングの魅力を余すところなくお伝えしていきます!!

                                   

                                     

 

今回ご紹介させていただくのは、二人だけの特別な結婚指輪 LUCIE ルシエの Marine(マリーン) Dolphin(ドルフィン)  です!!!!

 

 

LUCIE

セットリング

Marine・Dolphin(マリーン・ドルフィン)                    

                                                    

新潟で結婚指輪を探すならルシエのドルフィンブローチで

 

水しぶきを上げながら戯れる2頭のイルカ。大海原を仲良く泳ぐイルカの姿は、決して離れることがない強固な愛の証となります。
 
 
 
Marine(マリーン)                                                  
青い空映す 紺碧の海                             
青い海を映したようなブルーのグラデーションが海の水しぶきを表現しています。側面から見ると、大きな波と小さな波を見つけることができます。
センターダイヤモンドの横に海をあらわすブルーサファイアをセッティング。

 

海の水しぶきをイメージしたグラデーションが非常にかわいいです!!!!( *´艸`)♡

海が好き、青が好き、といった方にはもちろんおすすめなのですが、デザインがほんとに可愛いので、それ以外の方にも気に入っていただける婚約指輪です(*’ω’*)!!!!                         

サプライズでこんな素敵な婚約指輪をプレゼントされたらほんとにうれしいですよね~~!!!

 

Dolphin(ドルフィン)    

大海原を渡って君のもとへ                              

幸せのシンボルであり、対になると最期の時を迎えるまで離れないという「イルカ」をモチーフにデザインしています。決して離れることのない、強い愛の証となります。
優しいV字 のマリッジリングは、女性らしい柔らかい印象で、手の小さな方でもとってもキレイに映えるデザインです。
dolphin~イルカ~は 古代から幸運の象徴とされ、対になると最期の時を迎えるまで離れないといわれています。2人の愛の結びつきを象徴しているような指輪。

ゆったりとしたVのデザインがやわらかく優しい印象を与えてくれます!シンプルで普段使いもしやすく、さりげないデザインが非常にかわいいです( *´艸`)!!

婚約指輪とピタッと重ねることもできるので、せっかくなら重ねて楽しみたいですよね!!!

 

このブランドは LUCIE といいます。

世界でたった一つのオーダーメイドによる「オートクチュール」ジュエリーブランド「LUCIE(ルシエ)」。
お客様の様々な要望にお応えする中から生まれた婚約指輪と結婚指輪は、美しさを追求するオートクチュールの高い技術とオートクチュールブランドならではの上質な素材でお作りしています。婚約指輪(エンゲージリング)に使用するダイアモンドには、最高評価を得たトリプルエクセレントを多く取り揃え、より輝きの強いダイアモンドをお選びいただけます。結婚指輪(ウェディングリング)はご希望に合わせて「婚約指輪との重ね着け」重視のデザインと「お揃い感」重視デザインの2種類からお選びいただくことが可能です。

さらにLUCIE(ルシエ)の婚約指輪・結婚指輪は着け心地にもこだわり、指への負担を少なくするためにすべてのリングの内側を丸く仕上げています。                              

                   

こだわり抜かれたブランドなので、お二人が一生使っていくのにふさわしいと思います!!

 

ちなみにドルフィンはイルカモチーフなのですが、

イルカは愛と平和の象徴、海に住む守り神、幸運への先導者として古くから人々に愛されてきました。 
ギリシャ神話にはイルカが人間を助ける話しが残っていたり、現代でもイルカはセラピーに起用されるなど、
人々に癒しと喜びを与えてくれる存在として人間との結びつきの強い動物です。

かわいいですよね♪

 

救済と導きの象徴といわれていることから、迷いや不安を抱えているとき、
心に潤いを持ちたいときなどに身に着けると良いラッキーモチーフなんです!!!!        

 

ほかにも、イルカは感性豊かで、鋭い予知能力を持っているため、感性や直感を向上させたい時に身につけたり、
コミュニケーション能力の高さから恋愛や人間関係を良い方向へ導く力があるといわれています♪       

 

このようなたくさんの意味や力を持っているため、イルカが好きな人にはもちろん、
海が好きな方にも、人気なんですよ~~~~
寄り添って泳ぐイルカの姿は、これからの人生を共に歩む二人の幸せを見守る、守り神のように感じられます(*´ω`*)

また、2つのリングを重ね合わせて広い海のウェーブを泳いでいる姿は、
仲の良い二人を表現するにはぴったりの指輪になると思います!!!!!!
イルカのモチーフの結婚指輪は、幸運へ導き、癒しを与えてくれる二人の大切お守り、、、、、と言った意味でも人気のようですね!!!!                                          

 

 

さて、本日の指輪はいかがでしたでしょうか??

想いのこもったハワイアンジュエリープライベートビーチのブライダルリング(婚約指輪・結婚指輪)の魅力が伝わっていましたら幸いです。

私どもBROOCHスタッフ一同は、おふたりにとって、ブライダルリング選びも素敵な思い出になるように、今後も精一杯・一生懸命ご提案をしていきます。是非ご来店ください!そしてセレクトジュエリーショップBROOCHで展開するのブライダルジュエリーの世界観やリングのすばらしさを、そしてBROOCH取り扱いの世界最高品質のダイヤモンドを確認しに来てください!

お二人にお会いできることを楽しみにしております^^

                                                  

 

こんにちは!BROOCHの小林です。

今日は絶好のお花見日和となりましたね。お花見スポットの近くは車の渋滞があったり、家族やカップルで賑やかに歩いている姿も多く、楽しそうな週末の様子がうかがえました。来週にはもう葉桜になっていそうですし、今週は最後のチャンスかもしれませんね。皆様も、楽しまれたでしょうか?

 

さて、本日ご紹介させていただくブライダルリングは、インスタグラムからの指名のおおいブランド、「LAPAGE」(ラパージュ)からです!!

ラパージュは、【LAPAGE Fleurs】(ラパージュ・フルール)と、【LAPAGE Classique】(ラパージュ・クラシック)というシリーズがあります。

新潟で人気のラパージュはクラシックアンティークな結婚指輪で婚約指輪とセットリングが切れに重なる

ふたりのはじまり、歴史の1ページ

『ラパージュ』は歴史の始まり、歴史の1ページといった意味を持つフランス語 「la page」から名付けられました。
ふたりにとって、ふたりだけの大きな歴史の1ページ、祝福すべき歴史の始まりです。
ふたりの絆の証としての結婚指輪。
これからの幸せへの歴史を刻み込んで下さい。
そして日常の中、ふと薬指に「LAPAGE」の指輪を見た時、思い出してください。
「はじまりの1ページ」を・・・。

 

そんなラパージュクラシックから、私のオススメエンゲージリングは、こちらです!

新潟結婚婚約マリッジエンゲージラパージュLAPAGEサプライスプロポーズリング指輪新潟花嫁山形花嫁福島花嫁ポンマリー

LAPAGE Classique

婚約指輪(エンゲージリング)

Pont Marie(ポン・マリー)

Pont Marie(ポン・マリー)
パリで最も古い橋のひとつ。
別名『恋愛橋』。
愛を誓いキスをすると願いが叶うという。
薬指の小さなマリー橋に永遠の愛を願って…。
No.1306 
K18PG/Pt900 
¥81,000(センターダイア別)(税別)

対応カラット 0.20~1.00ct

対応サイズ #3~#20

 

正面から見ると、華奢なシンプルストレートリングなんですが、こちらのように側面から見ると、とっても可愛いデザインが潜んでいるんです。

センターストーンを持ち上げるかのようにリングのアームが高くせり上がり、さらにその下のアームはクラシックを感じさせるくるっとした模様を描いています。

そして石座は、ティアラの様なデザインで、ホワイトダイヤモンドがさらにぐるりと取り巻いていてさり気なく華やかさを醸し出しています。

 

プロポーズと一緒に、シンプルなのにこんなに可愛いエンゲージリングをプレゼントされたら、きっと飛び上がるほどうれしくなってしまうのは間違いなしです!

 

オシャレでモダンなデザイン+本物を追求する作りへのこだわり

ラパージュの魅力的なデザインは、オシャレなパリ在住の女性デザイナーが手掛けています。
「どうしたら女性が身に着けた時に美しく見えるのか」を追求しているため、繊細で優美なラインがとっても素敵なデザインに仕上がっています。

そして、ラパージュのアトリエは京都にあります。「古都京都」から連想するのは、「高貴な」「伝統的な」「こだわり」などのイメージがある通り、やはりリングの作りにもこだわっており、リングをご注文いただくとそこからお客様の指に合わせたサイズで一点一点製作していきます。

自分たちのためのリング、と思うだけで、深い満足を感じていただけると思います。

 

ブライダルリングならではの安心のアフターメンテナンス

ラパージュでは、サイズの変更等メンテナンスをお受け致します。
お買い上げから3年以内のサイズ直し、もしくは新品仕上げ(いずれも最初の1回目)は無償にてお受けしております。
保証書をご持参のうえ、お気軽にBROOCHまでお越し下さい。

 

ロマンチックで素敵な「アイスブルー・ダイアモンド」

ヨーロッパでは、古くから花嫁が結婚式で「サムシング・フォー」と言われる4つのものを身につけると幸せになれると言われています。
そのうちのひとつ、サムシング・ブルー(なにかひとつの青いもの)にちなんで、LAPAGEのマリッジリングの内側には全て「アイスブルー・ダイアモンド」をセッティングしています。
(サムシング・ブルーは目立たない場所にこっそり着けるのがいいと言われています)
これは、LAPAGEからお買い上げいただいた皆さまへ幸せの贈りもの。
「いつまでもお幸せに!」というメッセージを込められています。

 

 

ここで、ラパージュからのプレゼント、「アイスブルーダイヤモンド」が意味する、「サムシング・ブルー」、そして【サムシング・フォー】について、少しご説明いたします。

 

皆さんは、マザーグースという、イギリスやアメリカなど英語を母国語とする国で昔から子供たちへ語り継がれてきた童謡はご存知でしょうか?

日本でも馴染みのある「メリーさんの羊」や「きらきら星」もマザーグースから来ています。

マザーグースの歌は、それぞれに独特の世界観があるものばかりで、不思議な言い回しによって、子供たちは言葉を覚えたり、数字を覚えたり、習慣を学んできたそうです。

また。歴史的な出来事や、その時代の背景とも深く関わっていて、子供向けの「わらべ歌」とは違って、大人と子供が共有し、生活に根付いた文化です。

そのマザーグースの物語の中で語り継がれてきた、花嫁が幸せになるためのおまじないが、【サムシング・フォー】です。

 

Something old,something new,

(なにかひとつ古いもの、なにかひとつ新しいもの)

Something borrowed,something blue,

(なにかひとつ借りたもの、なにかひとつ青いもの)

And a sixpence in her shoe.

(そして靴の中に6ペンス銀貨を)

 

【古いもの】は、祖先から幸せを受け継ぐため。たくさんの愛のつながりの先に自分たちが連なっていることを実感するために、母や祖母から「なにか」を譲り受けるということです。

【新しいもの】は、新しい人生を踏み出す今、手と手を取り合い一本道を一緒に歩み始めるために、新しい「なにか」を用意するのです。

【借りたもの】とは、隣人から幸せを分けてもらうことに繋がります。今のこの幸せはたくさんの人に支えられていることを忘れないために、親しい人から「なにか」を借りるのです。

【青いもの】は、ずっと清らかな気持ちを持ち続けること。悲しいときや、楽しい瞬間、ふたりで結婚を決めたときなどをいつまでも忘れないように、青い「なにか」を目立たないところに身に付けます。聖母マリアのシンボルカラーともいわれていて、「純潔」を表す色とされています。

そして、【6ペンス】とは、ふたりのこれからの暮らしに富と繁栄がもたらされ、心にゆとりがもてるお守りとして、花嫁の左の靴に6ペンス銀貨を忍ばせるのです。

 

結婚式を迎える日に、これらの「4つ」を身に着けると幸せな結婚となる、欧米に昔から伝えられてきた花嫁さんのおまじないです。

その中の【青いもの】は、目立たない場所として、一般的にはガーターに青いリボンを飾るようですが、日本にはガーターを身に着ける方が少ないので、ほかのところに「青」を取り入れることが多いです。

BROOCHのおすすめとしては、やはり「青」はウェディングリングの内側に密かに、ふたりだけにしかわからない「ブルー」の宝石です!

ラパージュのリングに入る、「アイスブルーダイヤモンド」は、サムシングブルーの一つとして、そして何よりも硬い石にちなんで二人の永遠の絆として、ぜひお持ちくださいませ。

 

BROOCH店頭でお待ちしております!

こんにちは!

桜も満開となり、暖かい陽気に包まれながら外を歩いていると、とても爽やかで幸せな気持ちがこみ上げてきますね~。

もうすぐ新元号に変わるとあって、5月1日にご入籍を考えていらっしゃる方たちも多いそうで、実際に幸せ気分な雰囲気があちこちに包まれているでしょうね。

 

さて、本日ご紹介させていただくブライダルリングは、インスタなどSNSでも大注目のブランド、『ORECCHIO』(オレッキオ)です!!

婚約指輪・結婚指輪・ブライダルリング・ゴールド・アンティーク

その中でも、最近BROOCHにたくさん入ってきた、オレッキオのセカンドシリーズ、【guira】(ジューラ)からご紹介したいと思います。

 

新潟結婚婚約マリッジエンゲージBROOCHブローチオレッキオ正規取扱店ORECCHIOジューラguira collection月桃ゲットウ

ORECCHIO

結婚指輪(マリッジリング)

guira collection LF1130 LF1131

Gettou(ゲットウ)
はるか昔より現代へ続く息づく想い
古来より幾千年もの間、人々に愛され続けている月桃。時を経て実ったふたりの気持ち。
私たちの愛も月桃のように人々に愛され、幾千年もの間続きますように…。
(上)
スターダスト仕上げと鏡面仕上げの絶妙なバランスとバゲットカットのホワイトダイヤの輝きがシャープな印象の結婚指輪
品番 GM‐5005L‐P
ダイヤモンド0.03ct
プラチナ:¥129,600 ゴールド:¥108,000
 
(下)
スターダスト仕上げと鏡面仕上げの絶妙なバランスとバゲットカットのブラックダイヤの輝きがシャープな印象の結婚指輪
ダイヤモンド0.04ct
プラチナ:¥151,200  ゴールド:¥118,800

 

リングのフチの部分がピカピカの鏡面仕上げとなっていて、そのほかのスターダスト仕上げを一層クールに、エレガントに引き立てます。

一般的なつや消し仕上げは、きめ細かい粒子状の「マット」と言われているものと、横(あるいは縦)に細い線を引いたようにツヤを消している「ヘアライン」というものがほとんどですが、この「ゲットウ」のリングに施されているつや消し仕上げは、「スターダスト」といって、「マット」よりももっと粒子の大きくその名の通り【星屑】をちりばめたような仕上げです。シャープな雰囲気がとてもカッコよくて、特に男性に人気の高いつや消し方法です。クールでおしゃれ感をはっきりと出したい女性にも人気があります。

しかも、リングにセッティングされているダイヤモンドは、バゲットカットと言われる長方形にカットされたダイヤモンドです。

 

【guira】(ジューラ)のブランドコンセプト

”guira”とはイタリア語で「誓う」という意味です。2人の永遠の誓いをリングに込めていただきたいという想いから名付けられています。

ブランドの特徴としては、すべての商品に”アロマ”の名前がついており、リングテーマによっておふたりの結婚生活をイメージさせるようなキャッチコピーが付いています。

香りとともに記憶されたものは人の深層記憶に深く刻まれます。リングの名前の示す香りとともにお二人の愛が記憶されていくことを願って作られたラインナップとなっています。

 

このリングの名前の「ゲットウ」とは、沖縄や台湾などが原産の、白くオリエンタルな花は香りも爽やかで、アロマやお茶、化粧水などさまざまな製品に活用されている、熱帯や亜熱帯などに自生しているショウガ科ハナミョウガ属のハーブです。沖縄ではごく身近な植物として親しまれ、野山に自生しているものの他、民家の庭先などでも育てられています。

月桃の香りはショウガ科のハーブのため、スパイシーで爽やかな甘みのある香りです。最近、人気が出てきているそうですが、私はまだ残念ながら試してみたことはありません。でも、気になりますね。

沖縄では月桃のことを、「サンニン」と呼ぶそうです。月桃は古くから親しまれており、薬草として利用されてきました。

また、ムーチーと呼ばれる餅のような伝統料理を包んで蒸したり、香り付けを兼ねて肉や魚を包んで蒸し焼きにする料理や、お饅頭の包装など幅広く利用されています。

沖縄を代表するアイスクリームブランド、ブルーシールアイスクリームのフレーバーの一つにもなっており、沖縄県で月桃は、名産品としてさまざまなものに使われています。

月桃のアロマの効果として、ストレスや緊張を和らげてくれる作用があります。脳を刺激し、血圧降下作用もあるので集中力を高めたい時などにも効果的です。

ご結婚式をすぐに控えているおふたりには、その準備を集中して行いたいときや式当日の緊張を緩和したいときなど、利用してみるのもいいかもしれませんね。

 

さて、ORECCHIOの【guira】シリーズは、すべてセットリングとしてエンゲージリングが用意されています。

新潟結婚婚約マリッジエンゲージBROOCHブローチオレッキオ正規取扱店ORECCHIOジューラjuira

ORECCHIO

婚約指輪(エンゲージリング)

guira collection LF129

Gettou(ゲットウ)
はるか昔より現代へ続く息づく想い
古来より幾千年もの間、人々に愛され続けている月桃。時を経て実ったふたりの気持ち。
私たちの愛も月桃のように人々に愛され、幾千年もの間続きますように…。
品番 GE‐5005‐P
ダイヤモンドカラット数/価格
メイン 0.20ct〜 / プラチナ:¥237,600〜 ゴールド:¥210,600〜
メイン 0.30ct〜 / プラチナ:¥318,600〜 ゴールド:¥291,600〜

 

腕の幅は2mmと細目で、可憐な印象になります。それを、センターのエメラルドカットのダイヤモンドのクールなイメージと相まって、エレガントな上質感を醸し出しています。

ダイヤに向かってアームが絞られていることで、エメラルドカットの「四角」がはっきりと大きくみえます。

また、横から見ると、アームがダイヤモンドに向かって高くせりあっがているデザインで、センターストーンが目の近くに見え、より大きく見えます。

ダイヤモンドはセンターストーンのみのシンプルなデザインながら、随所にこだわりが詰まった、エンゲージリングです。

 

エメラルドカットとは主にエメラルドの宝石に使われるカット方法で、この手法を使ってダイヤモンドをカットすることがあります。

婚約指輪に使われるカットはラウンドブリリアントカットと呼ばれるものが多く、上から見ると全体的に円形に見え、横から見ると下に向かって1点に集中する形でカットされています。

それに対してエメラルドカットは、横から見るとアウトラインが階段状に見えるようにカットされます。(バゲットカットも同じですね。)

エメラルドカットのダイヤが放つ光は透明感があるのが特徴です。

元々はエメラルドに使用されていたカットで、エメラルドそのものが持つ色を引き出すことに適したカットでしたが、ダイヤモンドのような透明度の高い宝石に使用すると、その宝石が持つ本来の色を際立たせるという特徴があるカットです。

ダイヤモンドの場合は、無色透明であればあるほど価値が高いといわれていますが、エメラルドカットにすることによってダイヤ本来の透明感を効果的に演出できるようになります。

ラウンドブリリアントカットのダイヤモンドらしい強い輝きもステキですが、クリアで聡明感あふれる魅力のあるエメラルドカットのエンゲージリングは、きっとお二人の特別な関係を象徴するようなお守りの石となってくれます。

エメラルドカットやバゲットカットなどの角ダイヤの魅力にはまってしまった方は、ぜひ、BROOCHまでリングをご試着にいらしてください!

スタッフ一同お待ちしております!

こんにちは!新潟のセレクトジュエリーショップBROOCHの岩渕です!

今日は雨が降っていきなり寒くなりましたね、、、、

朝から寒くて、今日はお布団から出るのがつらかったです・・・・・

桜も咲き始めているのに こんなに寒くて、なんだか春じゃないみたいですね( ˘•ω•˘ )

早く春らしい天気になってほしいもんです。。。。(花粉症なので。それはそれできつそうですが(笑))

 

さて、日々お客様とのデザイン打ち合わせで、色々発見がございます。

その中で私自身が感じたことや、お客様がブライダルリング(婚約指輪・結婚指輪)選びでお困りのことや、気になることを解消し、お2人にとって、素敵なリングを選ぶお手伝いができるようなブログにしていきたいと思っています。

セレクトジュエリーショップBROOCH取り扱いのブライダルリングの魅力を余すところなくお伝えしていきます!!

 

今回ご紹介させていただくのは、二人だけの特別な結婚指輪BRIGDEの Lily of the Valley & Made in Paradise(スズランの音色/光のメビウス)  です!!!! 

BRIDGE

セットリング
 

Lily of the Valley & Made in Paradise スズランの音色/光のメビウス   

 

人気の新潟デザイナー結婚指輪婚約指輪プロポーズ大作戦はしわたし

 

Lily of the Valley & Made in Paradise(スズランの音色/光のメビウス)                         
■スズランの音色:                                                          
スズランはユリ科スズラン属の多年草です。鈴のように咲くためにこの名前がつきました。花言葉は「幸福が訪れる」「純潔」「純粋」「繊細」「幸福の再来」「意識しない美しさ」など。    
ヨーロッパでは「春のシンボル」とされ、幸せを呼ぶと言われます。また、「聖母マリアの涙」と喩えられることもあり、花嫁に贈る花としても有名。RING名の由来、スズランの香りは「聖なる香り」と言われ、好きな人にふりかけると自分に振り向いてくれるという言われています。いつまでも好きな人を振り向かせる恋の魔法と共に・・・        
                                                                          
                                                                        

■光のメビウス:                                               

三回ひねりのメビウスの輪は本当はどこかで表と裏が繋がる部分が出てきます。絵には描けるけれども実際に造形する事はできません!三回ひねりのメビウスは「表裏一体」のシンボル…。                                      
表と裏が一体である、ってことは?「矛盾」します・・・しかし、「矛盾」こそ生の本質なのでは?天国(楽園)産のメビウスの輪はお互いに表裏一体となって歩む夫婦生活を応援する形。富める時も病める時もいつもまっすぐにいてほしいとの思いを三回ひねりの光るメビウスに込めてデザインしました。

                                                                   

                                                            

両サイドに付いたメレダイヤモンドが非常に可憐でカワイイシンプルな婚約指輪と、イエローゴールドとプラチナとのコンビでできた個性的でカワイイ、でも控えめなデザインが組み合わさり、重ねずつけしても 魅力的なセットリングです!!!!!                             

                                                                      

このBRIGDEは

橋には大地の端と端を結ぶ”はしわたし”という意味が込められています。

BRIDGEのブライダルリングはお互いの歴史を重ねる2人の”はしわたし”をコンセプトにしています。2人が出会い、揺るぎない絆で結ばれる「誓いの架け橋になりたい」という想いからデザインされた素敵なブランドです♪

                                         

BRIDGEに込められた想い

いくつもの橋を渡って私たちは出逢いました そしてこれからは いくつもの橋をふたりで架けてゆくのです キャンバスに描くように ゆっくりとした時間の中で煌きと共に

 

すごくステキですよね!ブランドのコンセプトや思いもしっかりしていて、ここのブランドの指輪でそろえたよね!!と思い出になります・・・・( *´艸`)♡   

                               

BRIGDEにはたくさんのこだわりがあります、

逸品の着け心地

ひとつひとつ異なるデザインに合わせて絶妙に計算されたカーブを描いています。 末永くお使いいただくものだからこそ何より着け心地の良さにこだわり、全て内甲丸仕上げで丹念に作り上げられた「逸品の着け心地」を感じていただけます。

 

選べるこだわりの素材

BRIDGEのブライダルリングには世界基準のプラチナ950を使用しています。
独自の配合で(Pt950/Pd950/Ru20/Hv115)、硬度や耐久性の高い上質なハードプラチナを使用しているので、安心して使うことができます。
また、ご希望により18金素材やパラシウム素材でお作りすることができます。

BRIDGEのプラチナはハードプラチナを使用しています。
ハードプラチナは、通常のプラチナに比べて、1.5倍の硬度や耐久性があります。
また、プラチナの白い輝きには純粋な想いや夢などの想いが込められているので、ブライダルリングにはプラチナがオススメです。着け心地と素材の良さを是非店頭でお確かめ下さい。

 

 

 

2人が一生着けていく結婚指輪はやっぱり着け心地や素材は大事ですよね。。。。。

使って間もないのに壊れてしまったり、ざらざらして着けていて不快感を感じるなんてのは嫌ですよね!!!!

                                                 

輝くダイヤモンド

小さなメレダイヤモンドの輝きにもこだわりをもつBRIDGE。 プロポーションが良く耐久性が高いダイヤモンドの中でもテーブルクリーンにこだわっています。 デザインにより埋め込まれたものでも強い輝きを放ちます。

 

ダイヤモンドの美しいブランドはBROOCHのBRIGDE結婚指輪と婚約指輪を探すなら必見

 

もちろんせっかくダイヤモンドが入ったデザインんいするなら汚い石より、綺麗に輝く石の方がいいですよね!!!

そのてんスズランの音色、光のメビウス、両方ともBRIGDEのメレは美しいので安心!!!

シンプルでありながら、おふたりらしさを出した結婚指輪にできると思います!!!

 

 

こんにちは!

新潟のセレクトジュエリーショップBROOCHの佐久間です!

きれいに桜が咲いてきましたね♪近所の公園ではありますが毎年お花見に行きます!最初は桜と一緒に写真を撮ったりお花見を楽しんでいるのですが、最終的にはやはり花より団子です( *´艸`)みんなで持ち寄った食べ物ももちろんですが、屋台からもいい匂いがしてきたり・・・今年もお花見が楽しみです♪♪

 

さて、日々お客様とのデザイン打ち合わせで、色々発見がございます。

その中で私自身が感じたことや、お客様がブライダルリング(婚約指輪・結婚指輪)選びでお困りのことや、気になることを解消し、お2人にとって、素敵なリングを選ぶお手伝いができるようなブログにしていきたいと思っています。

セレクトジュエリーショップBROOCH取り扱いのブライダルリングの魅力を余すところなくお伝えしていきます!!

 

今回ご紹介させていただくのは、

1880年ドイツ、ヴェルツハイムで創業した、世界で愛されるブライダルブランド

「CHRISTIAN BAUER (クリスチャン・バウアー)」です!

 

新潟 結婚指輪 婚約指輪 マリッジ リング エンゲージリング ブライダル ウェディング CHRISTIAN BAUER クリスチャン・バウアー ドイツ 鍛造 丈夫 かっこいい 

”「生涯を共にできるリング」を作り続けること”をコンセプトに、
1880年ドイツ、ヴェルツハイムで創業以来、クリスチャンバウアーは最高品質のウェディングリングを目指し、情熱を注いできました。 130年以上たった今も、その情熱は守られ、受け継がれています。

クリスチャンバウアーでは、高級車のベンツやBMW、ポルシェなどの部品を製造している工業部門を持っており、そこで培われた最先端技術がウェディングリング作りにも活かされています。

指輪を作るのに、そんな工業的な技術がいるの?と思われるかもしれませんが、クリスチャンバウアーのリングの制作方法には秘密があります( ̄▽ ̄)

 

まず、指輪を作る方法は大きく分けて2種類ございます。

ひとつは「鋳造(ちゅうぞう)」という製法。

鋳造製法は、材料である金属を融点よりも高い温度で熱して液体にしたあと、型に流し込み、冷やして目的の形状に固める加工方法です。日本で作られるリングの多くがこの鋳造製法で作られています。

もうひとつは「鍛造(たんぞう)」という製法です。

鍛造製法は金属に幾度も圧力を加えながら円形へ導く製造方法です。元となる金属製の材料をハンマーなどで何度もたたき、製品の形に近づけます。叩けば叩くほど金属の結晶が整うため、強い製品ができるという特徴があります。

 

クリスチャンバウアーはこの鍛造製法でリングを作っているのです!

すべてが1点もののクリスチャンバウアーのリング。
結婚指輪として一生涯着け続けるためには品質の確かさが大切になります。
クリスチャンバウアーは、マイスターという最高国家資格を持った選ばれし職人が各部門に在籍し、徹底管理しています。さらに最先端の機器を導入することで、やっとクリスチャンバウアーが求める品質になります。決して効率重視ではなく、職人の思い入れがひとつずつ入ったパーソナルな指輪が完成するのです。

 

クリスチャンバウアーのリング制作ステップは大きく分けて5つです。

1、素材合金

世界的にも珍しくクリスチャンバウアーでは低酸素、減圧状態で合金を行っています。独自の技術により合金された素材だけが、16を越える工程で最高の特性を発揮できます。また、酸化.変色がほとんどありません。

2、圧延

全ての地金は数百トンもの圧力をかけられ、非常に高密度に仕上がります。 また、一度だけではなく、繰り返し別の方向から圧力をを加えることで硬いだけではなく、バネ性のある地金に仕上がります。

3、切削

原型を製作した後、高速回転の旋盤を使い切削という手法でデザインが成形されます。

4、ダイアモンドセッティング

ダイアモンドのセッティングは、卓越した技術とキャリアを持つ石留め専門のマイスターによって留めるだけでなく、美しい輝きを無駄なくなった引き出します。

5、仕上げ

表面をポリッシュやマット仕上げ等のデザインにあった加工を行うとともに着け心地を左右する内側も丁寧に、磨き上げます。

 
 
独自の鍛造製法は自社合金することで、金属疲労や変色が生じにくい上質な素材となります。精巧なハンドクラフトに最先端の技術を組み合わせることで、ハイクオリティなリングが完成します。鍛造製法で作られた指輪は、非常に硬く丈夫な仕上がりになります。リングの歪みや、それに伴った石取れなどが起きにくいので、安心して使っていただけます。
また、リングにセッティングしているダイヤモンドにもこだわりがあります。自社内でもプロの鑑定士によりさらに厳しく選別されるダイヤモンドはまさにトップレベルの美しさとクオリティを誇る厳選されたダイヤモンドを使用しています。どんなに小さなメレダイヤモンドも最高級に美しい輝きを放ちます!
 
新潟 結婚指輪 婚約指輪 マリッジ リング エンゲージリング ブライダル ウェディング CHRISTIAN BAUER クリスチャン・バウアー ドイツ 鍛造 丈夫 かっこいい  新潟 結婚指輪 婚約指輪 マリッジ リング エンゲージリング ブライダル ウェディング CHRISTIAN BAUER クリスチャン・バウアー ドイツ 鍛造 丈夫 かっこいい 
 
また、クリスチャンバウアーのリングをお持ちになったお客様には、生涯そのリングのオーナーであることを証明する「オーナーズカード」が発行されます。
「オーナーズカード」により、全国の取扱店にて超音波洗浄によるクリーニングやメンテナンスが可能です。また、リングデザインの廃番もないため、たとえ紛失しても必ず同じ指輪をお作りできます。一生ものの結婚指輪だからこそ長く続く保証は心強いですよね!
 
 
「結婚指輪」としてふさわしく長年使い続けることができるデザインは世界中で愛されています。見た目の美しさのみならず、普段見えない内側にまで配慮することで、至福の着け心地が生まれます。
私がおすすめするクリスチャンバウアーのマリッジリングはこちらです!!
シンプルでかっこいい丈夫なドイツのCHRISTIAN BAUERクリスチャン・バウアー
Combi Color(コンビカラー) 273481 / 243478
ベースに2色以上の金属を使ったライン。余計な装飾をそぎ落としたシンプルなカッティングが活きるコンビネーションカラーです。プラチナとホワイトゴールドの王道2色コンビネーション。よくると色の違いがお分かりいただけると思います。異なる素材の金属を使ったコンビネーションは、金属の融点がそれぞれ異なるため制作が難しいのですが、クリスチャンバウアーでは、マイスターが1本1本丁寧に制作しています。シンプルなデザインですが、ボリュームがあるため存在感はバッチリです!エッジが聞いてるのでゴツゴツするんじゃないの?と思う方も多いかもしれませんが、リングの内側はとってもなめらかで付け心地がいいんです!クールにかっこよく、キレイ目スタイルが好みのおふたりにおすすめしたいリングです♪♪
 
 

さて、本日のご紹介はいかがでしたでしょうか??

「CHRISTIAN BAUER (クリスチャン・バウアー)」のブライダルリング(婚約指輪・結婚指輪)の魅力が伝わっていましたら幸いです。

BROOCH × CHRISTIAN BAUER のインスタグラムも絶賛更新中!是非チェックしてみてください( ..)φ♡

https://www.instagram.com/brooch_christianbauer

私どもBROOCHスタッフ一同は、おふたりにとって、ブライダルリング選びも素敵な思い出になるように、今後も精一杯・一生懸命ご提案をしていきます。是非ご来店ください!そしてセレクトジュエリーショップBROOCHで展開するのブライダルジュエリーの世界観やリングのすばらしさを、そしてBROOCH取り扱いの世界最高品質のダイヤモンドを確認しに来てください!

おふたりにお会いできることを楽しみにしております^^

 
 

 

 

 

こんにちは!新潟のセレクトジュエリーショップBROOCHの岩渕です!

今日も月曜日がやってまいりました・・・・、昨日と一昨日は天気のいい土日になりましたね!!!!

気温も少し上がってきていたので、お花見に行かれたり、お出かけしていた!という方も多いのではないでしょうか??

私もお花見に行きたいのですが、、花粉症がつらいので、、、、毎回いいな、いいな、と羨ましい目線を送るばかりです!(笑)

 

 

さて、日々お客様とのデザイン打ち合わせで、色々発見がございます。

その中で私自身が感じたことや、お客様がブライダルリング(婚約指輪・結婚指輪)選びでお困りのことや、気になることを解消し、お2人にとって、素敵なリングを選ぶお手伝いができるようなブログにしていきたいと思っています。

セレクトジュエリーショップBROOCH取り扱いのブライダルリングの魅力を余すところなくお伝えしていきます!!

 

今回ご紹介させていただくのは、二人だけの特別なハワイアンジュエリーの結婚指輪

プライベートビーチのOLA 生命 です!!!!!

 

private beach

結婚指輪(マリッジリング)

OLA : 生命

イアンジュエリーの結婚指輪を探すならプライベートビーチのOLA

 

OLA : 生命
ふたりの幸せを祝福する 多くの生命
中央にHONU(海亀)とプルメリアを刻印した生命がテーマのリングです。
両サイドにスクロールデザインが施してあります。

 

まずそもそもハワイアンジュエリーとは?????

ハワイアンジュエリーの起源は非常に古く、そのルーツを17世紀後半の英国に見ることが出来ます。ハワイと英国との結びつきは、後世に名を残すイギリス人の洋探検家であるキャプテンクックのハワイ諸島上陸から始まりました。まず、最初にハワイ諸島に定着したのは、海を渡ってこの地に辿り着いたポリネシア人とされていて、その年代は紀元前500年から3世紀頃の間とする説が有力です。

1788年1月、キャプテンクックがレゾリューション号、ディスカバリー号の2隻の船でハワイ諸島への初上陸を果たした当時は、アリイと呼ばれる族長が支配権を持ち、神官、職人、庶民、奴隷といった階級社会が存在していたことがわかっています。キャプテンクッックは、上官だったサンドウィッチ伯爵に因みサンドウィッチ諸島と命名しますが、カライオブウ王によって統治されていたこの地では、すでにハワイと言う名称が定着していました。

その後キャプテンクックは先住民との抗争で命を落としますが、ディスカバリー号を率いていたチャールズ・クラークがイギリスへと還りつき、サンドウィッチ諸島=ハワイ諸島の発見を報告し、ハワイ諸島の存在が欧米へと知らされたのです。

 

ハワイ諸島を最初に統一したのは、ハワイ王カメハメハ1世で、外交手腕に優れた カメハメハ1世は、英国との結びつきを強固にし、ハワイ王国を誕生させます。

当時の 英国では、家族や友人への愛の言葉や思い出の言葉を彫り込んだ「センティメンタル・ ジュエリー」と呼ばれるゴールドジュエリーが流行していました。 センティメンタル・ジュエリー は、時代を経て19世紀ヴィクトリア女王時代にふたたび流行し、女王は国賓など大切な 人々へセンティメンタル・ジュエリーを贈ることを習慣としていました。 最愛の夫である アルバート王子の死後、ヴィクトリア女王は華美な貴金属や装飾品の着用を禁じ、自らも 喪服で過ごしますが、唯一喪服用のビクトリアン・モーニングジュエリー(喪服用の黒い ジュエリー)だけは着用を許します。 その際に女王が作らせたのは、イギリスの伝統的な 喪中用の意匠でもある「スクロール模様」をあしらった黒いエナメルジュエリーで、このジュエリ ーこそが、現在のハワイアンジュエリーの原型とされています。 

 

そしてハワイアンジュエリーの歴史として知られているのはリリウオカラニ女王ではないでしょうか??

ハワイアンジュエリーの結婚指輪を探すならプライベートビーチ

 

英国と親密な関係にあったハワイでは、特に親交の深かったハワイ王朝 第8代女王 リリウオカラニ(当時はリリウ・カマカエハ大酋長)もアルバート王子の死を悼み、 ハワイの言葉で永遠の想い出を意味する“ホオマナオ・マウ”という言葉を刻んだ ブレスレットを作らせ、一生身に着けたと言われています。このブレスレットは、 1882年にカラカウア王によって建てられ、その後王位を継承した女王が1893年に 退位させられるまで暮らしたとされる公邸=イオラニ宮殿で公開され、ブレスレットに インスパイヤーされた作品が、今も数多く制作されています。

リリウオカラニ女王は、 ホノルルのポフカイナ女学校の校長であり、宮殿での舞踏会や演奏会のプログラム 作成に尽力したイギリス人の恩師、ゾーイ・アトキンソン氏に、“アロハ’オエ(あなたに愛を)” の言葉を日付と共に黒のエナメルでブレスレットに彫り込み、『ハワイアン・ブレスレット』 として感謝の気持ちを込めて贈っています。

当時の女学生がこの事を真似たことから、 ハワイでも自分の大切な人へ言葉やモチーフを刻んだジュエリーを贈る習慣が生まれ ました。そして、代々伝わる家宝=ハワイアン・エアルーム・ジュエリーとして、やがては ハワイを代表する文化へと成長を遂げていくのです♪

 

そんな歴史を秘めたハワイアンジュエリーを結婚指輪にできるって素敵ですよね!!!

このプライベートビーチというブランドは

“ふたりだけのリゾートを結婚指輪に ” をコンセプトにしたハワイアンジュエリーブランドです♪

ファッションやライフスタイルなど、海が好きなふたりのための結婚指輪です。
それぞれの想いが込められたモチーフには、“いつも海を感じられるように”
というテーマでデザインされています。心地よい風と香りのビーチが、
いつも感じられるマリッジリングブランドです。

ふたりだけの特別なビーチをテーマにして、その空間を創り出す全ての 要素を指輪のモチーフにしました。
ハワイアンの手彫りが施されたリングにはめずらしいスタイリッシュな フォルムと、幅広い素材のセレクトが特徴です!!

どのデザインも素敵なものばかりですが、、

今日ご紹介させていただくOLA 生命は非常に個性的でお二人らしさを引き立ててくれる最高の結婚指輪です( *´艸`)♡

 

ハワイアンジュエリーは彫りにも一つ一つ意味が宿ります・・!

まずメンズのリングのデザインは、ホヌ(ウミガメ)

「幸せを運んでくれる」「健康」「長寿」「子宝」
ハワイの海の守り神、ホヌ(Honu)。神聖な生き物として大切にされています。
健康や長寿、子宝が象徴のウミガメは、幸せを運んできてくれるお守りとしてお二人を見守ってくれます♪

 

そしてレディースデザインは、プルメリア

気品」「魅力」「しとやか・上品」
ハワイを代表する花、プルメリア。
魅力を引き出し、気品漂う美しい女性へと導いてくれる……。神様が宿る花としてハワイの人々に愛される、甘い香りの可憐な花です。
幸せをもたらしてくれる守り神とも言われているので、女性のお守りアクセサリーとしても人気があります( *´艸`)!!

ご主人様のデザインは、少しカクっとしているのに対して奥様のデザインが柔らかい丸なのも、お互いにお互いらしいデザインでかわいいですよね!!!!!

さて、本日の指輪はいかがでしたでしょうか??

想いのこもったハワイアンジュエリープライベートビーチのブライダルリング(婚約指輪・結婚指輪)の魅力が伝わっていましたら幸いです。

私どもBROOCHスタッフ一同は、おふたりにとって、ブライダルリング選びも素敵な思い出になるように、今後も精一杯・一生懸命ご提案をしていきます。是非ご来店ください!そしてセレクトジュエリーショップBROOCHで展開するのブライダルジュエリーの世界観やリングのすばらしさを、そしてBROOCH取り扱いの世界最高品質のダイヤモンドを確認しに来てください!

お二人にお会いできることを楽しみにしております^^

こんにちは!

新潟のセレクトジュエリーショップBROOCHの佐久間です!

新元号「令和」が発表されましたね!正式な元号改正は1か月ほど先ではありますが、一足先に4月から一区切り、新年度のスタートですね♪

 

さて、日々お客様とのデザイン打ち合わせで、色々発見がございます。

その中で私自身が感じたことや、お客様がブライダルリング(婚約指輪・結婚指輪)選びでお困りのことや、気になることを解消し、お2人にとって、素敵なリングを選ぶお手伝いができるようなブログにしていきたいと思っています。

セレクトジュエリーショップBROOCH取り扱いのブライダルリングの魅力を余すところなくお伝えしていきます!!

 

今回ご紹介させていただくブランドは

日本の伝統技法である「木目金」を使って作られる世界にひとつの特別な指輪を作りだすことで人気の

「杢目金屋(もくめがねや)」です!!

新潟で唯一お取り扱いの杢目金屋

 

 

そもそもまず「木目金(もくめがね)」とは??

今から400年前の江戸時代に生まれた、金属の色の違いを利用して木目状の文様を創り出す日本独自の特殊な金属加工技術です。銘木の一種である鉄刀木(たがやさん)に模様が似ている事から、タガヤサン地とも称され、また霞打とも呼ばれます。

その歴史は江戸時代初期、出羽秋田住正阿弥伝兵衛が考案したグリ彫りの刀の鍔(つば)にはじまると伝えられています。広く木目金の技術が完成したのは時代がさがり、江戸時代後期天保頃。新しい金属工芸技術の誕生として、多くの職人が様々な作品を作り上げました。しかし、廃刀令後、武士が刀を国へ返してから後、木目金の技術は廃れていってしまいました。木目金(木目金)は一度途絶えたがある時に復活。しかし一部の技術はまた途絶えてしまった不思議な技術なのです。その特殊な技術に魅了された限られた制作者たちによって伝承されるまさに”幻の技術”なのです。

杢目金屋の職人技をまじかで見れるのは新潟正規取り扱い店のBROOCH 

 

金属なのに、木目模様って不思議ですよね( ゚Д゚)!

冷たい金属なはずなのに、あたたかみのある雰囲気に見えます。

この不思議な木目の模様をどうやって作っているかというと、、、

 

まずは、色の違う金属の薄い板を複数重ね合わせます。色が違う、という事は素材が違うという事です。プラチナやゴールド、シルバーなど。ゴールドの中でもイエローゴールド・ホワイトゴールド・ピンクゴールドなど、絶妙な色の違いの中からお選びいただけます。素材が違う金属を重ねてつなぎ合わせることはとても難しい技術なんです!「拡散接合(かくさんけせつごう)」もしくは「熱接着(ねつせっちゃく)」と言います。重ね合わせた金属を火で熱して、それをひねって、ねじって、叩いて、また熱して、叩いて、ひねって、ねじって、伸ばして、、、と、何度も何度も繰り返すことによって、あの美しい木目模様が出来上がるんです!!この時出来上がる木目模様は、選んだ金属はもちろん、熱し方、叩きやねじりを行う職人のやり方、そして気温や湿度なども関わって、2つと同じものはできません。世界にただ一つの木目模様になります。日本の伝統技術がギュッと詰まっているんです。

 

杢目金屋のリングが人気の理由は他にもあります!

なんと日本で初めて「グッドデザイン賞(日本)」を結婚指輪として受賞!!
翌年には世界最高峰のデザイン賞「reddotデザイン賞(ドイツ)」をジュエリーとして2016・2017年「2年連続受賞」しています。
新たに「iFデザイン賞(ドイツ)」を受賞し、世界三大デザイン賞の2つを受賞するデザインとなりました。

 

そして、杢目金屋と言えばコレです!!

「つながるカタチ」

つながるカタチ

もともと杢目金屋の結婚指輪は2本作るわけではなく、1本の太いリングを作り、それを2本に分かち合っていただくものとなっています。これによって、おふたりのリングの模様はつながったものになります♪いつでもおふたりのつながりを感じていただけるんですよ(*’ω’*)

そして、その模様がつながったリングの分かち合いの作業はなんとおふたりにやっていただくことができるんです!!つながった状態の仕上げ前のリングが一旦おふたりの手元に届きます。それをおふたりの手で直接分かち合っていただけます。結婚指輪作りに参加していただくということです!分かち合っていただいた痕跡もおふたりだけの特別なものです。痕跡部分にもアレンジを加えることもできるんですよ♪

こんな風に、分かち合いをおふたりに直接していただくことによって、より思い入れのある特別な結婚指輪になりますよね♪

 

もうひとつ、杢目金屋のオススメポイントが、「さくらダイヤモンド」です。

ベルギーのアントワープが誇る、 世界最高峰のダイヤモンドカット技術が生んだ技術によって、煌めくダイヤモンドの中に、可愛らしい桜の花が咲いているんです(*’ω’*)従来のラウンドブリリアンカットという58面体のダイヤモンドでは 表現できなかった「さくら模様」が、 専用スコープで覗くことによって可憐に浮かび上がります。さくらダイヤモンドの品質は、4の倍数ではなく、10角形(5の倍数)にカットされるため、非常に手間がかり、熟練した技術が要求されます。 さらに、さくらの花びら5枚を美しく表現するために、精確な対象性が要求されます。また、ラウンドブリリアントカットが58面体カットされるところ、さくらダイヤモンドは87面体でカットされ、従来のカットよりも29面体(1.5倍)カットが多いので、より豊かな煌めきを演出します。煌めきとさくらシルエットだけではなく、品質・クラリティーにもこだわっているので、ダイヤモンドの品質は最高級です!

 

まだまだ他にも杢目金屋の魅力はたくさんあります!

まずはやっぱり、直接木目模様をご覧いただきたいと思います!

 

ただいまBROOCHでは、杢目金屋ブライダルフェアを開催中!!ご成約のお客様に、豪華特典をご用意しております。

新潟で唯一お取り扱いの杢目金屋

エンゲージリングご成約のお客様は、さくらダイヤモンドグレードアップ無料!

マリッジリングご成約のお客様は、それぞれのリングの内側or外側にメレダイヤモンド1石プレゼント!

この機会に是非ご検討下さい!!!

 

さらにもうひとつ大事なお知らせ♪

2日間限定の木目金屋スペシャルオーダー会

 

4月20日、21日の二日間限定でスペシャルオーダー会を開催いたします!

豊富な知識を持った杢目金屋スタッフがBROOCHに来店し、おふたりの指輪作りのお手伝いをさせて頂きます。ご要望やご不明点などひとつひとつお答えして、一生に一度の結婚指輪作りを特別なものにします。また、普段BROOCH店頭では見る事のできないデザインのリングも多数ご用意いたします!この2日間限定のスペシャルご成約特典もございます♪マリッジリングご成約特典の「家紋刻印」は有料オプションの中でも大変人気なので、無料でさせて頂けるチャンスはなかなかありません!ご両家の歴史や想いを大切に受け継ぐという意味でも家紋刻印はとってもオススメです♪

 

本日の指輪はいかがでしたでしょうか??

BROOCH × 杢目金屋 インスタグラムも絶賛更新中!是非チェックしてみてください( ..)φ

https://www.instagram.com/brooch_mokumeganeya

熟練の職人技が作り出す世界にひとつの結婚指輪「杢目金屋」の魅力が伝わっていましたら幸いです。

私どもBROOCHスタッフ一同は、おふたりにとって、ブライダルリング選びも素敵な思い出になるように、今後も精一杯・一生懸命ご提案をしていきます。是非ご来店ください!そしてセレクトジュエリーショップBROOCHで展開するのブライダルジュエリーの世界観やリングのすばらしさを、そしてBROOCH取り扱いの世界最高品質のダイヤモンドを確認しに来てください!

お二人にお会いできることを楽しみにしております^^

 


〒950-0914
新潟市中央区紫竹山3-8-33
TEL.025-246-0007
営業時間:11:00~20:00 定休日:無休

新潟で結婚指輪 婚約指輪など、マリッジリング エンゲージリング ダイヤモンドをお探しの方は、新潟県下最多の国内外ジュエリーブランドを誇る、新潟市中央区紫竹山のジュエリーショップ BROOCH(ブローチ)へ。
今、人気の婚約指輪や定番の結婚指輪など、常時50ブランド以上のジュエリー・ブランドをご用意して皆様のお越しをお待ちしております。
プロポーズの指輪を探している方や、これからブライダルリングを探すカップル(新郎・新婦)様のご来店お待ちしております!