TEL.025-246-0007
営業時間 11:00 a.m. - 19:30 p.m.
新潟の婚約指輪・結婚指輪 > スタッフブログ > 婚約指輪エンゲージリング > 可愛いだけじゃない、プロポーズのダイヤモンドの魅力解説します

可愛いだけじゃない、プロポーズのダイヤモンドの魅力解説します

Recent Blog

Archives

いつかは必ずほしいダイヤモンドのエンゲージリング。必ずほしいのは私の個人的感想ではありますが、ここを開いてくださる方は、共感前提で書きますね。
ですので、やはり、いつかは必ず欲しいのです。キラキラ輝くダイヤモンドのエンゲージリング。憧れです。

重ね着けがかわいい婚約指輪

エンゲージリングのダイヤモンドはなぜダイヤモンドなの?

運命のプロポーズには、キラキラ輝く大粒のダイヤモンドを贈る、とイメージしている人は多いのではないでしょうか。プロポーズに贈るエンゲージリングはなぜダイヤモンドなのでしょうか。
花嫁さんが来ているウエディングドレスは白のイメージです。ウエディングブーケは白とピンクのイメージです。プロポーズの花束は真っ赤なバラのイメージです。花嫁さんがもらうエンゲージリングのイメージは大きな一粒のダイヤモンドの指輪がイメージです。そのような感じで、何となく、それが普通だから、みんなそのように選んでいるからと、決めているものって結構あるのではないでしょうか。
エンゲージリングもその一つだと思います。
本当はとても素敵な意味があるのですが、お店に並んでいるものも、友人が彼女に贈ったものも、ダイヤモンドのエンゲージリングだったから、自分もダイヤモンドのエンゲージリングを贈ろう、という理由で選んでいる方は多いように思います。
大多数の選択に倣うことは、ほとんどのケースで、正解を出してくれるので、判断基準としては良いと思います。ただ、せっかく贈る、一生に一度のダイヤモンドのエンゲージリングなので、贈るその意味を知っておくのも悪くはないのではないかと思い、今回は、プロポーズのダイヤモンドの意味について、解説します。

ダイヤモンドプロポーズプラン

ダイヤモンドの語源は「アダマス」征服されざる者

エンゲージリングはなぜダイヤモンドなのか、それはダイヤモンドの持つ意味に由来しています。ダイヤモンドは、知っている方も多いと思いますが、地球上でもっとも硬い石です。モース硬度は10。青い色の宝石サファイヤや赤い色の宝石ルビーはモース硬度9、占いで占い師が覗いている玉はクオーツというのですが、クオーツはモース硬度が7です。あんまりピンとこないですかね。高級機械式時計、例えばロレックスやオメガといわれる有名なスイス時計の腕時計のガラスにはコランダムといって、サファイヤが使われています。なので、日常使いでは全く傷がつかないほど硬いんです。
ダイヤモンドは硬いから、運命のプロポーズの指輪に使われるのでしょうか。その硬さにあやかって、「彼女を想う、僕の意志はこのダイヤモンドのように硬いんだ」ということも言えると思います。素敵ですよね、地球上の何をもってしても割れないダイヤモンドのように硬い決意。
ダイヤモンドの語源は「アダマス」というギリシャ語が語源になります。征服されざる者ということです。ダイヤモンドはその硬さゆえに、何物をもってしても、侵略することができない意志の象徴なんですね。
さらにダイヤモンドは無色透明です。(カラーダイヤモンドといって、ピンクや黄色、ブルーや紫などの希少宝石もありますがエンゲージリングのダイヤモンドは通常無色透明です)その贈るダイヤモンドのように、彼女のことを想う僕の気持ちは、何物にも染められない、無垢なものだ、ということも言えると思います。さらに、ダイヤモンドはきらきらと七色に無限に輝きます。その輝きは、最も祝福されている人に贈られるべき輝きということで、セレブ(お金持ちや有名人と訳されますが、セレブレーション=祝福されるという意味から、花嫁を指すこともできます)にふさわしい石です。
以上のところから、運命のプロポーズには何者にも侵略されない硬さを誇るダイヤモンドを贈って、その決意の固さを表しましょう。ということです。