TEL.025-246-0007
営業時間 11:00 a.m. - 19:30 p.m.

Recent Blog

Archives

新潟にもいよいよ冬がやってきそうです。皆さんは、車のタイヤ交換を済ませましたか。新潟の結婚を迎えるカップルにとって、愛車のタイヤ交換は必須ですよね。ドライブデートは新潟のカップルには絶対条件ですし、新潟の人気プロポーズスポットとしても、車の中はよく選ばれています。そもそもプロポーズスポットが、自宅以外の場合は、プロポーズの目的地まで、車で向かいますしね。
サプライスプロポーズを企画して、プロポーズの目的地まで向かう道中に雪が降ってきたら、ロマンチックですね。そんな、雪の演出も味方に付けてしまう、ラッキーなカップルさんにおすすめエンゲージリングをご紹介します。

にわか花雪ダイヤモンドエンゲージリング

新潟のサプライズプロポーズにぴったり、雪の結晶をモチーフにしたエンゲージリング

新潟の結婚を迎えるカップルの方だと、何か、結婚に関する検索をウェブでかけると、必ず、上記のようバシッとした背景の、婚約指輪と結婚指輪がセットになった画像を見つけることになるかもしれない。それが新潟も含め、全国的にブライダルジュエリーブランドとして、人気のにわかだ。にわかは、1200年の歴史を持つ日本の古都京都発祥の、老舗ブライダルジュエリーブランドで、ひとつひとつの結婚指輪、婚約指輪のデザインに、そのデザインにちなんだ、詩と名前が付けられている、想いやテーマが目に見えるところが人気のブランドだ。
そのにわかの様々あるブライダルジュエリーのデザインの中に、花雪という名前のエンゲージリングがある。一見聞くと、花の名前のエンゲージリングなのかと思う。しかし、花雪がテーマにしているのは、雪の結晶だ。天候によって、気温や湿度の条件が変わるため、ふたつと同じものがないといわれる雪の結晶、それが、にわかダイヤモンドの婚約指輪のテーマになっているのだ。【天からの贈りもの君の薬指にひとつ】という詩が付いている。雪の結晶も、その日の条件で同じ結晶はたったひとつしかないのと同じように、今プロポーズを迎えるカップルのふたりも、この世界にたった一組しかいないと言っているようで、私はとても素敵だと思う。真ん中に留める一粒のダイヤモンドも、4Cの条件は同じダイヤモンドでも、天然石なので、内包物の内包の仕方や、個体の輝き方は必ず同じではない。そんなこの世でたった一つの結婚に雪の結晶のテーマになっているエンゲージリングを贈るのも、いいのではないでしょうか。
そして、にわか花雪エンゲージリングとセットになっている、にわか雪佳景マリッジリングです。シンプルなプラチナを使った結婚指輪、婚約指輪が多い中で、にわか雪佳景のマリッジリングはレディスのデザインにピンクゴールドが使われているので、ひときわ目立つ存在です。ピンクゴールドは今、おしゃれ感度の高い花嫁に人気のジュエリー金属で、肌なじみのよい明るいゴールドです。そのピンクゴールドが使われているので、花嫁が左手の薬指に着けると、肌色を美しく明るく映し出してくれる。にわか雪佳景は【雪の朝白は陽に染まり未来を輝かす】という詩が付いている。昇る朝日に照らされて、ピンク色に輝く雪原をイメージしている。新潟育ちの方なら、何となく風景が目に浮かんでくるのではないでしょうか。

新潟で結婚指輪を探すならブローチ

ゴージャスダイヤモンドエンゲージリングはおしゃれ用兼用に

年末年始は会社でも、友人ともみんな集まって、一年のねぎらいや、来年への決意を話すのに集まります、いわゆる新年会、忘年会シーズンです。新潟でも忘年会の帰り道に初雪を見ることもあります。そしてプロポーズにも人気のシーズンでもあります。新しい年を迎えるにあたって、プロポーズを終え、晴れて婚約者になっていたら、新年の迎え方も少し変わりますよね。年末行事の一つにクリスマスもあるので、年末年始は、プロポーズのタイミングといえるのです。
運命のサプライズプロポーズで贈ってもらうダイヤモンドの婚約指輪は、そのプロポーズの後も、ずっと使えるデザインや、想いの物でありたいです。年末年始のこの季節にサプライズプロポーズでお勧めな婚約指輪、結婚指輪はアントワープブリリアントディーラインスターです。
アントワープブリリアントのディーラインスターエンゲージリング、マリッジリングのセットデザインは、結婚指輪はダイヤモンドがライン状に入った、ハーフエタニティデザインです。ハーフエタニティリングは、10年目の記念ジュエリーや、自分へのご褒美ジュエリーでも選ばれる、女性に人気のジュエリーデザインなので、その人気のデザインが、結婚指輪になっているので、アントワープブリリアントのディーラインスターマリッジリングは、花嫁憧れの不動人気のデザインなんです。アントワープブリリアント、ディーラインスターエンゲージリングは、不動の人気のエタニティリングデザインに、ライン状のダイヤモンドに負けない大きなダイヤモンドがセンターにセッティングされたデザインで、これも、花嫁に絶対の人気があるエンゲージリングデザインです。
こういったダイヤモンドがリング前面に見える、ラインダイヤモンドリングは、結婚指輪や婚約指輪としてのニーズだけではなく、おしゃれ用のジュエリーのニーズもあるので、一見華やかゴージャスで、特別感が強いイメージですが、普段用や、お出かけ用に兼用していただける、お得なジュエリーともいえます。
年末年始の行事に、結婚後に出かけるときに、あえて、特別なジュエリーで臨むのも素敵ですが、結婚指輪が、そういったお出かけの場面に対応できるものだと、婚約指輪や結婚指輪を着けて出かける優越感と、普段用を賢く使える、おしゃれ花嫁感など、華やかなのに使える幅の広さに、満足できる一本になるはずです。

プロポーズはBROOCH

まずは、来店予約から動き出そう

何事も、百聞は一見に如かずです。まずは来店予約から動いてみてください。
店舗にきていただくことで、同時期に結婚を迎える人や、サプライズプロポーズを決意している人、サプライズプロポーズが成功して、結婚準備に進んでいる人など、ご自身と同じようなタイミングを迎えられている方が、新潟ブローチには日々多くご来店されています。そんな空気感を感じていただくだけでも、タイミングを決める決意に繋がったり、プロポーズへの第一歩になりますので、上の予約ボタンをポチっと押してみてください。

結婚することが決まったり、おふたりの雰囲気が結婚に向けて動いてくるとこの先のことを考えていろいろ調べたりしますよね。
その中でも、結婚指輪や婚約指輪は、結婚式や家具などと違って一生残っていくものになります。

婚約指輪と結婚指輪の選び方は?

一生ものの指輪だからこそ、真剣に選びたいですね。
しかし結婚指輪も婚約指輪も、探せば探すほど種類は無限に出てきます。
例えば、かわいいデザインの婚約指輪やキレイめデザイン、フェミニン系からカッコイイデザイン個性派デザインなど、様々なデザインの婚約指輪と結婚指輪があるのです。
実際にブライダルジュエリーショップに行ってそのあまたの商品の中から自分たちに合ったデザインを探すのはかなりの時間と体力を使うことになります。結婚指輪選びや婚約指輪選びはとても楽しいです。しかしデザインを絞っていくとなると体力を使うので、まずは自分たちの好みをある程度ジャンルで絞ってからご来店されるとより多くの自分たち好みのデザインを見ていただけるかと思います。

可愛い感じがいい、細身なデザインがいい、丸い感じがいい、カクカクしているデザインがうれしい・・・などなどざっくりなイメージでいいのです。おふたりで事前にネットなどで見てみて下さい。
新潟で結婚指輪・婚約指輪

今話題のアンティークデザインの婚約指輪、結婚指輪とは?

様々なデザインがある中で、今話題になっているのはクラシックな雰囲気が大人可愛い「アンティークデザイン」と呼ばれるデザインです。
クラシックな雰囲気は大人っぽくておしゃれなのですが、デザインは少し甘辛なかわいいデザインが多いので、大人女子からおしゃれ女子と幅広い世代、趣味の方に愛されてきました。
アンティークと聞くと年代が経ったものや古い昔ながらのデザインをご想像される方も多いかと思いますが、実際はブライダルジュエリーの場合はアンティーク調なので、現代のデザインにクラシカルさを加えたようなデザインです。

おすすめしたい人気のアンティーク婚約指輪・結婚指輪ブランド

アンティーク調のデザインでおすすめしたいブライダルブランドは、クラシカルでオシャレなデザインが特徴的な結婚指輪専門ブランドのRosetteです。ロゼットのリングはイングリッシュガーデンで遊ぶ少年と少女をテーマにしたクラシカルなデザインが特徴です。
ゴールドを使ったコンビのデザインも多く、トレンドに敏感な女性に人気のブランドです。
勿論素材変更は可能ですので、ゴールドだけではなく、プラチナ、イエローゴールド、ピンクゴールドもお選びいただけます。

rosetteの中でもデザインは様々ですが、あえてオススメを上げるのであれば、RosettEのセットリングSetRingSTARRY SKY~星空~は非常に綺麗です。
アンティーク調の婚約指輪

笑顔、涙、そして微笑み、愛の軌跡はやがて、ふたりだけの星座を描くというコンセプトを元に、輝くような小さな笑顔の積み重ねをイメージされたデザインだそうです。エンゲージリングのデザインは、中央に向けてしぼったアームを男性様に、センターダイヤを女性様に見立てているんだそうです。
rosetteはこうした指輪のデザイン背景や意味合いがしっかりしているのも魅力のひとつですよね・・・!
男性様が女性様を支え、光輝く道へ導く様子を表現しています。マリッジリングは、ダイヤモンドの周りをミル打ちで囲ったアンティーク調のレディースと、永遠の輝きといわれるダイヤモンドを1石あしらったメンズのペアです。
レディースは、可愛らしい小さな丸の連続モチーフにたくさんの2人の笑顔の思い出をイメージし、メンズの中央に光るダイヤモンドには二人がこれから歩む道が明るくなるようにと、願いが込められています。素敵ですよね!

その他にも様々なデザインの婚約指輪や結婚指輪がありますので、アンティーク調のデザインに興味を持っていただけたら、ぜひ他のrosetteの結婚指輪もチェックしてみて下さい。

プロポーズはBROOCH

 

ここ新潟で、日々運命のプロポーズの日を迎えるカップルさんの結婚までの幸せ成功ストーリーのお話を聞かせていただいているとこんなことを感じます。
まず、運命のプロポーズを仕掛ける男性と、運命のプロポーズを待ち望む女性には、若干の差があるのかなと。運命のプロポーズ、ダイヤモンドのエンゲージリングの入ったジュエリーボックスをパカっと差し出す男性は、そのプロポーズに向けてしっかりと準備をして、感動のプロポーズをしてあげたい。時間が多少かかっても、演出は万全派と考えてくださっていることが多い。
一方、小さいころから、運命の白馬に乗った王子様を待っていて、心からしびれる一言をいただくシチュエーションに憧れを持ち、サプライズでもいいから、しっかりと彼の言葉で、決意のプロポーズ言葉と、小さくてもいいからダイヤモンドがきらっと輝くダイヤモンドエンゲージリングを贈ってもらいたい、人生は若干のドラマがあってよりよくなる、偶然も演出のひとつと考えるのが女性側であることが多いなと、感じます。

プロポーズのノウハウはコチラ

プロポーズはいつまでに。その答えはここにある

11月に入って、クリスマスも目前となると、運命のプロポーズをそろそろ仕掛けた方がいいのではないだろうかと、動き出す男性が多い。どんな季節でも、ふたりの気持ちが固まればそれはプロポーズのタイミングということでいいのでしょうが、やはり演出重視の男性は、クリスマスや年末年始、もしくは春の到来とともになど、プロポーズにふさわしいタイミングを、いつがいいか、真剣に考えて動いてくださっている。
しかし、私は常々、新潟ブローチの店頭にお越し下さる男性が、プロポーズをすることは決めたけれど、いつプロポーズをして、ダイヤモンドの指輪が入ったジュエリーボックスをパカっとする日に設定するかはまだ決めていませんという男性に対し、失礼ながら、このようにお伝えをさせていただいている。「それは今です」男性が、その時にお付き合いをしている女性に対して、そろそろプロポーズのタイミングが来たなと感じている場合、お相手の女性はおそらく、その気づきの半年くらい前から、そろそろプロポーズされても嬉しいかも、と思っています。そんなバカなと思うかもしれませんが、本当です。そして大体当っていると思います。女性はふたりが出会って、結婚を意識しだした時点で、プロポーズの答えは「YES」なのです。

ピンクグラデーションが可愛いリング

ダイヤモンドのエンゲージリングは必要か

この問いの時点で、答えは必要ですということなのですが。ダイヤモンドのエンゲージリングは必要です。なぜなら、ダイヤモンドのエンゲージリングはふたりの決意と思い出を、そのダイヤモンドの輝きの中に閉じ込めて、永遠に輝いてくれるからです。
ダイヤモンドのエンゲージリングは必要です。でも、女性がダイヤモンドのエンゲージリングはいらないと言っていたら、という質問も良くいただきます。そもそも、女性にダイヤモンドのエンゲージリングがいるかという質問はつらいです。なくてもいいけどあったら嬉しいもので、毎日頻繁に身に着けるものではないけれど、女の子の心をウルウルに潤してくれますし。彼が頑張ったお給料を、削ってまで買ってくれなくてもいいのですが、そのくらい頑張ったよ、って言ってもらえたら、この先長い結婚生活で、お互いの心を見失いそうになっても、プロポーズをしてもらった絶対に幸せだった日を見失うことなく、日々を過ごしていけると思いますし。ダイヤモンドのエンゲージリングは、空腹を満たしてはくれませんが、心は確実に満たしてくれるのです。ダイヤモンドのエンゲージリングは必要です。

憧れの婚約指輪でかっこよくプロポーズしよう

新潟の雪の季節が間近な中、いつプロポーズをしたらいいか

プロポーズのタイミングも、決意を固めた男性を悩ませる、厄介な問題です。せっかく一生に一度のプロポーズで、最愛の彼女を最高の笑顔にしてあげたい、一生の思い出に残る、ドラマチックなプロポーズをしてあげたい、男性の悩みは尽きません。ですが、ここでも日々新潟ブローチの店頭でお客様を迎える側で、女性の私は、悩むよりも動いてしまいましょう。と思ってしまうのです。先ほどからあるように、女性は、運命のプロポーズの日を、何なら小さいころから待っているのです。そして、運命の方に出会い、お互いに時間を重ねて、もうそろそろプロポーズなのかも、と、男性が思う半年ほど前から思っているので、もう、季節やイベントを待っていなくてもいいのです。今すぐにでも、プロポーズされたい。極端ですが、これが女性の本音です。
とはいっても、女性は男性から見ると少しだけわがままな生き物です。運命のプロポーズ、ダイヤモンドのエンゲージリングが入ったジュエリーボックスをパカっは、今すぐにでもしてもらいたいのですが、プロポーズをしていただけると決まったら、その運命のプロポーズのシチュエーションにはある程度準備をしたいのです。そうなると、クリスマスは最適です。あまり西洋のイベントにあやかるのは抵抗があるという方は、大みそかなんていいかもしれません。私のここでのこだわりは、ズバリ、年内プロポーズです。今年のことは今年の内に。

ダイヤモンドプロポーズ

サプライズプロポーズは、決意から最短のイベント日を選ぼう

新潟には毎年、冬になると雪が降ります。雪は新潟の交通機関を麻痺させるので、仕事の通勤に影響が出ます、新潟の人は、多くが、夏時間と冬時間で日常の行動パターンを変化させているのではないでしょうか。そんな新潟の結婚を決意したカップルさんたちは、雪解けをひとつの動き方のポイントにすることがあります。雪が溶けたら結婚準備を始めよう、や、雪が降る前にご両親に結婚の承諾をもらおう、などです。そうなると、ちょうど今はもう、初雪間近です。でも、思い出してください。女性は今すぐにでもプロポーズをしてもらいたいのです。
年内で、雪が降る前に、と考えると、もうプロポーズをする日、ダイヤモンドのエンゲージリングを大切な彼女にお渡しする日は今しかありませんね。その場合は、ちょっと気の利いたお店を予約して、彼女お誘いしてください。女性は、大抵こういったことに勘が働きますので、運命のプロポーズ、ダイヤモンドのエンゲージリングが入ったジュエリーボックスをパカっというシチュエーションを想像して、心の準備をしてきてくれます。もしくは、今年のクリスマスは、特別に出かけたいね、という風にお声がけいただいてもいいですね。
プロポーズはサプライズがいいのですが、ちょっとだけ準備がしたいのです。以上はすべて新潟ブローチ高橋の持論です。すべての女性に当てはまるとは決して思っておりませんが、もしかしたら当てはまることも中にはあるかもしれません。是非ご参考になさってください。でも、ダイヤモンドのエンゲージリングはいつか必ず贈って差し上げてくださいね。ダイヤモンドを贈ってくれることができるのは、運命共にするご主人様だけですから。

プロポーズはBROOCH

ハワイアンジュエリーと言えば、古くから愛されてきた伝統ジュエリーでハワイアンジュエリーと聞いて、イメージできない方は少ないくらい日本にも親しみの深いジュエリーです。
そんなハワイアンジュエリーが現在大人気!もちろん新潟にお住いのカップル様の間でもとても人気となっております。
ではなぜ人気なのか??
多くのカップル様に愛されるハワイアンジュエリーの結婚指輪の魅力について、今日はご案内させていただこうと思います。

まずハワイアンジュエリーとは、いったいどのようなものなのか?
知らない方はいないとは思いますが、より詳しくご案内させていただきます。
ハワイアンジュエリーの結婚指輪

ハワイアンジュエリーとはどのようなもの?

ハワイアンジュエリー、と聞いて思い浮かぶものは何でしょうか??私は、シルバーで太くてがっしりとした、そしてカメが彫ってある指輪でした(笑)。
ハワイアンジュエリーはとても親しみやすくお手頃なお値段で購入が可能なものから、本格的でブライダルや記念品向けの、一生モノ品質のものまでさまざまなものがございます。
そもそもハワイアンジュエリーは、19世紀から歴史があるのです。かなりの長い年月愛されることとなった理由には、こんな理由があります。
それはむかしむかし・・・当時、イギリス王室との親交が深かったリリウオカラニは、19 世紀に、イギリスのアルバート王子の死を悼み、追悼の意を込めてゴールドのバングルを作らせました。リリウオカラニが生涯ずっと身に着けていたと言われるこのバングルには、 黒のエナメルで「HO’OMANAO’MAU( 永遠なる想い)」の文字が描かれていました。これが、ハワイアンジュエリーの誕生とされています。

最初は特別な想いを込めて、大切な人への追悼の想いとして、そしてその人への想いをいつまでも忘れないようにと、肌身離さず着けられるジュエリーを作ったのがこちらだったわけですね。
その後も女王は親交の深い友人へと、想いを込めた文字を刻んだバングルを贈りましたが、 それがきっかけで流行となり、今ではハワイの人々の間で、大切な人への贈り物に、想いを込めた文字を刻んで贈られるようになったのだそうです。今ではハワイを代表する文化の一つになっています。

ハワイアンジュエリーは、正式には「ハワイアン・エアルームジュエリー」と言い、代々伝わる宝・家宝という意味を持つそうです。
おふたりが大切にするだけでなく、家族の宝物としても残すことが出来るっていうのはとても素敵ですよね・・・!

ハワイアンジュエリーには彫りに込められた意味がある

ハワイアンジュエリーといえば、指輪やネックレスのプレートに彫りのデザインが入っているのは皆様想像できるかと思います。
実はこの彫には一つ一つに特別な意味が込められております。
というのも実はフラダンスの動きにもひとつひとつ意味が込められているように、全てのことにしっかりと意味合いがあるのです。
ハワイアンジュエリーの彫りの種類はかなり多く、いろんなデザインと意味が存在しますが、代表的なデザインを少し上げさせてもらいます。

まずは、最初に私がイメージしたかめ、ハワイでいうホヌのモチーフです。
Honu(ホヌ)とはウミガメのことをハワイ語で”Honu”(ホヌ)といいます。ハワイを含むポリネシア文化圏ではとても”神聖な生き物”とされていて神様からの使い、幸運を運んでくれる海の守り神ともされているのです。
海上と言えば浦島太郎で竜宮城へ連れて行ってくれたりと、日本でも神聖な生き物として言われていますね。

続いての彫デザインは、Barrel(バレル)です。バレルは樽(たる)を意味しています。
この樽の中には「かなえたい夢」が詰まっているとされています。堀野模様というよりは形状で表すことも多いです。
例えば、こちらはこれからご紹介させていただくMAKANAというハワイアンジュエリーの結婚指輪専門ブランドの結婚指輪なのですが、バレルタイプ、という丸い形状のリングがございます。

ハワイアンジュエリー結婚指輪
バレルはその夢を大切に熟成させ、やがて達成に導いてくれる成功のシンボルの意味を持つそうです。
これからの人生でかなえたい大きな夢がある人や、これから幸せになってもらいたい人への贈り物として人気のあるモチーフです。
だからこそおふたりのこれからの成功を祈って、結婚指輪の形状をバレルタイプにするのもいいかもしれないですね!

続いてもよく聞くモチーフかもしれませんが、マイレ、もしくはマイレリーフです。
マイレリーフは、ハワイによく見られるツル性の低木で、葉っぱや茎をつぶすとバニラのような甘い香りが漂うそうです。神が宿る神聖な葉や絆を強く結びつけるという意味合いや、平和や縁結びなどの意味があり、大切な人との絆を表現します。
愛する人との強い絆を意味しているマイレリーフはハワイの結婚式でも使われており、新郎新婦の手をマイレリーフで作ったのレイで結んだ写真なんかは目にした事があるのではないでしょうか??
こちらのデザインは強い結びつきをモチーフにしているデザインなので、ブライダルのジュエリーとしては根強い人気のあるデザインです。
おふたりも実際のマイレリーフの代わりに、指輪で強い木綱の結びつきを表現するのはステキではないでしょうか。

続いては定番の彫です。ハワイアンジュエリーがお好きな人は一度は目にしているであろう彫、それはスクロール!波のデザインです。ハワイ語で波はNaluナルと言われています。波打ち際には、島にはない様々な珍しいものが打ち上げられているので、波は幸せを運んできてくれる力があると信じられていました。また、押しては引いてを繰り返す波に、幸せがいつまでも繰り返し起こるや、波に繰り返しチャレンジして乗り越え、成功をつかむ。なんて意味合いもあります。
スクロール一つだけのデザインというよりは例えばプルメリアやホヌなどのデザインと一緒に彫られていることが多いです。
また、ハワイと言えば海!という方もおられると思うので、本当にハワイアンジュエリーらしいデザインです。
ハワイアンジュエリーが好きな方にはぜひこちらのモチーフの結婚指輪を持ってもらいたいですね。

最後にもうひとつ、こちらもハワイアンジュエリーと言えばのデザインです。
プルメリアに込められた意味、プルメリアは、ハワイ語で”Puamelia”(プアメリア)です。
ハワイではとても身近な花で甘くやさしい香りをもつ人気の花です。プルメリアの花言葉は気品、情熱、恵まれた人、陽だまりのような人、熱心
女性の魅力を引き出して幸せに導く守り神とされハワイの人々に大変愛されている花です。
白くてかわいいこのプルメリアはハワイアンジュエリー好きななら皆様ご存知ですよね??

芳香が強く日持ちがするので、レイとしても人気があるデザインです。ハワイでは満月の夜明けに集めたプルメリアでレイを作り好きな人に渡す事ができれば、その夢が叶うという言い伝えもあるそうです。すごくロマンチックですよね。

女性の守り神とも言われている花で、「身につけると幸せになる」という事からご自身用や婚約指輪の彫などにも人気のデザインなのです。

ハワイアンジュエリー結婚指輪
他にもさまざまなモチーフと意味がございます。
興味を持っていただけたら、ぜひ検索してみてくださいね!
ハワイアンジュエリーの結婚指輪にも彫りが入ります。おふたりにぴったりの意味の彫りを入れることが出来るのも嬉しいですね。

いかがでしたでしょうか?
ハワイアンジュエリーは非常に奥深いです。それゆえに古くから愛され、そして現在も、特別な贈り物として、そしておふたりの結婚指輪として愛されているのです。

こんにちは!最近雨の日が続き、寒くなって来ました。皆様はいかがお過ごしでしょうか?新潟市は雨に加えて風がとても強いので、より寒さを感じます。
そんな寒い季節ですが、一生着けたい!と思うようなご結婚指輪、ご婚約指輪を選ぶことができたらハッピーな気持ちになるかと思います!そこで、人気の上品で可愛いLUCIE(ルシエ)というブランドから結婚指輪(マリッジリング)をご紹介いたします。

LUCIE(ルシエ)

上品で可愛いLUCIE
LUCIE(ルシエ)」はオートクチュールジュエリーブランドです。ですのでLUCIEのブライダルリングは、オートクチュールの高い技術とオートクチュールならではの上質な素材で作られています。
またLUCIEは着け心地にも非常にこだわっています。全てのリングの内側の角を丸く仕上げているので、指にあまり負担をかけることなく着けていただけますし、まるで自分だけに作られたようなフィット感を感じることができます。
LUCIEではデザインから作る「オートクチュール」と愛の象徴薔薇をモチーフにしたシリーズ「ローズクラシック」、オートクチュールの技術と素材で作られている「LUCIEブライダル」、そして海辺に吹く爽やかな風をコンセプトにしたシリーズ「ブリーズドゥメール」の4つのコレクションを展開しています。今回はその中でも「LUCIEブライダル」のオススメの結婚指輪をご紹介いたします!

Leafage(リファージュ)

上品で可愛いルシエリファージュ
最初にご紹介するのは、「Leafage(リファージュ)」です。
『そよぐ風に空を舞う 美しい音色奏で』
四季を美しく彩り、人々を魅了する。そんな様々な表情を見せてくれる木の葉におふたりの姿を重ねてデザインされました。細めのリングで緩やかなウェーブラインが特徴です。またレディースリングにセッティングされた5石のメレダイヤモンドがさり気なく輝きとても上品です。写真のデザインだとメンズリングとレディースリングが同じデザインなので、ペア感も楽しめます。

Ripple(リップル)

大人カワイイルシエのリップル
次にご紹介するのは「Ripple(リップル)」です。
『寄せる光重なり ゆらめく流れ』
よせては返すさざ波をイメージしてデザインされました。そのさざ波を優しいウェーブで表現していて、輝く水面をダイヤモンドに見立てています。V字ラインは指によく馴染み、指をスラッと長く見せる効果があるので「指を長くみせたい!」という方にオススメです。
またダイヤモンド無しのデザインだとリングの一部分をマット素材で仕上げることができます。グロスのようなキラキラ感はないので、シャープでカッコイイ雰囲気が好みの方にオススメです!

Destiny(ディスティニー)

上品なLUCIEのディスティニー
最後にご紹介するのは「Destiny(ディスティニー)」です。
『出会えた奇跡 ともに歩む』
大きなカーブが特徴のリングです。このアシンメトリーのカーブに流れるメレダイヤモンドが指を動かすたびに上品に輝く素敵です。またこのカーブで、これから共に歩む人生の道のりを表現しています。平坦な道のりではないですが、その先には輝かしい未来が待っていて、このリングがおふたりの絆をより強くしてくれるでしょう。

いかがでしたでしょうか?上品で可愛いデザインが多く、また素材の違いで印象が変わるので、おふたりだけの特別な結婚指輪が出来上がります。ぜひBROOCHにお越しくださいませ!
新潟市で結婚指輪婚約指輪はブローチ